時代に合わせた躾

15歳、12歳の息子の部屋の掃除についてなんですけど、
もうそろそろプライバシー的に部屋に入るのはどうかとか
昔はあったと思うんですが、今の時代は全てネットに
プライバシーが隠されていると思います。

私達の世代はテレビ世代で、テレビ局の人の倫理観によって
子供達の悪影響が少ないようにとか時間的管理って
あったと思います。

ネットはそのセキュリティーが弱いので今の子達はネットで
暴力や性的情報などをビジュアル的に低年齢から
観てしまっていると思います。

私はそれを予測していたので、注意して聞いてくれる
12歳前までに詳しい話ではなくって外回り的なことを
話しました。例えば性的な話を親がするのは嫌悪感が
あると思うので、低年齢で子供が出来るとどういう問題が
あるのかっていうことを話したのと、微妙ですけど女の子と
個室に入るのは止めようねくらいのことはいいましたよ。
あとで何故お母さんがそう言ったのかはわかると思います。

ネットも勿論悪いことばかりではなくって、今の子は
動画で勉強をしているので、生物学とか社会学とか
私達世代より数段よりよい効果で学習出来ていると思います。
言語学習もネットのソフトで出来るのでカセットなんかで
学習していた私達よりはるかにレベルが高いです。

昔と違って電話で子供達同士あまり話さないので
親が聞き耳を立てて様子を伺う訳にもいかないですよね。
今はほとんどTXT時代です。

私は極力ちゃんと様子を見て健全さの具合とかを
観察するようにしています。

それに加えてなるべく少しでもいいので毎日話したいですね。
「なんか変。」は早くキャッチしてあげたいですね。

子供のことがわかんないけど、家の中になるべく健全な空気を
入れてあげたいし、なるべく母親である私が朗らかに過ごして
いることも大事なんだと思います

部屋の中にはプライバシーがない分きちんと片付けたり、
掃除をする教育が出来ると思います。

私は理工学部に通っていたのですが、男子が多くって部室とか
ゼミの部屋とか汚くって、すごく嫌でした、、、、、(T T)。
よく部室で飲んでて、そのまんまとかで次の日に入るとにおいに
「うっ。」ってくるんです。

ゴキブリがいたこともあって私が引いてたら男子達が殺虫剤を
スプレーしながらライターの火で殺してました、、、。
(絶対マネしないでください。)

仕方ないので黙って空き缶や空き瓶、ゴミを捨てて片したり
食器を洗ってテーブル拭いたり床を掃いて掃除したのに、
教科書とか資料まで置いていってる図々しい男子に場所を
移動したことを文句言われたり(泣)。感謝して欲しいとは
思わないけど、文句言われるとむっとしますよね。

後輩の男子に「共同の場所なんだからちゃんと片付けるのが
ルールじゃない。」って言ったら、「この汚い感じが落ち着くんです
よねぇ。」って言われました。

基本的に汚いところに慣らすのがよくないのかなって思って息子達には
教育してきたつもりです。

小さい頃は出来ないので、「ママと一緒にお片付けしよう。よーい、
どん。」って言ってもちょっとだけだったり、最後の一個を必ず
させて「わーい、よく出来たね。きれいになると気持ちがいいね。」って
言ったりしてましたけど、継続して躾けて、子供がやる割合を
増やさないと駄目ですね。

あんまり潔癖過ぎるのもどうかと思いますが、でもちゃんとなるべく
きれいにするべきだと思うし、事情で出来なくって人にやってもらうのなら
感謝する態度を示すべきですよねぇ。

それとこの国は覚せい剤がアメリカほどではないと思うのですが
日本より一般的なので気をつけてあげたいと思います。「この人が?」
みたいな人がだったりするのでぼんやりは構えない方がよいと思います。
勿論学校でも指導がありますし、親もきちっと子供と話すし、
そのことにフォーカスするより健全なことに集中させるとかそういう
努力が必要なのだと思いますが。

もし見つけてしまっても、ここではさすがに書けませんが、
助けを求めるべき公的機関には速やかに届けてなるべく
重症化しないようにしてあげたいと思います。その時には
ブログなんてしてる場合ではありませんね。そうならないよう
ちゃんと見てあげたいと思います。

よく恋人やご主人の携帯の中を見るのが云々って話を聞きますが
私は息子達のネットにはあまり介入しないようにしようと思います。
勿論使用許可する前に人が気分が悪くなるような投稿をしないとか
誰かが自分が嫌な気持ちになるようなことを書いてきても相手に
しないとか、執拗な場合には親に相談するとか、暴力、性的映像を
見ないとか注意しましたし、時々念を押しています、でも
実際の中身は見ません。

どんな映像を観ていても、それに対して変な行動があってはいけないし、
ある意味暴力シーンに対しての耐性はなくてはいけませんよね。
暴力から身を守る意味で観て欲しいと思います。

青少年について見るべきところはどんな情報に晒されているのかより、
彼らの言動だと思っています。

あまり忙しくし過ぎるとそれがキャッチ出来ないので気をつけないとなぁ
って思います。仕事を頑張り過ぎてもいけないですね。きちんと
育てれば将来息子達が外で頑張って働いてくれると思うし、そうであって
欲しいと思います。

あまりから騒ぎするのも恥ずかしいことだと思うのですが、でも
なんか大ごとになるよりましですね。意外と話してみると大笑いされて
「あるある」だったりしますもんね。

子供を産む前までは人に助けをかりるのは迷惑をかけるよくないことだと
思っていたのですけど、育てていくうちに大変だと思うときには助けを
求めた方がいいし、そのことに感謝すべきだし、自分も人を助けられる
人になりたいって思うようになりました。一人で抱え込んで、悪い事態に
進んでいくよりずっとよいと思います。

子供でも次男のことで大変な時は長男が家事をさり気なくやって
くれてたりするし、長男のことでめげてる時は次男が優しい言葉を
かけてくれるので人間そういうもんですよね。

勿論「信じる心」も大事だとわかっています。
[PR]
by pukeko-p | 2015-10-15 10:14 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧