正しい言葉を教える

私はこの国に住んで16年になるのですが、スラングはよくわかりません。
わかる必要はないと思っています。そこまで英語圏の人達に媚びる
こともないと思います。

ユーモアのセンスっていうのはそういうところではないと思っているので
頭ががちがちな訳ではないんです。「健全に」遊ぶことも生活の
中で大事にしていることです。人付き合いの意味でも重要なことですよね。

日本語でも英語でもなるべく丁寧な言葉使いをするようにしています。

私は隠喩的表現で嫌味を言う人が嫌いです。卑怯で陰険だと思います。
相手に反論する隙を与えなかったり、同調してくれる人を募るような
言い方ってフェアではないと思います。何か問題があるのなら、その人に
はっきり言うべきだと思うし、言えないのなら黙るべきだと思います。
私自身なるべく言わないようにしています。言う程でもないなぁと思うことが
多いからです。でもこれはって思うことは相手の方に配慮しながらも、
なるべく感情的にならず明確に自分の気持ちを伝えて「絶対に自分の主張が
正しい」と相手に反論をさせないなんて態度で話すことはありません。
相手自体を否定していないからです。心ではバカにしながらも媚びへつらう
のではなく、なるべく友好関係を保ちたいからこそそういう方法を選んでいます。

絵画や歌など芸術作品を通して隠喩表現が用いられるのは逆に美しさを
感じます。作品に不思議な魅力を持たせてくれて人が惹きつけられて
日常にある大切なこと、戦争など倫理的に否定すべきことを説き伏せるのでは
なくって自分で理解出来るよう伝えることが出来る技法だと思います。

私が嫌いなのは政治的なことや個人的利害関係での発言で隠喩表現を
使う人です。ついでに言うと、飲み会で周りの人を笑わせようとして下ネタを
言う人には素直に笑っておきますが、職場などの議論の場で相手を
黙らせようとして女の私が不愉快に思うだろうエロい表現をする人が
いました。あんまりそんな人いませんが強烈に大嫌いです。
そういう人って女性が仕事が出来ると自分の地位が危うくなると思うのか
卑怯な態度にでますよね。自分が仕事頑張って、追い越せばいいのに。
女性の中にだって生活がシビアで自分で生計を立てるために頑張っている
人だっているのに酷いなって思いました。当時はリアクションしたら
負けだと思って我慢してましたけど。仕事のことが気に入らないから
私のことを「デカい女」呼ばわりして「誰々ちゃんは可愛い」という男性社員も
7年間のOL生活で3人くらいいました。私だってその人から可愛いって
思われたかった訳ではないのですが、でも気分が悪いですよね。
雰囲気が悪くなるとまずいので「◎△さんも体格いいですよね。昔スキー部
だったんですか?どこで滑られるんですか?」とかかわしてましたけど。
職場をなんだと思ってるんでしょうね。

世の中受験戦争に勝つためだけに勉強をしてきて、人間性を置き去りに
育ってきてしまった人もいるって会社で大勢の人と出くわすと学びます。

私だって出し抜いて自分が目立とうと思っていた訳ではありません。
ただ仕事がうまくいかなくって自分の部署がリストラにあって
子会社に出向になって、そこが倒産したら収入がなくなるので必死で
働いていただけなのに。

女性社員を叱るのは難しいと思われるのか、日本で会社員をしていて
仕事上のミスを叱られたことが一度もないんです。私はミスで叱られた
のならごもっともだと思うし、すぐに修正するとかフォローしてくださった方に
お礼をするとか、その後の反省材料にするんですけどね。逆に仕事を
頑張ってる時の方が嫌なことを言われることが多いのが納得いきませんでした。

勿論そんな変な人ばかり職場にいた訳ではなくって男性同士だって上司に
媚びへつらうだけが得意な人の仕事が評価されたり、逆に技術力の高い人程
人間関係的には器用ではない上に上司からしてみると自分の地位を脅かす
存在として疎まれたりしていたりしてましたけどね。

今嫌なことばかり書きましたが、私はそういう実力で頑張ろうとしている
先輩達には仕事でつまづいた時にはさり気なくフォローをしてもらってたり
人の嫌なところを見るのではなくって、見習うべきところみるべきだと
つくづく思うんですけどね。

言葉によって人って不愉快な思いをすることも多いので、子供達には
人と協調したり、情報を得るための道具として、きちんとした話し方の
出来る子になってほしいです。

スラングを使ったり、地方特有のアクセントを使うのはその人が
その人の柔らかみを出そうとしていることだと思います。
でも本当に理解出来ないこともよくあって、居心地の悪さを感じて
しまうこともあります。

英語圏で生活をしてみて、日本国内での地方の方々の気持ちも
わかるようになったのですが、それでもなるべく共通語で話される
努力をしたほうがよいと思います。器用じゃなくても不器用でも
言葉の中に人柄というものは出るものだと思います。私だって
「てにをは」のおかしい日本語みたいな英語を話していますが
内容には誠意があるつもりです。なるべく人が楽しい気持ちに
なれるよう肯定的な部分に注目して人と話すように心がけて
います。

このことで思い出すんですが、Spray and walk awayの
CM(→ )のアジア人のおじさんの英語が思いっきりアジア訛りで
にやにやしてしまうのは私だけでしょうか。このCMアジア人を
バカにしてるのではないと思いますよ。中国人の方々はこんなふうに
思いっきりがいいので日本人の方々も発音にコンプレックスを感じずに
いっぱい話したらいいのにって私は思いました。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2014-10-10 08:58 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧