笑いのセンス

7歳の次男が下ネタ言いまくり、おバカなジョーク大好きで母ちゃん困った時期があります。
っていうかこれからもまだまだ続くのかもしれませんが‥(涙)。
2年前からクラス替えのあった時、同じクラスから誰も一緒のクラスにならなかったのをきっかけに人の気を引くためにおバカなジョークを始めました。読み書きや算数は得意できちんと学校でも勉強していたのですが先生によく叱られてました‥。去年の先生はとても威圧的な先生で女の子二人のお母さんのせいか「男の子が嫌い。」が前面に出ていて、うちだけではなく他の男の子のお母さん達もへこみまくっていたのですが、やんちゃでクラスで最年少の次男のことで私も夫も電話とメールを頻繁にもらい夫婦共に精神的におかしくなりそうになりました。次男は叱られてよくなるところかストレスで下ネタにまで発展してしまいました。救いだったのは同じクラスの男の子のお母さん達が同情して助けてくれたこと。変な状況でだけどママ友の結束が固まった気がします。次男のいいところを見てくれてタッチラグビーチームに誘ってくれて一緒に楽しみ、かなりストレス発散になりました。今年は教え方がうまいだけでなく人柄も素晴しい先生に当たり、次男も先生が大好きで去年とは見違えるように授業態度が違います。おバカなことも下ネタもしていないし、勉強も音楽もスポーツも伸びています。

人が笑いを求めると言うのの理由に「人の気を引きたい」「ストレス発散」と言うことが根底になることを思い知らされた事件です。

悩んでいる期間も次男に「下ネタは駄目」って言うことと「ジョークは授業時間中は駄目」と口をすっぱくして言い続けました。

実際に私に会ったことがある人の中で私のことを固い人間と思う人は誰もいない気がするのですが、大阪とかアメリカ出身ではないせいかショービジネス的なお笑いがあまり好きではありません。普段の友人との会話の中で日常生活の自分の小さい失敗談なんかが笑いのネタになったりすることはあってそういうのは大好きなのですが‥。付け加えて自分が結構本気で悩んでいたことを親しい友人に相談して笑われることがあるのですが、そんな時「笑い事?なぁーんだ、大したことじゃないんだ。」って思って安心したり。私はウケ狙いっぽいわざとらしいお笑いとかが嫌いなんですよね。人の言葉のアヤをひっぱったお笑いとかも嫌です。特に真剣な話のコシを折られたりすると腹立たしささえ感じます。真剣であればある程、それまでずっと我慢していたことであればある程つい感情的になって言葉が間違ってしまうことがあります。そんな状況で笑うのって最低だと思うんです。

笑いのセンスって大事だなって思うので、子供達に時折教えていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-05-11 11:19 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧