義務教育を受けさせることの意義

時々変な競争意識に巻き込まれて、不快な思いを親も受けることがありますよね。
私は人が知らないどうでもいい知識を沢山持っていて、変に人に優越感を感じるとか
そういうことには全く興味がありません。目的をはっきりしておくことも大事かと思い、
記述してみました。

① 子供の自立を促す
    だんだんと親と離れても生きていけるようにすることが教育の原本だと思っています。

② 親が働ける時間を確保する
    子供の食費や生活費、住宅費を捻出するためにも大事なことです。
    私のように外に働きに行ってはいなくても、家事をしっかりと担当することに
    より夫が仕事に集中出来るのですから、私もきちんと働いている自覚があります。
    畑仕事・裁縫・子供の勉強を教えるなど節約にも励んでいますし、夫にも
    高収入でなくても生活がまわることを伝えれば、仕事に対する焦りがなくなって
    自分のポジションを守っていくことが出来ると思います。親も完璧でなくって
    反面教師的な部分は少しあっても、出来るだけいいお手本になるような生き方を
    見せてあげることも大事ですよね。

③ 集団生活の中で周りと協調することを覚えさせる
    将来大人になった時大切なことですね。楽しい催しや音楽の授業を通して、
    何かひとつのことをやってみるという経験は大事ですね。またネガティブな
    経験から人にしてはいけないことを学ぶことも貴重な経験になる筈です。

④ 体を鍛える
    大人と成長期の子供は必要な運動が違うので、体の動かし方が違いますよね。
    子供同士遊ばせることは大事なことです。

⑤ 読み書きを覚える
    これから一生物を学習するのに必要な技術ですよね。競争とかではなく
    将来必要な情報を理解したり、記憶するのに大事なことです。
    成績などを気にするのではなく、とにかく出来るだけやってみることや
    興味を持ったことは何なのかってことがポイントだと思います。

⑥ 算数を習う
    物を分け合うことや物を作るのに大事な知識ですよね。

⑦ 自然科学を学ぶ
    食物や水を確保したり、道具を作ったり、家を建築したり、災害を逃れたり、
    生き物と共存したり、病気や怪我の治療を学ぶ上で大事なことですね。

⑧ 社会を学ぶ
    将来大人になった時どのように世間の人達と関わっていくのか学ぶのに
    大事なことです。人それぞれ役割があり、また人それぞれ個性はあって
    出来ること、出来ないことはあっても助け合って生きていくことを教えていく    
    ことは大事なことだと思います。
 


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2013-05-15 10:34 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧