お子さんの言葉の発育障害に悩むお母さんへ

d0168540_3195885.jpgうちの場合、長男が2歳くらいから言葉の発達の遅れが気になり、スピーチセラピーを受けてました。小児科専門医に診断を受け、自閉症の可能性もあるのでスピーチセラピー以外にも月1で育児指導をしてくださる先生や児童心理学の先生の
訪問も5歳までありました。自閉症という言葉には正直自分も一瞬落ち込みましたけど、本当に落ち込んでいる場合じゃ
なかったです。

普通に男の子の発育らしく、「ハイハイをする」「歩く」「走る」
などの発育は早かったんですよ。その分やっぱり言葉は出てこないんですよね。家事の合間にちょっと目を離すとどっか
行っちゃうし、危なっかしいことをしちゃうんですよねぇ。男の子って。どっこから転げ落ちて血を流してたりとか(涙)。
赤ちゃんの頃から男の子はおっぱいを飲む量も違うので母さんクタクタ。。。。。夫には散々牛扱いされましたけど、乳を精製するのってすごーぉく疲れるんですよ。でも子供に免疫をあげられるのは母乳だし、アレルギーの面もあるから頑張ってあげたかったんです。他の人には勿論夫にも授乳しているところを見られないように気を使うのも疲れちゃう。しかも男の子の父親っていうのは何故か赤ん坊を愛せないところがあるようです。女の子のお母さんと話をして
いると全然なんか違いますもん。「赤ん坊ばっかりに構うなよ。飯はまだか。」みたいな感じです‥。人生
厳しいですねぇ。そんなかんやでクタクタで言葉が発せず話しかけてあげられなかったことも原因かなっ
て思います。うちの場合母が若い頃他界していて実家からの援助もありませんでしたし、義母は若い頃に
子供を産んでいて夫が生まれた頃は家にいなければならないことが苦痛であったらしく私に気を使って
色んなところに連れ出してくれたのですが私には逆にそれが辛かったです。若くはなかったし、日本で
仕事をし過ぎて体を壊してしまったこともあって体はあまり丈夫ではないので。夫には私の体の痛みは
わからないので子供が出来る前と変わらず一緒に出かけたがるんですよねぇ。でも外だと授乳に
困ったりするし、疲れるし、とても子供の情操教育なんて出来る状態ではありませんでした。

1歳半頃になって子供と遊べるようになり断乳すると夫も子供がカワイイと思えるようになってきたのか
「もう一人欲しい。」って訴えるようになってきました。私は「カワイイけど体力的に絶対無理だから。」って
言い続けてきました。そこに夫の勤める会社の合併の追い討ち。社員半分切捨てという厳しい状況で
家でストレスを露わにする夫を見てやっぱり子供の教育にまでは手が回りませんでした。自分も
子供を預けて働きに行こうか迷ってましたけど、結局夫が頑張って会社で生き残ってくれたので働きには
行かなくて済みました。「一人っ子はよくない。」と主張する夫に負けて、長男が2歳3ヶ月の時に妊娠
しました。この頃からスピーチセラピーなどにお世話になっていました。今思うととてもありがたかったです。
2人目の妊娠時はかなり体調を崩してしまい、第2子が無事生まれてくれるかわからない状態でしたし、
長男はやんちゃ盛り。色んな方々の支えがあってここまで来れたのだなぁと感謝しています。

多分私と同じように自閉症だと診断されて落ち込むお母さんもいらっしゃると思うんですけど、私は
色んな方々の手を借りてよかったと思います。薬物を使った治療なんてないですし、私がただ
元保育士であったりとか兄弟の子供の面倒を見てあげた経験がないのでテクニックがなかったから
それを専門家から教わっただけです。私は会社員として大人に囲まれて生活してきたので大人の
お付き合いは得意なので手助けをしてくださった方々ととてもいい関係が築け、「私の方こそあなたと
出会えてよかったわ。」なんて言ってもらっちゃったりしました。

このブロックみたいに一つ一つ積み上げていくことを私が知らなかっただけ。ブロックがなかったら
何も築けないですよね。でも、この人達が長男と一つ一つ橋が高くなっていく喜びを分け合うことを
教えてくれたんです。

うちの場合は軽度自閉症だし、自閉症と言ってもそれぞれなので一言では言えないのですが、
今悩んでいるお母さんがいちばん私に聞きたいのは「今長男はどうなのか?」ってことだと思います。
将来不安になりますよね。学校に入り始めた頃も読み書きなどに追いついていくのが大変でしたけど、
今は勉強も普通だし友達も何人かいますし、明るいし全然普通です。学校の評価で毎年目につくのは
「おとなしいけどフレンドリーで礼儀正しいです。」という言葉です。ただ日本語はちょっと苦手だし、
男の子にしてはちょっと傷つきやすいタイプかなぁなんて思います。走るのは速いし、テニスは好き
ですけどラグビーや柔道がやれるタイプではないです。やや軟弱なところもあります。でも長距離
走れるし、水泳は得意だし、サッカーやバスケなら楽しめるみたいなんで別にどうってことはないん
ですけどね。でもちゃっかりそんな弱さが女心をくすぐるのか女の子にはモテるみたいです(笑)。
まだまだ心配ですけど、将来しっかり者の奥サンをもらってなんとかやっていけるのかなぁなんて
呑気に思っています。物を作るのも得意ですし。ただ、言葉の達者な人達からいいように使われたり、
パワーハラスメントなどの壁には突き当たるでしょうね。

離婚を考える程私の心に夫との溝が出来てしまったことがあります。でも女性はやはり赤ん坊や
小さな子の相手が得意で、10代になって手ごわくなったら父親が必要になるって思ったのは
間違ってなかったと思います。母親は赤ん坊を身ごもるので初めから母性がわきますけど、
父親が父親になるのには時間がかかると思うんです。よくご主人が全然育児に協力的でないと
怒る女性がいますが、そういうものなんだと思います。保母さんは女性が多いですけど、
年齢が高くなるにつれ、面倒を見てくださる先生に男性が増えてきますよね。大体8~9才くらいまで
母親主体、それ以降18歳くらいまで父親主体で育てていくのがいいと思います。18歳以降は
かなり自分で自立出来ますよね。一応遠くから気にかけておく必要はあると思いますけど。
そこからは両親もまた自由になれるでしょうね。よく仮面夫婦って言いますけど私は責任が
あるご夫婦だと思います。感情的になって自分ばっかり大事で相手のピンチに寄り添えないで
別れるのって子供にいちばんよくないことですよね。誰を信じていいのかわからなくなるじゃない
ですか。よくお父さんの仕事が傾いて借金が出来そうになってとか聞きますけど、
そこまでに至る過程そのものが奥さんにも問題があったのではって思われることもあるし、
ピンチの時こそ寄り添うのが夫婦ではないでしょうか。誰と再婚しようと相手のおいしい時に
しかぶらさがれなくなる。私も子供達が小さい頃必死でした。長男が普通に学校に通えなかったら
二人の通学が難しくなる。生活がもっと複雑になると思い、長男のトレーニングに必死でした。
普通に教育を受けさせたかったそれだけです。その時協力して欲しかったとまではいいませんが
夫の豪遊的態度は疲労の限界だったんです。感情的にどうこうとかではなく、疲れて禁句ですが
「死んだらこの疲労から逃れられる。」ってよぎったくらい苦しかったんです。
私と同じ思いを持ってらっしゃるお母さん。なるべく休んでください。そんな時間が取れないのを
わかってます。病院に行ける体力のないお母さん。恥をしのんで誰かに病院で連れて行って
もらってください。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-09-07 09:32 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧