The Polar Express



クリスマスのお奨めの映画です。南半球なのでこんなステキなホワイトクリスマスも子供達に
見せてあげたいですね。

お話としては子供達がPolar Expressに乗ってサンタの住むNorth Poleへ向かうと
いうものですが映像がキレイ!凍えそうな吹雪の中のほんのりとした明りって癒されます
よね。私は若い頃ちょっと背伸びして行ったバーのキャンドルの明りを思い出します。

Expressの中で出されるホットチョコレート。車掌室で汽笛を鳴らしたり、途中アクシデントで
電車がジェットコースターみたいに暴走したり。プレゼントの入った大きな袋に入って気球で
夜の空を飛んだり、子供が好きそうな夢のあること満載です。

途中プレゼント工場でデータで悪い子にはプレゼントをあげないよう判別するシーンがあるの
ですが、悪い子だと判別された子を確認するため映像データを調べたら「僕やってない。」と
主張するものでした。これはちょっと胸が詰まります。うちの次男も壊してないものを
壊したと言ってからかわれ「Go away!」って言ってるのにしつこかったのでその子に殴り
かかり先生におしおき部屋に連れていかれて遠足に行かせてもらえなかったことがあります。
(殴られた子はかすり傷ひとつ負ってませんし、あざも出来てません。)殴りかかったのは
いけないことだけど、先生達もそれは前から壊れていたのは知っていたのであり、大勢で
次男をいじめていたことも知ってました。そんなことが2、3度ありちょっと嫌になってます。
いじめられても全然気にしないで友達と遊んでるから学校側も気づかないんですよね。
でもたまに堪忍袋の緒が切れて手が出ちゃうみたいです。勿論学校側にも言いましたけどね。
あんまり乱暴な子はいませんが嘘をつく子が多くてイライラします。次男にもそういう時「やって
ない。」ってきっぱり言って無視しなさいって言ってるんですけどねぇ。物を盗む子が多いのにも
イライラします。どうして叱らないんだろう。。。。親も自分が買ってあげたものでないものを
自分の子が持ってて不思議に思わないのかな。将来子供が泥棒になっても構わないのかな。

d0168540_13251519.jpg主人公の男の子がサンタに何が欲しいのか聞かれて
「ツリーにある鈴がひとつ欲しい。」と答えます。
子供が欲しいものなんて本来そんなものですよね。
旅行に行くとキーホルダーが買いたくなるみたいに
思い出になるような小さいもの一つでいいんですよ。
大事なのはその思い出に詰まっているもの。
小さいからこそずっと取って置けますしね。

最後に帰りのチケットを切るシーンでLearn, Friend, Count on (Rely on), Lead,
Believe
とキーパンチャーで刻まれます。これこそが子供に与えてあげたいものですよね。

貧しい家の子にはプレゼントも希望も与えられないように思えるけど、そんなことない。
「誰にでもプレゼントは与えられる。その中身は違っても幸せは平等にちゃんとあるんだよ。」
ってことが伝わったらいいなぁと思って大きくなったらまた観て欲しいです。

ちなみに車掌役の声をトム・ハンクスがやってます。最後のシーンで主人公が「ありがとう。」
って言うんですけど車掌が「こっちこそありがとう。」って言うんですがそんな出会い良いですよね。
子供と接しててよくあることです。手伝ってあげてるつもりが、返ってこっちが救われてる時って
いっぱいありますもん。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-12-25 17:50 | 大人も楽しめる子供映画 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧