ニュースの翻訳で勉強②

今回選んだ記事は

「Hodkinリンパ腫の新治療薬の15万ドルの支払いのために
基金集めを願う24歳保育士Sally Xuさんの話」


です。

この記事を選ぶことに抵抗がありました。Sally Xuさんには申し訳ない
のですが、読んでいて癌を患っていた母のことや中高生の時に
いつもお金を心配していた自分が思い出されて、胸がずきずき
締め付けられて、胃までもきりきり痛んでしまい、自分までもが
癌になってしまいそうだと思ったからです。

泣きながら記事を読みました。記事を読むのが辛かったのですが
だんだんと自分もこのことに向かい合おうという思いに駆られました。

癌が怖いものだと知ってなるべく癌にかからないよう食事や睡眠に
気をつけて、適度に運動をして、なるべくストレスを溜め込まないようにと
思っているのですが、異常に気が弱い性格でそれを変えることが
困難であるため、いつかは自分もかかる覚悟も出来てきました。
なるべく家族に迷惑がかからないようどうするべきかシュミレーションも
したし、もし家族がかかったら自分はどうするべきか考えました。

15万ドルは確かに大金ですが、中古の一戸建ての半額以下の値段です。
人一人が一生かかって返せない額じゃない。Sally Xuさんは保母さんという
きちんとした仕事を目指していて(研修が終わったばかりだそうです。)、
小学校からの同級生のご主人はSallyさんのために学校に通うのを止めて
銀行に勤め、通信教育で経済学を学んでいるそうで、助かったら
返済出来る額なんじゃないかと思います。どこかからお金が降りるといいですね。
だって前回紹介した麻薬購入目的の横領事件や株不正疑惑事件なんて
百万ドルのお金が動いてるんですよ。それよりずっと少ない額で人の命が
かかってるのに。「中学生の意見か。」って思われるかもしれないけど
でもそうじゃないですか?

確かにアメリカで10万人に2,3人しかかからない難病なので
投資されないのかもしれませんが、この新薬に対する投資が他の
タイプの癌治療薬の研究にも役立つことはないのでしょうか。

15万ドルというお金は1万人の人に15ドル(日本円にして
1,300円くらい)の募金をお願いするとか千人の人に
150ドル(1万3千円くらい)の募金をお願いすることになります。
私ならもし息子達がそうなったらメディアに出て涙を流して
「一人15ドルの募金をお願いします。」って頼むし、企業主など
お金を持っていそうな人に片っ端から連絡を取って150ドル
募金してくれるように頼むと思います。涙が枯れ果てても、
バカだとか鬱陶しいって思われても「息子の命がかかってるんです。
お願いします。」って言っちゃうと思います。だってじっとなんてして
られないですもん。自分が生きている意味とかわかんなく
なってくるし。ふしだらなことをしなくっても、中年女性の私でも
それくらいのお金を出してくれる誠意のある男性も、同情してくれる
女性も世の中いると私は思います。「治療方法はありません。」
って言われたら諦めるしかないけど、あるのに諦められる訳ない
じゃないですか。もし助かったら勿論息子達に「恩返しが出来るような
生き方をしなさい。」って言います。

次男が小学校2年生の時、同じクラスの女の子のお母さんが肺癌に
かかり、治療費が毎月5,000ドルかかるそうで、学校で基金集めの
イベントが行われたことが思い出されます。それで必要なお金が
全部集まったとは思いませんが、もっと健康に対する意識が変わって
もし社会全体が健康に対する価値観が高くなってくれたら、治療費も
もっと安くなるのかなって思いました。

元記事はこちら → 

元記事にWebを通しての基金(Giveallitle)へのリンクもあります。現在、
こちらを通して2万5千ドルの基金が、友人知人からの援助が1万5千ドル、
先週Botany Town Centerの映画のチケットによる基金で1千120ドルが
集まったそうです。あさって水曜日の夜にクイーンストリートの
Event Cinemaにて上映中の映画「Scarlett Johannson, Lucy」の
チケットの販売による基金集めも行われる予定とのことです。
映画チケットでの基金集めでは大きなお金が集まらないと思いますが
観た方からの口コミでどんどん広がってWebで募金がくるかも
しれないし、企業団体で千ドル出すって申し出てくれる団体も出てくる
かもれないので私なら地道にいろんなところでやるだろうなって思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2014-09-01 09:07 | 私の勉強 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧