理系脳は幼稚園の時に育まれる

先日の記事で理系の数学ことを書きましたが、幼稚園の
先生になるのにそんな複雑な数学解ける必要ないと
思います。ただ、理数系脳が育まれやすいのは幼稚園の
時です。物を皆で分けるとか重い物を皆で持つと軽くなる
とかそういう経験が大事なことです。

シーソーやぶらんこや滑り台で遊んで力学のセンスがついたり、
積み木をしてどういう積み方が崩れやすいのか学んだり、
泥遊びをして水をどのくらい入れると固まるのかやってみて
山とかトンネルとかお団子作ってみたり、シャボン玉や風船で
表面張力を学んだり、紐の先に何かついたものを振り回して
遠心力を学んだり、絵の具で色をつけて色を混ぜ合わせると
色が変わるとか、水鉄砲で圧力の原理を学んだり、この時が
いちばんぐんぐん科学的なことを吸収しやすい時期だと思います。

まだ小さくって弱々しい時だからこそ音の振動にも敏感で
糸電話とかが楽しかったり、小さい子は虫にも興味深々だし、
親も一緒に学ぶ機会も多かったです。小さい頃雨の中
幼稚園に行った時水たまりに輪っかが出来てたなとか
思い出しました。

ボール遊びをして、丸くて柔らかいものは当たってもそんなに
痛くないとか速いボールが当たるのは痛いとか安全性の
ために科学が存在するという感覚を小さな頃から学ぶことも
大事なことですよね。

安全性と言えば、私前記事で化学科について書きませんでしたが
やっぱり実験とか危険そうですよね。あんまり難しい数学知識
要らない気がするんですが、化学だけは正確にきちんと理解して
いて数量だけは間違わない慎重な性格じゃないとって思います。

昨今と言うか、いつの時代もいじめの問題って取り沙汰されますが
もっと物とか生物に向かっていくとそういうのなくなる気がします。
人との距離が近過ぎると人間関係っておかしくなりますよね。
人への気持ちも大事だけど、生きていくのに食べ物とか物って
やっぱり必要。それを供給するのだってすごく大変なことです。
いじめなんかしてる場合じゃない。

暇を持て余してるから、人をからかったりして楽しんだりするん
だと思います。それが度を増していくといじめになりますよね。
何か気に入らないことがあって、そのことばかり考えていることも
いじめの動機になります。大人がそれから気を逸れせるべきですよね。

きちんと勉強させたり、体を鍛えさせたり、音楽などを楽しませたり
料理や掃除など自立の躾けをすべきです。ただカリキュラムを
あてがうだけではなくって、個々にオーバーフローしてそうとか、
怠けて陰湿なことをしていそうとかきちんとモニタリングすべきだと
思います。

最近のいじめはひどいとか念仏のように唱えていても仕方ないと
思います。アクションしなければ何も変わりません。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2016-04-08 03:48 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧