ハルとナツ 届かなかった手紙

このドラマは米倉涼子さんと仲間由紀恵さん主演で2005年にNHKで
放送されました。私はもう日本に離れていたので、このドラマを観て
いません。観たい日本のドラマの一つです。

米倉さん演じるハルはブラジルに移民しています。私も他国に
移民しているので興味深いなって思いました。

でもブラジル移民って私のような現代のニュージーランド移民と
違って生きてく厳しさが全然違う気がして、勇気をもらえそうだと
思いました。

私自身は若い頃オフィスでITの仕事をしていたり、家は経済的に
苦しくてもお金持ち出身でお嬢さんだった母に育てられて
どこかそういう逞しさには欠けていたり、両親が父が37、母が32と
その当時にしてはちょっと歳を取ってからの子だったので過保護に
育てられてやや神経質なとこがあったり、ブラジル移民の逞しさに
憧れます。

今の自分を変えたい。そういう気持ちの表れなのかもしれませんね。

180度変えるつもりもないし、無理をしても体にも精神的にも
よくないと思うんですが、私家族の病の経験を引きずって
心配性過ぎるのかなって思います。

もし万が一後何年も生きられないとしてもそれなら尚更不安って
思うことに時間を無駄に出来ないし、もしそうでないならばかばかしい
時間。一応きちっと自分の健康状態を把握してお医者さんに
話したら、通常は毎日精一杯生きていきたいと思います。

これを読んで私に対して否定的なイメージを持たれた方、当然の
感情だと思います。私自身私みたいな人を増やしちゃいけないと
思って書いてます。昨今の高齢出産化、父親の高齢化が何故よく
ないことなのかという反面教師例として、事実を提供しています。

こんな私でも息子達にとってはたった一人の母親です。なんとか
自分を庇って生きていきたいと思います。

今回のオリンピック日系移民の方日本の活躍を期待していると思います。
リオの治安の悪さやジカ熱など懸念事項はありますが、十分に
注意されて頑張って欲しいですね。

ジカ熱は妊娠中に感染すると小頭症の子供が産まれる「疑惑がある」そうで、
報道陣を含め若い女性達が心配されていますが、感染後に期間を置いて
からの妊娠に対しては記述がないように思います。もし感染後も影響が
あるのなら若い女性が行くのは止めた方がいいでしょうね。ただでさえ
犯罪率は高い都市で強姦罪件数も高いそうですし、注意が必要だと
思います。

私は医師ではないのでわかりませんが、Wikipediaによると去年12月からの
流行だそうで病気自体はデング熱より軽いそうです。

医師ではなく出産経験のある一般人女性としての意見ですが
一般的には感染症に関しては治癒して時間が経ってからの
ことが胎児に影響することはないように思います。普通は妊娠中の
感染、特に妊娠初期まだ妊娠していることに気づかない時の
感染が胎児の障害に繋がりやすいようです。私は下の子を
妊娠してそれを病院で診断してもらった8週の数日後に
帯状疱疹がこめかみに出来て心配しました。でも特に
子供に影響してはいなかったようです。

医学に面することを否定的に捉える人もいますが、他人を心配
することはそれにより正しい情報を得ることで自分や身の回りの
人を守ることが出来ます。自分に対する不安も取り越し苦労
だったとしても、それは無駄ではなく過ぎ去ればもっと冷静に
その状況を咀嚼出来て実際にそれが起こってしまった人に
穏やかに対応出来ると思います。自分もそうなるかも
しれなかったという思いがある分、その人の気持ちも想像が
つくのではないでしょうか。

話は「ハルとナツ」に戻りますが、遠く離れてしまった二人。
「会いたい、一緒にいたい。」大切な人を思う気持ちは
誰も皆変わらないと思いますが、それより何より「元気で
いて欲しい。自分を誇れるような生き方をして欲しい。」って
思うことが第一。

否定的事実から逃げないできちっと立ち向かって生きることは
なんでもない日常を感謝すること。自分や周りの人を
大切だと思う気持ちが強くなること。

お酒飲んでバカ騒ぎするとか、いろんな異性とふしだらなことを
するとか、贅沢な暮らしをして周りに自慢するとかそういう
くだらないことを面白いなんて思わなくなります。コミュニティに
いつもぶら下がっていないと不安って人は社会の中で働くことに
より人が助け合って生きてるって実感のない人。義務教育を
修了したいい大人がそんなのおかしいと思います。

私は与謝野晶子さんの作品はよく知りませんが、でも
戦争に向かう弟に向けて言った「君死にたもうことなかれ」には
愛を感じます。その当時は批判された言葉だそうですが
狂った世の中に一石を投じる勇気ある女性の一言だと
私は思います。

話を重くしてしまったので、全然違うこと書いちゃうんですけど(笑)、
猫ひろしさんって何故カンボジアを選んだんですか?
前回のオリンピックでも騒動になってましたよね。なんとなく
映画「クールランニング」を思い出してしまいます(^m^)。

でも猫ひろしさん、日本国籍を失って日本には年3か月以上
滞在出来なくなるのでは?本当にカンボジアにずっと住む
生活を選んでよかったのか、そういう人が増えないよう
きちんと注目すべきことだと思います。私のように日本国籍で
ニュージーランドの永住権を持っている人は両国に滞在期間の
制限はありませんが、国籍の変更はそういうリスクがあることを
きちんと理解すべきです。でも永住権では国の代表選手に
なることや議員になることは出来ません。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2016-04-11 03:17 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧