The Magic School Bus - Rides the wind

d0168540_720592.jpg子供達が小さい頃好きだったMagic School Busシリーズです。
物の理解力を深めるのにはこういう頁数が少なくて各頁毎に
話し合える内容のものがお奨めです。子供って読めるけど
あんまり理解はしていないので、絵が多くて文字数の少ない
本も意外と長く使えます。小さい頃からただ読むのではなく
1頁づつ少し読んであげては子供達が発する言葉に耳を傾けて
反応をしてあげることがコミュニケーション発達の上で大事
だと思います。理科系の本がお奨めなのはその後実験の
ようなものが出来ること。将来料理の技術を磨いたり、何かを
生産していく技術を身に付けるために重要な基礎になるん
じゃないかと思います。短い本だと繰り返し聞かせてあげられる
ので記憶にも残りやすいですし、お子さんが飽きません。
その本を好きになるかどうかは勿論本自体の良し悪しもあると
思いますが、お母さんが読んであげるテクニックにもかかって
いる気がします。それと科学系や社会科系の話をしてあげると、
子供と父親が話す時も父親が育児を面白いと思え参加してくれる
動機になると思います。

この本は風について書かれていますが、「風って何?」みたいなことを聞いてあげることが
大事です。皆何が風なのかはわかっていますが、それが何かを説明できるような練習をして
あげることが今後の科学の勉強が楽しくなっていくことに繋がると思います。

凧で遊びながら説明するのも楽しいですし、スーパーのビニール袋でパラシュートの
おもちゃを作って空気抵抗などを学習することも出来ます。

風を表現する言葉にも"Blow"以外にも"Gust","Howl","Whisper","whistle"
などがあり、説明してあげると天気予報にももっと関心をよせてもらえると思います。

風は何故起こるのかその原因について普通は高気圧や低気圧という言葉を使いたく
なりますが、子供にはわかりませんよね。ここでは「重い空気が軽い空気を押すために
起こる現象」だと説明しています。これだと解りやすいですよね。

そしてこの風のエネルギーがどんなことに使われているのか、普通に思い浮かぶような
ヨットや風車、風力発電以外に受粉というのも大事なことですね。
この本の風力発電の仕組みを描いた部分を読んで何度も波力発電について考えたものです。
波力発電模型とか見たこと無いし文献も全然読んでないのですが春の里帰りが終わったら
読んでみようかなぁなんて思ってます。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-03-23 10:15 | 絵本大好き! | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧