Shrek

d0168540_7441380.jpgこの映画は子供の童話のキャラクターが満載の映画です。日本でも「ピノキオ」や「3匹の子豚」「赤ずきん」なんかが有名ですね。
日本でポピュラーでないのが「ジンジャーブレッドマン」と「ラッパンゼル」。「ジンジャーブレッドマン」はかなり小さい子に読んであげるお話としてお奨めです。ビスケットが走って逃げていくところが子供には面白いでしょうし、文章のごろがよく読みやすいです。そのうち
慣れてくると一緒に歌うように読んでお子さんに読むことの楽しさが伝わる話だと思います。

あとアメリカ子供映画全体に言えることですが、使っているサウンドトラックの選曲がいいので子供達が何度もDVDで観てても、その歌が家事をしているお母さんにもBGMとして聞こえてくるのが心地よい感じです。
Shrekシリーズは私個人的に大好きで、他にもファンのお母さんも多いのではないかと思います。一つの記事にまとめられなかったので、後日「2」、「3」、「Forever After]についても書きたいと思います。

この映画の主題は

「容姿の悪いものが恋愛をして何が悪い!」

付け加えて、

「乱暴なことは悪いことなのか。強いことはいけないことなのか。」

ってことだと思います。

まず最初の主題についてですが、人それぞれ好みとか合うタイプがある訳ですしね。
それでいいんですよね。普通ドラマや映画なんかだと美男美女の美しい恋愛が映し出される
訳ですが、それをむず痒いと感じる人も実は多いんでしょうね。特に男性。

私なんかも完璧とは程遠いルックスにあった訳ですが、それでもそんな私でも好きになって
くれた男性達がいたし、今結婚して子供を産んでさらに歳を経て前よりルックス的にどうなのか
しらって感じですけど、一緒に年老いている夫がいたり。。。。まあ、そんなもんですよね。

そもそもどんな人がビジュアル的に美しいのかっていうのは難しい定義ですよね。
国によってはふくよかな女性が人気だったり、細身の女性が人気だったり。
時代によっても違いますしね。ただ共通してやっぱり肌はキレイな方がいい気がしますよね。
顔立ちっていうのは内面のポジティブさが表に出てる人が美しいと呼ばれる気がして、無駄な
抵抗かもしれませんが、なるべく心がけているつもりです。時々嫌なこととかあっても、そういう
ことにいつまでもこだわってると醜くなってよりいっそう不幸を引き寄せそうだとか。

後者の主題ですけど、世の中には力仕事をしてくださってる方々がいっぱいいらっしゃい
ます。メディア関係の方々というのは逆にインテリで物理的に汚いものには触れなくジェントルマン
的人が多くそれが多くのメディア作品にも表れていると思うのですが、そういうことを人々の価値観
として植えつけるのはどうかってことなんじゃないかと思います。やっぱり力仕事をなさってくださって
いる方々なんて口先的に器用じゃないと思うんですよ。こういう人達が力を暴力などに使わないように
コントロール出来ることも女子力なんじゃないかとフィオナから学ぶ訳です。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-11-21 07:51 | 大人も楽しめる子供映画 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧