サクラコちゃんに募金を

昨晩あまりのショックにきちんと書けませんでしたが、こちらがNew Zealand
Heraldの記事で(→ )、7歳の日本人の女の子が4頭の犬に襲われ
顔面を含む100箇所以上咬まれて、顔の損傷もかなり酷いようです。
先月もどこでだかきちんと読んでなくって斜め読みしてしまいましたが、生まれて1年も
経たない赤ん坊が犬に殺されたニュースがあったばかりです。
正直「またか。」みたいな感じで感覚が麻痺してしまいましたが、こんなことが
あっちゃいけないと思い記事にしました。サクラコちゃんが一時も早く回復することを
願っています。治療に時間もかかるそうですが、まだ小さいサクラコちゃんが将来
医学の力でいろんなことを取り戻せて、それまでご両親の愛に包まれて
成長出来ることを心よりお祈り申し上げます。


もともとネットであまりきちんとニュースを観ていなかったのですが、今日気づきました。
ショックで申し訳ないながらなんて書いていいのかわからないのですが、出来ることは
これくらいしか思いつきませんでした。

ミドルモアホスピタルにて募金を募っているそうです。→ 

どうしてこういうこと何度も起こるんでしょうね。10年前も犬に咬まれて顔の半分以上を
無くしてしまった子供がいましたし、つい去年も義母の家の近くで犬に殺された人が
いて子供が週末義母の家に行く時気をつけるようにいいました。犬に殺される
事件って毎年必ずありますよね。

危険なタイプの犬種ってなんで飼うんでしょうね。猟犬っていうけど、
猟なんかしなくたって食物自給率なんて300%もあるのになんでって
憤りを感じます。ハンティングなんて危険なゲームでしか過ぎないとしか思えないん
ですけど。そもそもそのハンティングのシーズンだったり、領域だと知らないで
人が入っていって流れ弾には当たらないのか、それに銃を誤って
子供が遊んで誰かを撃ち殺した話も時々聞きますよね。

鴨だって万が一食料に困ったら女の私だって古いパンでもちぎってあげてる
隙に子供と網でも被せれば取れると思うのに。第一そんな食料事情には
そう簡単にはならないと思います。きちんと農作物を育てて、家畜を愛情込めて
育ててその恩恵を受ける生活をしていればいいのにって思います。

親だって四六時中子供を監視しているなんてこと出来ません。多少の
ことは怪我をして覚えることがあっても、これはレベルが違うと思います。

ペットを溺愛する人もいますが、ペットに対しても人に対しても溺れる
くらいに盲目になることなんて本当の愛ではないと私は思います。
多少の迷惑が人にかかることがあっても限度はありますよね。
全く人間以外の動物とは関われないというのも生きている仕組みが
わからない人だと思うんですが。

この国には子供と同じくらいの大型犬が沢山います。あなたはもし
自分と同じくらいの歯の鋭い動物が近くを歩いていたらどう思いますか?
これだけ子育てに厳しい社会を提供しておいて、子供達が大きくなった時
見知らぬ年寄りの面倒をみたいなんて大人が育つなんて思えません。
小さい子を散歩させるのが危険な環境にしておいて、子供を自立させるための
躾けが出来るでしょうか。自立してない大人が他人の面倒をみるなんて
ことないと思います。私が歳を取った時に孫の面倒をみることもあると
思いますが、守ってあげられるかどうか怖いですよね。おかしなことを
おかしいと訴えるべきだと思いました。

このことを無駄にしちゃいけないって思います。胸が引きちぎれそうな
事件ですよね。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2014-03-07 20:44 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧