中国旅行記④ <<北京>>

d0168540_812447.jpg
※20余年前の写真です。

やっぱり写真で見たりするのと実際行ってみるのでは違います。この写真の万里の長城では黄砂が
凄かったです。観光名所に行くと必ず物売りの子供達が「3ツ デ 1000エン。3ツ デ 1000エン。」
みたいな感じで群がってくるのですが、ほっぺがささくれだっていたのが思い出されます。
ちなみに当事は外国人専用通貨の兌換券があったのですが、1995年に廃止されたそうですね。

まだ経済発展前の中国。都会の北京でも百貨店のショーケースには埃がたまっていて絵が描けそう
でした(・▽・;)。理工学部学生なので社会主義とかそういうのがよく解らなかったのですが、人々の
労働意欲のなさにはビックリしました。天安門事件の数ヶ月前に行ったので、資本主義への憧れ
みたいなものも感じました。

d0168540_8141565.jpg

天安門前です。この写真は毛沢東氏ですね。私が子供の頃亡くなられた中国指導者で
Times誌では「20世紀重要人物100人」の一人に選ばれている方です。

この近くをものすごい量の自転車が通っていて渡るのが大変でした。同じツアーの子で
自由時間に自転車を借りて出かけてる子もいました。

亜細亜大学の中国語学科専攻の女の子達と仲良くなり、自由時間にも町へ一緒に
繰り出し通訳してくれました。自分でも少し中国語を勉強して行ったので買い物をしたり
バスのチケットを買うくらいは出来たのですが、彼女らと夜地元の屋台へ行き、
彼女らの通訳で地元の人達とおしゃべりをしたことは今でもいい思い出です。

日本の芸能人やドラマのネタなどで盛り上がりました。彼女らもほんの1、2年大学で
勉強しただけなのですが流暢でしたよ。語学は子供の頃からやっていないと上達
しないなんて真っ赤な嘘!大事なのは意欲だということを見せてもらいました。

ツアーの中で社会学科専攻で歴史に詳しい人達もいてガイドさんだけじゃなくて
ツアーで知り合った人達からも色々教えてもらって密度の濃い旅行になりました。
中国は歴史が長く国土も広いので、見所沢山で奥が深いです。
ツアーで知り合った人達とは連絡先を交換して、日本に帰ってからも食事会をしたり、
手紙を交換したりしました。

ラスト・エンペラーで有名な故宮にも行きました。あの映画大好きです。
坂本龍一さんの挿入歌もステキですね。

映画「西太后」も確か紫禁城(故宮)が出てきたような。なんだか怖くてきちんと観れなかったん
ですけど宦官とか出てきてびっくりしました。世界史で習いましたけど、こんなことする
なんて、、、、、(゜ロ゜;))。西太后の息子さんはも若くして売春宿通いをしており、そこで病気を
伝染されてなくなったそうで、なんだかすごい映画だったと思います。
「ライバルの麗妃の手足を切断して甕の中で飼った。ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ」
というエピソードはフィクションだそうです。嫉妬深いというのは俗説だと書いてありました。
ライバルの東太后の側室達に危害を加えるなんてことはなかったみたいです。アヘン戦争や
日清戦争前の中国情勢を映し出すためにの刺激を強くするための演出なんでしょうか。
ベルバラにオスカルを登場させたみたいな感じ?どこまでが歴史的事実でどこからがフィクション
なのかを語ることによって歴史的事実をもっと理解出来る作品なのかもしれません。
また世の中頭のおかしい人達というのはいたり、違う社会にはとても理解出来ないルールが
存在するので気をつけようって話ですね。難しい地域にはきちんと勉強なさった方や
エンターテイメントの方々が公式訪問されたり、熟知しているツアーガイドさんと一緒に
団体で訪れることが無難ですね。

夜は中国雑技団を見ました。

北京ダックも食べましたよ!美味しかったぁ。オークランドも香港が中国に返還される時に
シェフが移民してきているので飲茶とか美味しいですよね。シティで働いている時たまに
お弁当を作るのが面倒で外食した時皆で行きました。

当時珍しかった外資系チェーンのケンタッキーフライドチキンに行きましたが、味が違って
びっくり!牛乳を頼んだ子がいて脱脂粉乳みたいな感じだとか。マッシュポテトも脱脂粉乳
入り。コールスローサラダまで(笑)。そして店員さんの接客態度は日本ではあるまじき、、、
みたいな感じでした。

どこだったか論語が刻まれた石碑がずらずらと並んでいるところに行きました。
昔はそんなふうにして勉強したんですねぇ。ところで孔子は英語だとConfuciusです。
中国語だとコンジーみたいな感じ???論語は孔子の死後弟子によって書かれたものですね。
ちなみに孔子って2メートル以上の長身だったそうです。びっくり。儒教を築いた人ですね。
子育ての悩みは出身国が違っても同じで、「ゆっくり成長を見届けてあげたいね。」って言う時に
かの有名な「十有五にして学志す」を持ち出すんですけど、中国人に教養があるって
褒めてもらっちゃいます( ̄∇ ̄*)ゞ。日本でも有名ですけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-10-06 07:53 | Holiday | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧