動画サイトの規格について思うこと

元SEだった感覚から書いているんですが、動画の無料アップロードの
長さを1分半までとかにしたらいいんじゃないかなって思います。

映画なんかも丸ごとアップロードされていて、著作権とか全く
無視されているので、これから映画を作成するのってすごく
ビジネス上難しいことだと思います。それっていい作品が
出てこないことで視聴者にも不利益なことだと思います。

歌手の方々も困りますよね。

映画の予告や曲のプロモーションって1分半でいいんじゃないでしょうか。
歌手の方々のライブ映像紹介やイベントハイライトなどオフィシャルサイトで
流されるのもいいと思うんですが、それも1分半くらいでよいですよね。

18歳以下の子供に見せたくないような猥褻映像を減らすためにも
いいことだと思います。今までも削除されたりしていたのでしょうけど
なんとなく1分半でアップロードする気になったりしなさそう。
(私は観ないので、ちょっとそこら辺の心理に確証はありませんが、、。)

テレビ局が長く動画をアップロード出来る特別アカウントがあったら
いいですね。映像倫理や作成に携わる方々の収入保障を考慮する
面でもいいと思うし、スポンサーを管理する面でも有効かと
思います。

昨今のテレビ番組ってネットとの競争なのかちょっと強烈過ぎるものが
多くて、それが世の中にも悪影響を及ぼしていると思います。
「何歳まで処女なのは恥ずかしい。」とか性経験人数が多いことを
誇ってるかのように話す人もいますよね。私は最近の若い人は性に
開放的過ぎると思います。子を持つ親として性病の蔓延とか心配です。

恋人に対して「危険日だから嫌。」って言うのが恥ずかしいって
言うのは問題あると思いますけどね。避妊具は100%確実では
ないので若い人は不安ですよね。私は言ったことないけど
お互い大好きで自分のために一生懸命働いてくれて浮気しない
って言ってくれる彼にだったら「今日安全日だけど泊りに行って
いい♡?でもちゃんと着けてね♡。」くらい言えた方がいいと
思います(笑)。

羞恥心を感じるべきところと頑張って取り払おうってところが
昨今間違ってると思うんですよね。方向修正すべきじゃないかと
思います。

もっと子供達が朗らかに学校で話題に出来るような番組を
放送したら、いじめも減るんじゃないかと私は思います。
現在ネットで親は親で動画を見てたり、子供はゲームをやってたり
だと思うんですが、一緒に楽しめる番組の時代に戻る
べきではないでしょうか。

ネットの動画のいいところはオンデマンドでいつでも
観たい時に観れるところ。面白そうな番組をやっていても
時間の都合で観れなかったり、録画をするのが面倒だったり。
どんどん観ても構わないものはテレビ局のサイトでそうして
もらえるといいなって思います。

ついでに言うとよく「お住まいの国では観れません。」みたいな
メッセージが出て寂しい思いをすることあるんですけど、あれ
なんでなんでしょう、、、。海外にいるからこそ日本のテレビが
恋しいのに(泣)。外国人が観たらなんかまずいことがあるのか、
でも日本でも外国人の方観てらっしゃいますし、意味ないです
よね。逆に海外進出の邪魔になるのでは。

日本のNHK教育テレビやラジオって素晴らしいと思うんですけど
あれをもっとオンデマンドなスタイルにするといいと思います。
既にそうなってます?私が住んでいる国では語学レッスンとかの
番組はないです。DIYとかガーデニング系の番組ならあります
けどね。

R18なビデオは青少年への影響を考えて、やはりビデオショップで
取り扱われて欲しいと思います。今猥褻映像ばかりを書きましたが
暴力シーンや残虐なものなどもあまり子供達に観せたくないと
思います。

またネット上の決まりというか道徳上常識だと思うのですが
個人の誹謗・中傷はあってはいけないことです。タレントさんも
人間です。バーチャル上の架空の人ではありません。
例えば個人的な揉め事は個人で解決すべきことだと思います。
麻薬事件などのように刑事事件のレベルでない限り大勢で
その人の評判を下げて仕事に支障が出ることがあっては
ならないと思います。

人間間のトラブルにおいて行為を問題視することも必要だと
思いますが、個人を攻撃することは裁判官とかそういう仕事を
しているのでなければ人としてしてはいけないことです。
そのために小説やドラマ、映画などのフィクションが存在
するんですよね。

こういうことってネットの出現前からワイドショーやゴシップ雑誌
などで取り上げられてますが、多分自分が不幸なことをそういう
ところでぶつけるのかもしれません。でも、そんなことをしても
幸せになれないですよね。怒りの矛先が違うんじゃないかな
って思います。自分と逃げずに向かい合うことが幸せになる
ための定石なんじゃないでしょうか。

ドラマや映画は愛憎劇による殺人や心中を防いだり、病や
災害が襲ってきた時や子供の障害にどう立ち向かうのかという
ヒントを与えてくれたり、何もない日常に感謝出来たり、
極道、カルト宗教、テロ、いじめ、DV、風俗、刑務所、
横領、詐欺、戦争、差別、格差社会、ギャンブルなどが
映し出されてそれを理解するのに役立っています。

本来人が直視したくないことに関心を示してもらうために
美人女優さんイケメン俳優さんが起用されたり、コミカルな
部分を取り入れたり、濡れ場シーンを入れたりしますよね。
女優さんや俳優さんが魅力的に映って強く惹かれて、もっと
知りたいって思う気持ちになることもあると思いますが
私生活の保護は守られるべきだと思います。

誰も人の自由を奪う権利はない筈です。勝手な妄想で
人を縛ることが愛じゃないですよね。でも、それをタレントさんが
口にしたら傲慢だ何様だと言われてしまいます。

注目されないと売れないと生活していけないという
強迫観念から私生活でさえも切り売りしていかなければ
ならないとかあってはいけないと思います。そういうドラマや
映画が社会問題や犯罪を防いだり減らしてくれている
筈です。生活的保障はきちんとあるべきだと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2016-05-02 03:43 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧