お墓参り

日本に帰国してすぐにしたかったことです。

まず両親に挨拶するべきだと思ったし、旅中の安全を見守って欲しいという願いからです。
両親と向かい合うって、自分が恥ずかしくない生き方をしているかどうかを確認する上で
大事なことですね。毎日鏡を見て、自分に問いかけることも心がけていますが。
子供の頃は両親に似ていたのに、大きくなるとだんだんどっちでもなくなってくる。
よく父から「40過ぎたら自分の顔に責任を持て。」って言われたのを思い出します。
付け加えるとモデルの母から生まれてきてラッキーだったなんて恩着せがましく父に
言われましたが、私は美人でないので得をしたことはないです。でも見た目の美しさも
人に与える印象として大事だといくことは散々教わった気がします。美人じゃないから
可愛くないこと言っちゃまずいなぁとか、こういうことしても許してもらえないだろうから
止めとこうとかね。小さい頃「髪は女の命だから。」と長い髪をドライヤーできちんと乾くまで
乾かしてくれた父。母に「またプケ子を甘やかして。」って叱られてたけど、泣いてる時は
きちんと受け止めて髪をなでてくれた父。もう誰も私の髪をなでてはくれないので
強くならなきゃなぁ。大事にしてくれた髪も自分できちんと手入れしなくちゃ。

下りの電車に40分揺られ、子供の頃学校や自治会の遠足、家族でのピクニックで
見た景色に心が癒されました。のどかな時の流れ。どこまでも続く田んぼ。
息子達に田んぼを見せたかったんですよね。外国から見たら日本と言えば摩天楼の
イメージ。でも本当の生活基盤は主食を支える稲作にあることをわかって欲しかった
んです。子供の頃よく川原に行き、川の向こうの田畑を眺めました。川に石を投げる
兄。その時に出来た丸い輪をただぼーっと眺めていた子供時代。笹船を作って浮かべた
川のせせらぎ。あの船は今どこまで行ったんだろう。

お彼岸でもお盆でも休日でもなかったので、乗り継ぎのバスが行っちゃいました。
次男が駅でジュース飲みたいってごねてたので。それまで、「もしトイレに行きたく
なっても田舎にはあまりトイレがないから我慢しようね。」って言っていたので
仕方ないんですけどね。夫に2週間が限度と言われた休みをもう2日もらったの
ですが、すごいスケジュールでいつも次男に急がせてばかりで可哀想でした。
今度はのんびり行きたいなぁ。結局同じく乗り遅れた中年女性と乗り合いタクシーで
行き、その女性や運転手さんと楽しくお話出来たのもいい思い出ですが。

墓地は小高い丘が連なる場所にあって、素晴らしい眺めなのですが、鶯も鳴いて
いました。梅の季節はまた絶景です。つくづく亡くなった方々のためだけでなく
残された人達の慰めにもあるものなのだと感じました。





にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-08-12 08:11 | お出かけ(日本) | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧