Water Safety

d0168540_7534499.jpg

毎年この季節
表示させていただいて
います。

自分のための覚書
ですが、オークランド
在住の方々への
Reminderにも
なればと思います。

以下過去記事です。



海が近いので夏休みは特によくビーチに行くのですがWater Safety気になりますよね。ウチの近くの
ビーチでも5年前小学生の男の子がティーンエイジャーのお姉さんとゴムボートで遊んでいて溺死しました。8年前のニュースで2歳くらいの子がクリスマスの日にもらったビニール製のプールで遊んでいて、ちょっと
目を離した隙に溺死した悲しい事故もありましたよね。うちの子達はボディボードで遊ぶのが好きなのですが
足が届かなくても平気で泳いでしまったりするのでヒヤヒヤします。後悔してからでは遅いので、保護者が
責任を持って監督すること、子供への教育が徹底されたいと思います。

これは長男がYear4の時学校でノートに書いてきたものです。よかったら参考にしてください。5歳以下の
お子さんの場合にはPlunketの育児冊子に載っているページを参考にされるとよいと思います。

① フラグのある間を泳ぐ。
  なるべく監視員もいるようなビーチがいいと思います。

② 岩場の近くを泳がない。

③ 波の荒い日には決して泳がない。

④ ボートに乗る時は必ずライフジャケットを着る。

⑤ 深いところでは泳がない。
  うちは波がなくても「おなかくらいまででそこより深いところには行かないで。」と言っています。又「他の人
  よりも深いところには行かないように。」言っています。深さが解らないですし。あまりまわりに人が泳いで
  いない時は万が一のことがあっても助けられないので注意するように言っています。

⑥ 小学校中学年までは親に必ず監視してもらう。
   ここで気をつけたい点が二つ。
   一つは子供との距離。日焼けをするからといって子供から遠く離れすぎるといざっていう時対処できない
   ですし、子供に声が届きません。バッチリ日焼け対策して出かけましょう。
   二つ目はきちんと監視していることです。知り合いと話に夢中になって見ていなかったということがない
   ようにしましょう。水遊びは楽しいことですが、危険度が高いので目を離さないでください。社交性に
   とらわれている場合ではありません。久しぶりに偶然知り合いにあって話したくなることもよくあります
   けど、子供が心配なので後で連絡するとのことを伝えましょう。友達同士で来る時も荷物を見ている人、
   きちんと監視している人など役割分担をしておくとよいと思います。

⑦ 小学校高学年は徹底して子供に躾ける

   ①~⑤までを徹底的に言っておきます。絶対にガードのいないところでは泳がないこと。
   ガードの近くで泳ぐこと。ボードには乗らないこと。本当はまだ見ててあげたいんですけど
   この歳になると溺れてからは親では助けられないと思います。自分で気をつけられるように
   ちゃんと躾けてあげないとダメです。不安な思いをストレートに目を見て伝えればわかって
   くれると思います。それでも本当は不安ですけどね。絶対に悪ふざけしないように念を
   押しています。

それに付け加えて、ビーチに何かの警告のサインがないかどうか気をつけることです。人があまり
いない時には「何かあったのかな。」と思うぐらいがいいと思います。


Water Safetyに気をつけて楽しく遊びたいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2014-01-11 07:26 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧