もっと社会の輪で子供を育てて生きませんか?( ´ー`)/\( ´ー`)

子供の日と母の日があったこともあり、また日本に帰国の際気になるニュースも
あって今日は以前より思っていたことを書きたいと思います。

日本のニュースで気になるものがいくつかあったのですが、その一つに女性議員で
50くらいで出産なさった方w(゚ロ゚; 。私これ常識的に言っておかしいと思います。
当然危険だし、きちんと子育て出来る訳ないですよねぇ ┐(´-`)┌。

女性が絶対に好きな人の子供を産まなきゃいけないみたいな強迫観念も嫌ですよね。
よく「好きな人のDNAを残したい。」って言うけど、本当にそうかなぁ。大物俳優さんや
歌手、スポーツ選手の2世って大概ご両親と同じ活躍のされ方しませんよね。
こういう分野で一線で活躍されてる方って、ご両親もそうだったって人少ないじゃない
ですか。これはDNAに対する観念がおかしいです。だって両親の遺伝要素が微妙な
形で複合されますし、両親の特徴もDNA要素だけでなく環境や社会的要因に影響して
出来上がっているからです。両親と本当にそっくりな人なんて滅多にいないのが普通
です。クローンじゃあるまいし。むしろ他人の空似の方が無数に存在します。それに
こういう考え方ってそもそも人間と人間との関わりやふれあいの感覚的にもおかしいと
思います。

子孫繁栄のおかしなことの典型にヘンリー8世の悲劇というか昔の王室はどこもそんな
狂気があった訳ですけど、あまりそんなことにこだわる必要なんかないと思います。

私は子供を二人産みましたけど、お子さんのいらっしゃらない女性を「負け犬」みたいに
呼ぶ人達もおかしいと思います。なんらかの健康上や経済的な理由でお子さんに恵まれ
なかった方々、又キャリアに生きたいと思っている女性達に対してあんまりだと思うん
です(`ε´)。

私自身は4年制大卒で総合職についているので、まわりの友人には子供がいない人や
ちゃんと20代で結婚してるのに辛い不妊治療をずっと受けてやっとギリギリ35くらいで
一人だけど出産出来たって友人も多いので尚更彼女らの痛みに寄り添いたい気持ちが
あります。

世の中にはお若い頃にお子さんが生まれて子沢山な方々もいらっしゃいます。
そういう方々と社会的に協調して生きていけばよいことです。
私も出産を経験をしていますが、ある意味産む人は早めに第一子を生んで、沢山産むって
いうのも悪いことじゃないと思います。何故かというと二人目三人目と出産も育児も楽に
なるからです。ただ、そういう方はやっぱり経済的には困窮しますよね。それを産めなかった
人達で埋めてあげればよいだけのことです。ただ小さい子の相手は出産経験のない人達は
保母さんや看護婦さん以外には無理だと思います。子供の相手を四六時中していると騒音
やら臭いやら疲労などで学識の高いことなどはお母さんも身につきにくいですから、10代
後半以降の人材育成をお子さんのいない方々で担っていけば社会的にはきちんとまわって
いくことだと思います。

お子さんがいらっしゃらないと将来老後が不安だと思われている方も多いようですが、
私は違うと思います。世の中1家族で生きているのではなく、きちんと社会の中で
生きているんですよ。子供達も大きくなれば私達夫婦だけのものではありません。
逆に言って子供達になるべく迷惑かからないようにしゃんと生きたいって思うものです。
それでも迷惑かけてしまうでしょうから、自分も介護の仕事に就きたいなと思っています。

勿論家族は大事ですが、子供も老人も社会の輪で守っていくべきものだと私は思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-05-16 06:15 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧