小学生のかたづけの躾け

「かたづけの達人」プケ子のかたづけ講座!

っと言いたいところなんですが、OL時代は「だらしがなくはないけど几帳面とは言えない」とか、
現在は「男の子が二人いるにしてはいつもかたづいている。」とまわりから評される私のかたづけの
躾けのメモ書きです。

幼児期から「ひとつ遊んだらかたづけて、それから違うので遊ぼうね。」と躾けてきましたが、
小学生も引き続き継続してしっかり身ににつけさせることが大事だと思うんです。若い頃
オフィスで多くの同僚をみてきましたが、いくら学歴が高かろうがだらしがない人は
仕事の効率悪いんですよね。共同スペースでまわりの人達が快適に仕事ができるということも
大事なことです。会社員に限らず仕事道具を管理することはどの仕事でも重要だと思うので
しっかり躾けたいと思います。


① 収納場所を決めてあげる。
    「このおもちゃはここ、この文房具はここ。」のように、引き出しのどこに入れるのか決めて
    あげてしきりを作ります。

② あまりたくさんものを与えすぎない。
   特に誕生日やクリスマスなどにあまりたくさんのものを与えるとひとつのものを
   管理する集中力が欠けてしまいます。普段も飽きているおもちゃがあったら、
   引き出しではなく別の箱などに入れておきましょう。

③ 極力自分でかたづけさせる。
    時間を設定してかたづけさせることが重要なのだと思います。物を作っている
    時など散らかりやすくなりますが、あまり几帳面すぎて頻繁にかたづけさせると
    今度は物作り自体が嫌いな子になってしまいます。一段階終わったらとか完成したら
    かたづけるなどタイミングをつけさせることが大事です。何か行事などで疲れている
    時は特別にお母さんがかたづけてあげましょう。

④ 体を使って遊ばせる。
⑤ 長く集中できる遊び方をさせる。
   散らかるような遊び方ばかりしているとかたづけるのが大変になって嫌になって
   しまいます。集中力がなくて次々にいろんなもので遊ぶこともかたづかない
   原因になります。

⑥ 親が手本を見せる。
   他のこともそうですけど「子供ばかり叱りつけて自分はなっていない」っていうのは
   駄目ですよね。学生時代と会社員時代にまわりにかたづけられない男性が多かった
   のですが、彼らはその状態が心地よいのだそうです。散らかっている状態に慣れさせる
   のがいちばんよくない気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2013-08-30 09:45 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧