決心

子供がいるのに前回の記事を書いたこと非難される方もいらっしゃるかも
しれません。

まだ未成年の息子達のことは最優先です。でも、学校のこと以外にも
家族のことをきちっとするのも息子達の人生に影響する大事な
ことだと思います。

それは社会的体裁を守るってことじゃない。

本当に大事なことは何なのか。幸せそうに生きている親の姿を見せることも
大事なことだと思います。

こういうことを書くと夫はどうなるのか非難されると思います。でも夫の
両親は夫が15歳の時に離婚しているのですが、義母は結婚していない
義弟と暮らしています。夫もそういう人なのだと思います。
長男と仲良しなので、それだけは守ってあげるべきだけど私に対する
執着心はなくって、ただ今は私の父親みたいになってます。

ずっと前に将来別れることに関して同意してくれていました。
今回の検査の経過で私のことを自由にしてあげようという気持ちに
なってくれていると思います。今までのことに対する埋め合わせのつもりで
別れるまではきちんと支えてくれようともしてるみたいです。

これを書いて呆れられて当然だと思うんですけど、義弟は未熟児で
産まれて視力に問題があって学校で苛められて引きこもりでした。
夫は長男で頑張ってきたのだと思います。私もここでいろいろ
頑張ってきたつもりですが、ネイティブの夫の方がいろんなことが
ケイパブルで夫もその負担を背負った結果こうなってしまったのだと
思います。でもネイティブとノンネイティブの力関係にありがちで
なんとなく夫が強くって私はいつも従わざるを得なかった。これも
愛せなくなった原因です。

夫は社会の身勝手の犠牲者だと思います。家族を守るために
一生懸命働いてきて疲れて家に帰ってはテレビやネットを見ては
現実逃避をして、私とコミュニケーションすることは出来ませんでした。
ネイティブとノンネイティブの力関係の歪は学校にもあって、私も
自分で乗り越えようと思いましたが出来ませんでした。

ネイティブの人にノンネイティブの痛みはわからないし、中国人や韓国人の
ように大勢でわぁーっときてコミュニティを作って固まって英語が話せない
大人がいたり資金力でこの国の市場を荒らしてしまう苛立ち、学力偏重
主義で子供は勉強がトップで保護者を脅かしたり、そういうことから来る
アジア人差別の板挟みにも耐えてきました。

子供のスペイン語学習も親である私や夫がIT系で口が達者では
ないので、もともと英語でも達者ではない息子達には私が家で
教える必要があったし、他の勉強もそうでした。

プログラミングの1000行ステップに耐えた私には、もうそこで頭を
使い切ってて、英語で全て勉強を教えることも、スペイン語を
学ぶことも大変でだんだん人間が弱ってきて、学校でも家でも
ただただ従うしかなくって自分の意志なんてなくなってしまいました。

ジュディ・オングさんの「魅せられて」という歌があります。私はこの歌は
頭のおかしい歌だと思います。ジュディ・オングさんの気持ちを歌った
歌ではないと思いますが、マルチ・リンガルの才女であるジュディさんは
本当にこの曲の歌詩はわかっていらっしゃったのでしょうか。
ジュディさんはこんなことを歌っても誰も気づかないほどの美貌を
持ち合わせた方だと思います。私は英語以外の言語はちょっとしか
出来ないけど、この歌の人みたいな倫理観のない人間ではないです。
それは社会的因習に従うってこととは違うんですけど。

海外駐在員さんはいろんな国で勤務されていて大変だと思います。
でも私と同じ1000行の式を追いかける苦しみは経験していませんし
結構な額のお給料を貰ってらっしゃると思います。皆がマルチ・リンガルに
なる必要はあるんでしょうか。私は負担はそれぞれの専門性として
分割して助け合うべきだと思います。

学校の先生の中で専業主婦を苛める先生もいます。なんか
楽しているように見えるのでしょうね。でも私は若い頃毎日朝から
夜まで仕事をしていて土曜日も出勤して残業代もカットで
先生は夜仕事をすることなんてイベント以外でほぼないし
学校休みだってすごく長いですよね。若い頃の激務で体が弱く
なってしまったので、そのまま仕事をするのは辛いし、SEの仕事は
家に帰ってきてからも「どこが悪くてうまくいかないんだろう。」って
頭から離れないし、母国語でないところで暮らしているので
生活周りが楽ではないこともあって子供と一緒に勉強してました。
夫は仕事で忙しかったのですが、家を私がきちっと守っていたから
こそ出張も残業も出来た筈で、夫も大変だけど自分がしたい仕事が
出来ていたと思います。学校のボランティアも沢山しましたし
快く引き受けさせていただいたのに、こういうバカにした扱いは
ないなぁって思ったことはよくあります。

夫に同情すべきところも感謝すべきところも尊敬するところもあります。
でも、それは女性として好きっていう感情とは違います。人の心って
そういうものではないですよね。今は息子達の年齢的なことを考慮して
行動すべきだと思いますが、でも嘘の自分を見せ続けることが
息子達にいい影響を与えるとは思えません。そういう生き方をすると
彼らにも嘘の生き方をさせることになると思います。

叶えたいことがあります。その前にきちんとやらなきゃいけないことが
あります。それとうまく付き合いながら少しづつと叶えていきます。
絶対に。

世間にも言いたいことがあります。もうこれ以上のことは出来ない。
限界を感じています。自分達の世代がやるべきことはやってきたし、
今介護の仕事をしているのはきちっとやりたいと思います。
でもそれ以上のことはこれからの人に任せていくべきだと思います。

社会の中で生きてくことに重きをおくだけが価値あることじゃない。
自分にとって大切な人達を守ることそれが生きる意味なのでは
ないですか?



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2015-08-27 03:25 | 家族や友人のこと | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧