元気になる言葉

前記事の社会科が苦手って話ではないんですが、私自身は
周りにいろんな国の人がいて、その人達と仲良くやっていくことを
大切にしています。

香港人の同僚に広東語教わる時、「北京語勉強した方がお金になる。」
って言われたんです。確かに生きることへのシビアさは必要だと
思います。でも、目の前にいる人や目に前にあることを大事に
私は生きていたいんです。

語学力はビジネスの強みにはなります。でも、昨今どの国のビジネスの
キーマンも英語が堪能が当たり前。英語でどれだけ仕事のニーズに
応えられるか、又その人の人間性が信用できるかが大事だと思うん
です。信用出来なさそうな人に仕事を任せられないですよね。

日々生きていることの積み重ねの中に自分の誠実さや不誠実さが
態度や顔に出ると思います。不誠実な人には他の人の不誠実さにも
ゆるい見方をするんだろうけど、そういうことを忌み嫌う人には自分の
誠実さが評価されると思うし、そういう人と協力して生きていきたいって
思うんです。

それにほとんどの国が日本より低年齢で英語教育を学校で
取り入れているので、これからどんどんもっと英語が通じるように
なります。これはMicrosoftやAppleの商品、プログラミング言語
のベースが英語でこれが覆されることはないし、覆すことに意味は
ないので英語がいちばん有力な共通言語になるでしょう。


それより何より今周りの人といて楽しいって実感からエネルギーを
もらって毎日を過ごすことを大切にしています。言葉は道具に
過ぎません。毎日の連続を維持しながら、その中でいろんな
技術を磨いていくことそれこそが自分に安心感をもたらせてくれる
ものですよね。


ネパール人の同僚に対し今の職場ではビザのサポートが難しいことから
同系列の会社の老人サポートの病院に移転になりました。

彼女に初めて出会った時、ネイティブの人より柔らかい英語力に
驚いて自分の甘さを恥じました。息子達が日本語を話せず
普段日本語を話せない不満を書いてしまったことがありますが、
でも職場にも日本人の先輩もいますし、多少身の回りに日本人の
友人もいます。

ここにネパール人はほとんどいないし、彼女は家族をネパールに
おいて一人でここに来ています。

いつも頑張ってる彼女に少しでも疲れが取れることが言いたくって
ネパール語少しだけ話したいって思いました。ヒンズーと同じで
「おはよう、こんにちわ、こんばんわ。」は「ナマステ」。「元気?」は
「サンチャイ?」。「元気です。」も「サンチャイ」。「ありがとう」は
「ダンニャバート」。

「サンチャイ」は3歳の子供に歳を聴いた時の答えって覚えました(笑)。
「ダンニャバート」は旦那Bird。Birdじゃなくってバートだけど、、、。
くっくだらないけど、、、でも満面の笑顔で言えること請け合いです。

「おいしい」は「ミトチャー」。よく食レポをしている水卜アナがミトちゃん
って呼ばれているのを思い描くとにこにこ言えます(笑)。

英語が流暢な彼女に対してはこれで十分気持ちが伝わると
思うので、優しさが伝わる笑顔で職場にまだボランティアで来てる
間(ビザの関係で何週間かボランティアをしなければいけないそうです。)
毎回言ってあげたいと思います。

元気にしたいって思って言ってることなんだけど、返ってくる笑顔に
自分が元気になります。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2016-07-07 02:16 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧