志摩スペイン村<<沢山のモザイク作品>>

d0168540_13492992.jpg

カラフルなんだけど、モザイク技術を使うことによって淡い色調が出せてますね。
ただ淡い色をつけただけだと色があることが解りづらくあかぬけないイメージになって
しまいますし、鮮やかな色をばーっと塗るとかなりきついイメージになりますね。

d0168540_135085.jpg

市民の憩いの広場みたいなのにもっとこんな
公園あるといいのにね。

スペイン代表アーティストと言えばピカソ
ですが、パリに来て初めて交際した彼女と
過ごした時期に描かれた明るい色調の
サーカス芸人を髣髴させます。関連はないと
思うのですがそんなイメージです。

ちなみにピカソは正式な妻以外にも何人かの愛人を作り、ピカソは生涯に
2回結婚し、3人の女性との間に4人の子供を作ったそうなんです。
そういう歪みが絵に出てる気がして好きなアーティストじゃないです。

20の時に自殺した親友の死に衝撃を受けて描かれた暗青色を基調とした
「青の時代」、前述の彼女と過ごした「バラ色の時代」に描かれた作品により
20半ばで富と名声を手にした彼に群がる女性達のエゴや欲望が彼を駄目に
したんでしょうね。

有名なゲルニカに関しても彼が平和主義なのかただ臆病なのかと言われて
しまうくらいの人間性です。私は平和への願いを描いたものだと思うのですが
女性を転々とする人間的に弱い男性像が社会的信頼を失ってそういう評価に
繋がったのではないかと思います。

でもバラの時代の後に交際した最愛のマルセル・アンベールが癌ですぐに
亡くなってしまい、その一年後に知り合った最初の結婚相手の奥さんとは
合わず、その後も女性を転々とし、いつまでもぬぐえないものを感じていたの
かもしれません。

晩年の彼の作品や評価には痛々しいものを感じます。最初の奥さんは
上流階級の女性で富を得たけど最愛の女性を亡くしたピカソが権力に
しがみついてしまった失敗だったのでしょうね。妻に上流階級趣味を押し付けられ、
もう多くの人に共感を得られるような絵は書けなくなってしまったピカソ。

青の時代の「死」「闇」、バラの時代の「恋」は絶賛されたのに。「バラの時代」の
作品には恋をした時に人が感じる色調や理性的に恋に落ちる人は
いなくて誰もが道化師になることの心理を感じる作品です。

最初の妻との結婚生活は本当に辛かったらしく化け物の絵を何点も描いています。
愛人が沢山いたのも最初の妻と離婚の際財産分与しなければならなかった
ことが嫌だったようです。愛人の誰をも愛していなく、ただ妻から逃げるだけの
場所だったのでしょう。酷いことをかなりしてます。

マルセルの死は悲劇ですが、それからきちんと自分の生活的価値観が合う
誰かを愛して、恋が愛に変わりそれがずっと続くよう「変わらぬ愛」や「ありふれた
愛おしい物」なんかを描いて欲しかったと思います。

人の辛い気持ちに寄り添ったり、生きてきてよかったと思えるようなものを
描くのがアーティストの使命だと思えるのに、バラの時代を後に技術だけが
先走りする一般の人には理解し得ないけどそれを理解したと言うと知識人で
あるかのような変な上流階級意識をくすぐる作品に暴走してますね。

せっかく技法はあるのにもったいないです。いくら技法はあっても魂が
なければ駄目ってことですね。

d0168540_13503277.jpg

何かいい案浮かんだ?

こういう色調って心が穏やかで明るくなるから家のインテリア
などにも取り入れたいです。

d0168540_13511187.jpg

ここで隠れん坊したら楽しそうだねぇ。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-12-20 07:26 | お出かけ(日本) | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧