韓・中との領土問題について思うこと

一般主婦でしかも政治・経済には弱いのですが、いい大人としてこれだけ社会問題に
なっていることを全然わかりませんと言うのもなんだなぁと思って書いてみました。
ただ結構私レベルの方も多いのではって思うんですよ。でも自分のレベルをわきまえて
いるからこそ、声を大にして語るつもりはなく
世間話的に「これはどうなんでしょうねぇ。」
みたいな感じです。でも私レベルの人間がもうちょっと知ってる人に質問して回答
してもらうと話の争点の基本的部分が見えて案外打開策が見つかることも多い気が
します。

一般主婦として強く願うのは、このことで全く関係のない分野に影響が出るべきでは
ないということです。
捕鯨問題などもそうですが、本当は鯨なんかどうでもいいのに
争点が他のところにあることも多いですね。本当は政治の専門ではない主婦が
こういうことを語るべきではなく政治家の方々を信頼してお任せするべきなのではないかと
思うのですが、たまーにこういう話題をふられることってありますよね。また政治の専門の
方がマスメディアで「日本国民は戦争の覚悟をすべき。」みたいなことを語られていたという
見出しを見たりすると「本末転倒なのでは?」って思うんです。

まずこれらの領土に関わる利益ってなんなのか。まずここからして私にはわからない
のですが、大事なのはここに’関わる利益を必要な場所に必要な分だけ分配されることで、
どこのものって言うことにそんなに白黒つける必要があるのかってことですね。
ただあんまり柔軟に譲ってしまうとその損失が大きいのかもしれないですし、これは
政治家の方々はその変遷をきちんと学習されてますから、お任せすべきなのではないかと
思うのですけれど。普通に素人的に考えると日本には太平洋側には広い海域を持って
いそうで、そちらに多くの可能性がありそうですよね。実際海外の人からそう思われて
いる気がします。この国の人にも時々「何故日本人はこんな遠くまで魚を捕獲しにくるのか。」
と言われることもあります。ただ、広いイコール深そうでもあるので、なんとなく魚を捕獲したり、
油田を採掘したりみたいなことは難しそうな気がしますよね。また太平洋沿岸部は工業地帯
ですから、海洋汚染などを考えると近海での漁業は難しいような気がします。普通に考えて
日本と大陸側の海は浅そうでいい漁場ではありそうです。そういった状況を海外の人達には
理解してもらっていないんじゃないのかなぁって私は思います。また日本の食文化も
もう少し肉食や小麦を食べるなど少づつ変わっていくべきなのかもしれません。
生態系を理解しない子供じみた菜食主義や伝統に意地を張るような感情論をするべきで
ないと私は思います。伝統というかどんな食物が昔から体になじんでいるのかはアレルギー
などの見地から見ても重要だと思うので少しづつということとバランスが大事だと思うのですが。
私の書いていることは憶測で間違っているところも多いと思うのですけれども、それを説明
していただくことにより見えてくることも沢山あると思います。

それと私中国旅行を振り返ってみて思うのは、ただの感情論な気もするんですよね。
だって中国なんて今あんなお金持ちそうなのに「そこにこだわる必要ありますか?」って
思うじゃないですか。なんとなく中国一般人も関心ない気がするんです。政治家と一部の
人だけじゃないかなぁ。韓国もよく内政がうまくいかないと日本を攻めて国民意識を高めようと
する困った政治家がいるってテレビで観たことがあります、、、。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-10-08 21:56 | 遠きにありて思うこと | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧