元劇団四季の団員の方々によるミュージカルコンサート

オークランド大学の小さなホールにて開催されていたのですが、行ってきました。
記事とは全然関係なくって申し訳ないのですが、ホールの近くに大学グッズ販売店が
あるんですけど、オークランド大学のマークって上の方にキウイが3匹いて可愛いし、
グッズも意外と洗練されていてお土産にお奨めです。

ミュージカルって嫌いな人は興味ないものだと思うんですけど、好きな人は好きですよね。
私は東京近郊の女子高に昔通っていたので一年に一度観劇会があったのと、
英国短期留学した際観に行ったので大好きです。

背後にある黒い幕をスクリーンに自分の思い出がぽつぽつと映画のように映りだされて
びっくりしました。たった90分の間にMCのちょっとしたジョークにもありましたが、
13時間はその場にいたかのような自分主演のドラマを観てきました。

不思議ですね。本当のミュージカルなら他人が書いた脚本で他人が演じる演技を観て
ということに集中するのですが、素晴らしい歌唱力やピアノの中にもそれがメインでなくって
完璧に脇役になってくれて、自分の中に潜在していた生命力を思い出させてくれて
辛いことを乗り越えていける強さを得た気がします。先日あんな悲劇のヒロインかって
ぐらいのことを書きましたが、昔苦しんでいた時代も学校ではかなりはじけた明るい
元気いっぱいキャラだと思われていたことを思い出しました。何故って、学校が終わった
後バイトや受験勉強に忙しく、経済的不安を抱え、家族の病気に悩んだり、看護したり
していたので、短い休み時間でも思いっきり発散したかったからなんです。
なーんだ私変わってないなぁ。そっかそういう性格なんだってわかってほっとしました。

ただ身内も病だからって甘やかされて育ってきてるので、手強くはあるんですけどね。
叱られたことがなく、全て母がカバーしてあげてしまい、その母も病にかかってしまった
のですが、そのため何か諭してもいちいち逆上されるので、正直心が砕かれるのです。
なまじ年上なのでまたややこしいのもあります。年下だったらばしっと言えたかもしれないのに。
私の末っ子キャラも災いしてるのかもなぁ。仲のいい友人ってありがたいなぁって
思うんですが、自分の悪いところも指摘してくれますよね。「プケ子っていまいち怒ってる
って言うのが伝わらないし、びしっと叱るパワーに欠けてる。そこがよくないとこだよね。
駄目だよ、そんなの。」って言われます。確かに私も身内をうまくコントロールできる
能力に欠けているのかもしれません。(断っておくと、皆社会的にはきちんとやってくれてます。)
お姉さんとして子供の頃から生きてきた人のパワーを見習うべきなのかなって思ってます。
でもこんな性格なので少しづつ少しづつ。

私は谷内愛さんの歌われていたマンマ・ミアの「I have a dream」が印象的でした。
愛さんは11年間の劇団四季での活動の中でいろんな作品に主演されていたそうですが
「マンマ・ミア」もその一つ。映画「マンマ・ミア」は女性に人気の映画で前から気になって
たのですが、今度レンタルしてみよ。私はABBAの「マンマ・ミア」好きで時々口ずさみ
ますが。この歌は自由を感じる歌でミュージカル全体はどの歌も人生の激動を生き抜く
ための賛歌のようなものが多いのですが、これは自由こそ生命力を得る最大限のものの
一つだと教えてくれるような歌です。私の名前の一つにも入っていて、「楽しそうで、
立ち直りが早くって、折れない。」みたいな意味の名前です。(モテなさそうな名前だわぁ。
泣。)親がお呪いにかけてくれたので、それを信じようと思います。

ビビデバビデブーやスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスは
何か悲しい気持ちになっている時にはそこから抜け出せるお呪いな気がします。
だって後者はこれを唱えるだけでかなりの集中力が要りますから、それだけで
ネガティブな事実を一瞬にして忘れることが出来そうでしょ。あんまり変な宗教的な
ことって私は好きじゃないんですけど、お呪いにはそんな効力があると思うんです。
秘密のアッコちゃんのテクマクマヤコン テクマクマヤコンでもいいし、魔法使い
サリーちゃんのマハリクマハリタ ヤンバラヤンヤンヤンでもいいんですけど、効果
あるんじゃないのかな(笑)。嫌なことがあってもそれに打ちひしがれて日常を
止めてしまう訳にいかないのでなんかしらお呪いみたいなものって必要じゃない
かなって私は思うんですよ。

特に主婦はそうですね。家族のためにいつも穏やかであるべきって思うんです。
自分だっていろいろあるのにって言いたくなるけど、家の中で守ってもらってます。
家族は学校や職場で集団生活なので大変な時もありますよね。でも帰ってきたら
心から寛げる変わらない場所を提供するのが役割ですもんね。気持ちを切り替える
ための道具はいろいろあったほうがよいと思います。

正直まだ心がひりひりしているので、自分を甘やかすべく、昔シテイで働いて
いた時からよくお世話になっていた日本人経営のお弁当屋さんでおいしいもの
食べてきました。心に体に染み渡るぅ。いつも自分の主婦業にプロ意識を持って
なかったりしちゃうんですけど、食べ慣れたおいしいものってすごい効力ですね。
家族のために私もこうでなきゃ。

ロンドンで見逃した「キャッツ」や父がチケットを持っていたのに会社のアメフト
チームのチアリーディングの練習で(//▽//)見逃した「ミス・サイゴン」の曲なども
聴けて大満足でした。

ディズニーナンバーも素晴らしく、小さなお子さんも多かったのですが、
大人しくお利口さんで観ていられる子が多くって感心しました。お母さんが好きな
ことをお子さんと一緒にっていうのもいいですね。映画からだけではなく、東京ディズニー
リゾート25周年の時作られた曲「魔法の鍵〜The Dream Goes On」は
米米クラブの石井龍也さん作曲だそうです。

レ・ミゼラブルからの選曲3曲は有名なI dreamed a dream以外で、そうか
いっぱい他にもいい曲があったんだなぁって思いました。「オペラ座の怪人」って
すごく耳に残りますよね。

素晴らしいパフォマンスの谷内 愛さん、港 幸樹さん、吉田 純也さん、高野
直子さんでした。ピアノの高野 直子さん。憧れるなぁ。やっぱりピアノをやってみたく
なります。今はダンスレッスンにはまってるけど、落ち着いたら少しづつ少しづつ
練習してみたいです。時々こんなかしこまって背筋がぴんと伸びるような場所に
行くのもよいですね。開演の前から落ち着いた雰囲気の中にも緊張感があり、
こういう空気好きだなって思いました。

今年は2回目の公演だそうですが、また来年いらして欲しいです。
今回前売り22ドル、ドアセールで28ドルとそんなに高くない料金も嬉しかったです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2013-03-04 07:15 | ママの密かな楽しみ | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧