10月の一人ランチ

最近もう一人女子力高い人発見(笑)。

友達からの又聞きなんですが、結婚年数は私と変わらず
お子さんも息子さん二人いらっしゃるんですけど、ご主人と
すっごくラブラブカップルなんですって。

彼女が心がけていることは「一緒にいると楽しー。」って言うこと。
実際そんなでなくても(笑)、そう言うとそうなるんですって。
そりゃそうだ。ご主人嬉しいでしょうし、優しくしてくれるでしょうね。

普通の女性に見えて(ちなみに堅い仕事をしています。)、私も
彼女を可愛いって思ったエピソードがありました。ご主人に車の故障を
診てもらった時の話なんですけど「あー、そういう頼み方したら、
ご主人も面倒がらずにささっとやってくれるよなぁ。」って思いました。
うちの夫は何故電球を代えるのにそんなに日にちがかかるのかが
わかりました。私も決して横柄な態度で頼んだ訳ではないんですけどね(笑)。

こういうのって小ざかしいテクニックではなくって見習うべきことだなって
思うんですが、、、、、、私そんなこと夫に言えない。将来再婚出来たら
参考にしようと思います。

「酷ーい。」って言われるかもしれませんが、過去に離婚したいって
思った時踏みとどまっただけでも責任感はあると思います。
理想ではないってわかってますし、その原因になったこととか
もう記憶になくなりそうなくらいこだわってはいないんですが、
でも試練を経験して夫が楽しいことは共有したいけど辛い時
寄り添ってくれる人ではないことは残ってしまい、向き合ってくれた
人のことを忘れることなんて出来ずにいます。

だって当時自殺を試みてはいなかったけど、「子供達のためになんとか
元気になりたいけど死んでいいんだったらこんな楽なことないなぁ。」って
思うくらい苦しかった。人はどうして自分に出来ないことを他の人に押し付ける
ことが出来るのかわかんないです。人それぞれ役割分担があるのに。

そういう人間を弱い人呼ばわりする人もいるかもしれませんが
「じゃあ、あなたも私がやってきたことやってみて、その上でこれも
やらなきゃいけないってプレッシャーをかけられたら本当に
耐えられますか?」って聞きたいです。絶対言い訳したり、なんとか
言いくるめようとする筈。実際里帰りで元同じ仕事をしていた友人に
話したら「辛かったね。」って言ってくれました。

どんなに苦しくても毎日はやってきて、子供達には幸せな毎日を過ごして
欲しくって頑張って笑顔で過ごして、周りの人にも悟られないよう
明るく振舞って、でも本当は辛かった。泣くことも許されないくらい
時間に追われる過酷な日々を送ってました。「誰だって辛いことなんて
あるよー。」なんて言う人にはわからないと思います。同じ重度の
辛さを味わった人はその一言にその人が絶望を感じたら怖いからです。

私なら「なんにもしてあげられなくって申し訳ないけど、私に話すことで
楽になるなら話して。辛かったんだね。」って言います。その人の
心に蓋を被せたら、一生辛い気持ちが出て行ってくれないと思います。

「死」なんて容易く言っちゃいけない言葉だってわかってます。
でもそのくらい辛かったことだから、忘れようとして実際記憶の中で
小さくなってきてるけど完全になくなるまでにはもう少し時間がかかると
思います。

その思い出を振り払うように踊ってきました。でも今でも仕事を始める時
ちょっと「怖い。」って思っちゃうんです。

仕事をすること自体は嫌ではないのですが、出来ない法外な量を
押し付けられた時の対策は必要で、この事実から逃げられずにいます。
人って親切心で「これやります。」って言うと「じゃあ、これもお願い。」って
どんどん押し付けて「ちょっとここまでは出来ないんですけど。」って
言ってるのに、「出来るわよ。」って言いくるめる人がいて、「不公平
じゃないですか?」って言うと怒って、でも時間が経って自分の間違いに
気づくと「私はバカだから。」って開き直る人っていますよね。
気の強い人は「気にしない。気にしない。あはは。」って言うかもしれないけど
世の中私みたいに気の弱い人間もいるんです。私だけじゃないと思う。

次は「死んでいいなら楽だな。」なんて思わないけど、年齢的に
ストレスで癌が発症しそう。それならいっそ働きに行かないで
家にいた方がいいのかな。

自分が幸せでないと世間のよくないことに必要以上に棘を立てたくなる。
「私はいつも人のために自分を押し殺して我慢してるのに。」って
気持ちになってしまうからなのでしょうね。そんな卑屈な人間になるより、
幸せな自分をイメージする方がましだと思うんです。

でもこんな自分を愛してくれる筈もないので、この過去に打ち勝ちたい
自分がいます。今の自分を変えて新しい自分にリセットして、
将来新しい生活を始められたらいいなぁって思います。

私だってもっと平凡な人生を送ってこんなことを考えなくっていい
んだったら幸せだったと思います。でも未成年で家族が二人病気って
あんまりない状況ですよね。普通の女性の収入で将来が成り立つとは
思えませんでした。男性みたいに土木作業員として働くことも出来なかったし
風俗に身を落とすことも嫌だった。風俗嬢になってなんとか
お金が払えたとしても、すれっからしになっちゃった私のその後の
将来に何があるのか考えたくなかった。その思いから男性と同じ
収入が得られる道を選んで且つ海外事業にも参加出来るよう
英語を頑張っていたんです。でも正直そんな生き方に疲れてました。

こんなこと人に話したことがありません。白い目で見られることがわかってる
からです。でも実際にそういう経済的ピンチにあった時どういう逃げ道が
あったと思いますか?あなたは病の家族を放っておけますか?
お涙頂戴なことを書いてやらしいって思われても構いません。
今同じ状況の女の子がいたら踏みとどまって欲しいから。彼女にだけ
メッセージが届けばそれでいいから。大人になって世の中の仕組みが
わかった今言えること。そんな生産性のないことにお金がまわる筈が
ない。経済の仕組みはそんなふうに出来てない。その子に「そんな
ことする必要ない。大丈夫だよ。自分が得意なことを信じてずっとやったら
いつかちゃんとしたお金がもらえるようになるよ。」って言ってあげられる
ような大人になりたいです。

変な道を選ばなくてよかった。でも、まともな方法を選ぶのなんて半端な
ことではないです。男の人の多い職場で働くなんて男の人より頑張らないと
仕事を認めてもらえないし、あんまり頑張り過ぎてるとよく思わない同僚が
います。いつも着実な仕事をしながらも出過ぎない目立たないが鉄則でした。

普通の女性の普通の感性で生きてないってわかってます。普通じゃないって
ことが日本で嫌われる要素だということもわかってるから、なるべく自分の
中にある普通の要素を前面に出して生きてきて、人に同調するように
心がけてきたつもりです。

人からはどう思われるかわかりませんが、でも私の中ではあんな状況下でも
変な道を選ばず未来を信じて明るく生きていたことが自分が生きていく上での
自信になっています。あの状況をくぐり抜けたのだから、これからもどうにか
なるだろうと。でも実際自分だけではくぐり抜けられない状況がありました。
そこを助けてくれた人は私にとって大事な人です。

今を生きることも大事にしたいから、出来る範囲で自分が出来ることを頑張って
子供達にも私達なりのきちんとした家族の姿を見せてあげたいと
思います。いつかこんなことがあったってことを完全に忘れるくらい
沢山のいい思い出を残したいし、自分が誇りに思えるものを持っていたい
って思います。

苦しい経験だったけど、真面目に頑張ってる人が「これ以上のことは
出来ません。限界です。」って言った時、「あっ、大丈夫ですよ。
他のオプショオンあります。これでいきましょう。」って安心出来ることの
言える人間になれるためのステップだったと思いたいです。

これを言った時その人が自分の存在意義がなくなるなんてことを
考えずにそこまでやってきたことに誇りを思えるような言い方の
出来る人間になりたいです。今科学技術翻訳のための勉強もしていますが
ただ訳すだけでなくその裏にある頑張ってる人達の支えにもなれたらと
思います。科学者だって報われない人達が沢山いますもんね。

自分が風邪も胃腸炎も起こしたことがなければ人の看護が出来ない。
それと同じことでもあると思います。

① サラダパスタ → 
    庭のレタス使いまくりです。

② スモークフィッシュパイ → 

③ ツナとセロリとビートルートとレタスサンド

④ Multigrainの卵レタスサンド
     リンゴ、キウイフルーツ、オレンジと一緒に。

⑤ 鮭又は貝類(ホタテやマッスル)と人参と干し椎茸の炊き込みご飯と卵豆腐、アスパラガスの胡麻和え

⑥ アスパラガスのロールサンド → 

⑦ アスパラガスとゆで卵入り春サラダ → 



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2014-10-22 07:31 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧