原発について聞かれたら

個人的に私だったらこのように答えます。

私自身は原発は減らしていく方向にあるべきだと思います。いきなり減らしていくということは
無理だと思いますが、これからはもっと代替エネルギーに対する開発や節電への意識が
根付いていくのではないかと思われます。今回の事故は地震や津波などの影響などもあり、
不幸な事故が起こってしまいましたが、実際に大惨事が起こらない限り世間が問題視をしない
ことも確かです。私も含めこのことが起こる前からこのことを危惧していた人達もたくさんいた
訳です。

何故このような事故が起きたのかと言えば、原子炉が古かったことも原因であるようでした。
しかし東京電力が相当の利潤があれば新しい原子炉も買えていたのではないでしょうか。
(東京電力本社ビルや社宅などを責める人達もいますが、なんのリスクもなく高収入を得て
いる人達はもっとたくさんいるのではないでしょうか。)安く電力を供給するために起きた惨事
と言えます。

何故それだけの電力が必要であったかといえば、車両、電気器具を生産する必要があり、
それが低価格ではないと売れなかったからではないでしょうか?これらの製品をもっと
高価格で発売できたら、これらメーカーも電力会社に高い支払いができ安全な新機種
原子炉の購入ができたのではないでしょうか。

今後こういったことを含め私は鉱山資源の一定量以上の採掘をしない国においては工業製品
の生産を行うべきであると考えます。何もリスクを追わず偽善的なことをいうのは公正でない
態度ではないでしょうか。鉱山資源採掘も工業製品の生産もリスクの高い仕事であるので
各国がそのリスクを分散するべきだと私は考えます。現地生産においてはその国の需要にあった
仕様の製品が製造できるというメリットがあると思います。実際に生産をしているところをみたことの
ある人達がその製品をもっと大事に扱ったりするのではないでしょうか。また実際に生産に関わって
いない人達には実際に代替エネルギーによって今のような状況が賄えるかという議論に答える
ことはできない筈です。

今後私は日本は生まれ変わっていくと信じています。工業製品輸出量が減りGDPは減少する
でしょうが、豊かであることの価値観を見直す時期に来ていると思います。
私は日本が工業製品生産量が減ることにより、また美しい海や川を取り戻すことができるように
なると思います。そうなるともうここへは観光にはこなくなるでしょう。
もし日本のこの惨事を攻めるのなら、この国も公正であるために鉱山資源輸出又は工業製品生産
に着手すべきです。何もリスクを負わずエコを主張することはエゴ以外の何物でもないと言えると
思います。これからのエコ活動においては、鉱山資源採掘又は工業製品量を減らすこと、また
必要量を賄いながら環境への配慮をすることではないかと考えています。

今後代替エネルギーが実用化されるまで火力発電が増えるのではないかと思います。
となると原油価格の高騰が予測されます。どこへも車で出かけるようなことは避けるべきでは
ないかと思います。子供送り迎えやスポーツ等の習い事などに自家用車を使うような甘やかし
を止めるべきではないでしょうか。まずそんな人達にこの問題について語る資格はないと思います。
自分が実際に関係者でないからと言って科学技術上不可能なことを言うのは大人気ないと
思います。代替エネルギーで需要量が賄えるようになるのはまだ先だと思います。
電気自動車開発をすれば大丈夫とかバカなことをいう人達がいますが、蓄電するにも製造するの
にも電気はいるという当たり前のことに何故気づかないのか私には全く理解できません。

世界全体的に省エネルギーに対する努力が必要なのだと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-23 14:22 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧