お酒の飲み過ぎ注意!

雨で出かけられなくって、ぼんやりしてしまうことが時々あるんですけど
ちょっと嫌なことを思い出しちゃいました。

お酒をよく飲んでいた時期があるんです。それによって問題行動を
起こしたとか、お酒がないといられないとかまでってことではないので
アル中レベルではありません。

気になってアル中について最近ウィッキペディアで勉強したんですけど
アル中って怖いんですよ。断酒しか治療はないそうです。
飲まないように周囲の理解も必要ですしね。今日はちょっとだけって
思っても、量が調整出来なくなるので、一切飲まないことしか
対策がないそうです。

数年前のことなんですが、原因は周りから自分のキャパシティ以上の
ことを強いられたからです。それを断ることが出来ずにいて、
自分が無能に感じられて、苦しくて、それから開放されたかったんです。
どうして自分はやらないのに人には大変なことを「あなたなら出来るわ。」
みたいなことを言える人がいるのか私には理解出来ません。やらないと
自分の存在意義が奪われる強迫観念から従ってしまうのだと思うん
ですが、地獄でした。恥ずかしい過去だけど、私と同じ苦しみを持つ
人がいないように公開します。

会社員時代、特許申請課の人が会社の屋上から飛び降り自殺をしたと
聞きました。ノルマがどうも達成出来なかったらしくて遺書に「これ以上の
ことは出来ません。」と書かれていたそうです。奥さんもお子さんもいて
家庭は円満だったそうです。この話を聞いていなければ私もノイローゼに
なっていたのかもしれません。とにかく手っ取り早い逃げ道が欲しくって
お酒に手が伸びていました。

でもこの経験から私は絶対に自分の狭い視野の中で生まれた価値観を
人に押し付けるのは止めようと心に誓いました。怠けるのはいけないこと
だけど、人間休みだって大事だし、限界はあるし、それを全て支配出来ると
思うことが狂気なのだと私は思います。私は自分のすべきことをきちんと
やって、周りの人を信じて、でも誰だってうまくいかない時はあるので
そういう時を見逃さないよう目を離さないで、そんな時一人にしてあげた方が
いいことも多いんだろうけど思い詰めないよう楽観的な気持ちになれる
存在でありたくって、乗り越えた時「よかった。」って思ったり、うまくいった時
一緒に喜べる人間でありたいです。

これを読んで引いた方も多いと思いますが、誰にだって暗闇はある。
違いますか?

良妻賢母で、バイリンガルで元キャリアウーマンで他言語も少し話せて
なんの暗闇もない女性ですと言ったら嘘になります。

でもその小さな暗闇を人生のほんの一部にするために、明日から
また前向きなことを書いていきたいと思います。

お酒に溺れてしまう人を救うためにも、どうしたら日常がつまらないだなんて
思わないようになるのか向い合いたいと思います。

私にも暗闇があります。だからこそ、他の人の暗闇も、個人を責めるのでは
なく、その人が前向きになれるよういい部分に注目出来る人間に
なれればいいなって思います。それがその人がよい方向に向かう
ことだと思うから。

ただ大人として、こういうことはどうかと言うことは書いていきたい
です。個人を攻撃している訳ではないです。子供が大きくなって
だんだんと世の中に出て行きます。親として、自分の子供にきちっと
言って聞かせるのは当然ですが、世の中が乱れているとそれに
流されてしまう危険性はゼロとは言えません。世の中を変えることが
役割でなくても、疑問だと思うことはきちんと声にすべきだと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2014-08-06 09:22 | セルフケア | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧