Auckland Museumにて火山学習

d0168540_10514590.jpg
今タームの次男の課題学習が自然災害が
テーマで、オークランド博物館にて火山
学習の遠足に引率してきました。

オークランドは火山が50あるので、是非
子供達にきちんと学習して欲しいですね。

でも今のところ当分の間は大丈夫そうです。
後でご紹介させていただきますが遠足と言うことで特別講習があった
のですが、そこの専門家の方が気楽そうに説明してくださいました。
まぁ、こういうことの学習はまず冷静になることからですよね。

d0168540_10555562.jpgこれが研究者の方々の着るスーツ。でも実際にまともにくらったら、
人間の体は70%水で構成されてますが、それが全部一瞬の
うちに蒸発して消えるそうです。怖ーい(涙)。

噴火体験ルームがあるけどそれどころじゃない怖い話ですよね。
でも火山がなかったらいきなり噴火もしないし、既にある火山も
かなり研究が進んでるみたいなので避難勧告などもできる
そうですが。

実際噴火が起こっても溶岩の流れる速度というのはそんなに
早くはないそうなので下に逃げないで水平方向にどんどん
逃げていった方が良いって言ってました。専門家の人達が
呑気に溶岩の流れる近くで話してる写真とか家毎引越しする
写真のスライドを見せながら説明してくださいました。
d0168540_114524.jpgこれは大昔ポンペイで起こった噴火の時に灰で埋められた子供。
この中が気になる人が多いそうなのですが、蒸発して空洞
なのだそうです(涙)。

噴火にもいくつかのタイプがあり灰が広がるタイプには
こんな惨事が起こります。遠くからの写真で見ると
原子爆弾投下後のような図です。

何年前かにアラスカで起こった噴火では時速100キロのスピードで
広がったそうですが、そんな時は避難が間に合いませんよね。
屋根に2メートルくら灰が積もったそうですが、水で落とすと
固まってしまうので雨が振る前に即座に屋根を灰掻きしないと
大変だそうです。降り積もった灰で崩壊した家も沢山あるそうです。

絶対こんな死に方嫌なので、研究が進んで欲しいですね。

d0168540_11142325.jpg個別ツアーだったら、してくれない特別講習
ルーム。普段は大学で専門に勉強している
方や各専門機関しか入れないところ
なのですが今回特別に公開してくださり
小学生にもわかるように楽しく説明して
くださいました。

子供達も事前学習をしていたので地殻構造の
名前やオークランドにある有名な火山口、
火山のマグマの形状別3タイプなどを言えて
ビックリしました。皆きちんとお勉強してるん
ですねぇ。

d0168540_11204634.jpg溶岩の学習。溶岩と紙に書いてある種類の名前をマッチ
させました。細かい穴が開いて軽石状のものはマグマが
流れる前にかなり攪拌されたものです。黒くて艶のある
ものは泡が炭酸の気が抜けるようにしてからマグマが
流れたものです。石を見ると噴火の仕方のメカニズムを
研究するヒントになるのだそうです。

実は元気いっぱいな男の子達のグループを任されて
くたくただったのですが、皆きちんと勉強していてくれて
報われた気分です。

帰りのバスはエンジェルな寝顔。。。。

今自分で自分に「お疲れ様でした。」って言いました。





にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-11-11 11:28 | お出かけ(Auckland) | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧