これからの計画

ざっくり言って3年後くらいに介護の仕事に就きたいと思ってます。

今は時間が捻出出来ません。毎日4人分のご飯作って、食器洗って、洗濯して、
子供達にスクールホリデイに勉強のフォローアップさせるための準備もしなきゃ
だし、それも絡んで友人との付き合い、お金を節約するために土地開拓に近い
畑仕事やベイキングで毎日が明け暮れます。子供がいて食費がかかるのに
ワンインカムで生活しているので、外食なんて滅多にしませんし。
掃除だってこんなことを日本の方で読んでくださっている方がいたら嫌味かも
しれないですけど、広い分かなりの体力要ります。

d0168540_1092032.jpg若い頃に勉強も仕事頑張っていたので、
このまま大人しくここでずっと暮らして
いけば穏やかに専業主婦をしていられるん
ですけど、まず父の介護が出来なかった
という後悔の念がぬぐえないんですよね。

それに私みたいに事情で親の介護が
出来ない方がいらっしゃると思うんです。
そんな方々のために働きたいし、自分の
老後をどう過ごすかのヒントにもなります。
d0168540_10112684.jpgただやっぱり私が直接親の介護が出来なかったこと
には本当に後悔が残ります。介護施設の方から時々
私の名前を呼んでたなんて聞くと胸が痛みます。私と
母が亡くなってからお付き合いしていた父の恋人の
名前が同じなのでどっちと会いたかったのかわから
ないのですが、どちらにしろ私から彼女に連絡
出来なかったことも残念です。

実際介護の仕事をしている友人が「人生の最後に
物なんかあってもしょうがない。やっぱり最後には
家族や愛する人と一緒に入れることが幸せに
決まってる。」って言ってました。
理想的には社会的な手助けも借りながら家族や友人に囲まれて老後を過ごすこと
だと思います。そのためにも家族の絆も大事にしたい。

わかってたんだけど私は夫との生活を取りました。夫の仕事と子供の学校のことを
考えて父の介護は出来ませんでした。今の生活、未来の生活を選んだのです。
生活のために仕方なかったことです。痴呆が始まる前に父も「覚悟してるし、心配
するな。自分の幸せを考えてくれていいから。」と言ってくれました。趣味の碁の仲間や
近所の散歩で出会う人達と交流することを楽しみ、晩年恋人と時々あって出かけることを
楽しんでいたようです。母は感情の起伏が激しくよく父と揉めていたので、穏やかな
晩年を過ごせて彼女には心から感謝しています。

夫とまたやり直せるのか‥‥。子供が手が離れたら一度日本に帰って考えて
みたい気もします。何度も書いてますけどバトルをしてる訳じゃないし親友だと
いいきれます。でも老後に手をつないでお散歩してるカップルみると憧れる
じゃないですか。あんなふうにはなれないだろうなぁ。

再婚した方が幸せになれるのか。再婚するんだったら絶対日本に帰って日本人
男性の方がいいなって思うけど私年金に入ってないから無理だろうな。
配偶者だと大丈夫なのかなぁ。でもやっぱり加入年数とか関係あるだろうし。
あんまり沢山遣わないとは思うんですけどね。こっちの年金のこと考えると
50歳くらいから何年だか居住していないとダメって条件クリアしないともらえない
ですよね。

まぁ、まだまだ先なのでとりあえず3年後の計画に向かい体力をつけるべく
体力メニューをこなしてますし、子供達ももっとお手伝い出来る様、自分で
どんどん学習できるよう今から準備してます。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-05-27 10:21 | 家族や友人のこと | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧