選挙投票について思うこと

9月20日(土)選挙ですね。詳しいことはこちらの公式ページにて → 

実は自分の人生の中で選挙に投票したことは一回しかありません。

何故なら会社員時代まだ若いので世の中のことをきちんとわかっては
いなかったし、全員の候補者の演説を注意深く聞くことも仕事に追われて
出来なかったし、その人がどのくらいの実績を持った人物なのか、
また人間的に信用出来る人なのかわからないので、いい加減な一票を
入れたくありませんでした。

投票するのは簡単です。ある意味学生時代のマーク式テストのように
適当に投票者を選ぶことも出来ます。一応投票する権利はあります。
でもその一票に責任を持つべきだと私は思います。

自分のいい加減な一票よりは真剣に広範囲に世の中を観てかつ
政治的専門知識を持った人の意見を尊重させたいと私は思います。

こういうのを「衆愚政治」って言うことを中学で習いましたよね。
衆愚政治というのはいろんな意味がありますが、「判断力の乏しい
民が意思決定に参加することで、議論が停滞したり、扇動者の詭弁に
誘導されて誤った意思決定をおこない、誤った政策執行に至る場合などを
さす。」というのが最も多いケースだと思います。

私は投票権があるというのは全員が投票することだと言う理解ではなく、
誰でも投票する権利があるというふうに受け止めています。

よく投票率がどのくらいっていいますが、私は国が好景気で仕事が
忙しかったり、戦争や災害もなく穏やかな状況にあった時は
政治に無関心な人が多くても仕方ない気がします。国をリードするのは
行政だけでなく企業経営者もその役目を担っていると思います。
不景気で失業したり、戦争や災害時にはその対応に期待して
政府への関心も高くなって投票率は高いでしょうね。稀に注目を
得るために戦争を煽るような発言をする議員がいますが、そういうの
困りますよね。

私も今は社会人経験もあり経済概念が発達して、子育てもしてきて
福祉教育などの意識も芽生えて、もう少し政治にも関心を寄せて
きちんとした自分の意を持った一票を投票出来る大人になりたいと
思います。

もっとお若い方でも真面目に政治を学ばれていたり
広範囲に世の中を見れる方ならきちんと投票されるべきだと
思いますが、いい加減な一票は逆に社会悪だと私は考えます。

私は実際「誰が」政治をするかということより、いちばん大事なのは
「どんな」政治が行われているかということだと思います。常日頃から
関心を寄せることが大事ですよね。

今回から投票しようと思います。自分のたった一票なんてなんの
重みもないように感じてしまいますが、でもこの投票を機会にもっと
政治に興味を持って自分が社会とどう関わっていくべきなのかを
自覚するだけでも意味があると思っています。自分にとって利益の
ありそうな政策を掲げている人ではなくって世の中全般的に見て
今の情勢からこの人が適任そうだと思える人を選びたいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2014-09-08 10:08 | 私の勉強 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧