おかげ様で仕事を始めて2年が経ちました。

去年の1年記念の記事(→ )を読んで自分で「うんうん。」
ってうなづきました。

始める前に思い描いていたこととかあったのですけど、
やってみて、調理場のアシスタントと言ってもほとんどが
洗い物だったり、清掃の仕事を甘く見ていたのですが、
当然のことながら衛生状態が悪いと病になる原因になったり
するので本当に大事だなぁって思って頑張っています。

若い頃大学を卒業して大手企業に勤めITの仕事をしていた時
どこか慢心していたというか、父親から見て高慢ちきに見えて
いた時があったみたいで、父が「頭がいいってそういうこと
じゃない。」って叱ってくれたことを思い出します。

勿論その当時やっていた仕事も大事なことで社会的意味の
あることだと思うし、周りの人にも気を遣っていて、家でも
家族と言う慣れ合いから悪い態度にいたって訳ではないと
思いますけど、なんとなく父の言わんとしていることは
わかりました。

当時職場でもあまりの仕事のきつさに飲み会でつい弱音を吐いて
専業主婦が羨ましいとか言ってしまったことがあった時
「主婦だって大変だぞ。」って男性上司が叱ってくださった
ことも私はありがたいと思いました。仕事のことで叱られたことが
一度もなかったので強烈に覚えています。

お料理が好きなので調理場で働くの楽しいし、日本人のシェフの
先輩も優しくってお料理についてもいろいろ教えてもらえて
ためになります。若い頃日本料理屋さんで働いていた頃と
また違った家庭的なほっとする料理の達人だなぁって
思います。

そばで見ているとやっぱりその気迫が伝わってるっていうか
火加減の調整とか加熱時間、煮え具合の確認、冷蔵後の
温度管理、下ごしらえの手際の良さへのこだわりの厳しさを
感じて、家で私も心がけています。先輩のように80人分
作るのは無理ですが、でも家族の分くらいきちっとやろうと
思っています。

仕事はきついけど、でもその分運動になっていて体が鍛え
られて体形維持にも健康維持にもなっていてありがたいなって
思います。女性なのであんまりムキムキに鍛えたくは
なくって(笑)、なんとかほどよい肉のつき方をキープ
出来てる気がします。

お給料は少ないけど、でもそれはハウスホールドスタッフと
介護士は皆同じく少ないので、そんな少ないお給料でも
ちゃんとやらなきゃいけないって気持ちを持って嫌な顔を
せず優しくお年寄りに接している同僚達を見てると
世の中優しい人は沢山いるって思って不安とかなくなって
穏やかな気持ちになるんです。

お金ないし疲れてるからあんまり出かけたり、外食したり
洋服やアクセサリーなど買わないんですけど、全然不満ないし。

弱い人を助けているだけでは世の中回らないって気持ちも
高くなって強くならなきゃって思って野菜や果物作りにも
頑張れて息子達を強く育てていくためにご飯一生懸命作って
毎日笑顔で接してあげられるんです。

野菜や果物作りもそうですが、やはり生産的なことをしないと
世の中回らないと思って、去年ホームメンテナンスの本を
買って勉強し始めました。

これは仕事をする際入居者の方々の部屋の電球が切れているとか
掃除機や食器洗い機、調理器具、ウェイストマスターなど器具の
調子が悪いとか、入居者の方々も何か月とか数年で退去されて
新しい方がどんどん入られて家具の搬出搬入の際に壁に傷が
出来てしまったり、建物の建築された後でウォーカーが必要な
お年寄りが増えてスタッフが使用している配膳や投薬、洗った
洗濯物を配るトローリー、清掃用トローリーとすれ違う時壁に
傷が出来たりした時にメンテナンス担当の人にメモを残すんですが、
メンテナンス担当の方と休憩時間に話をしていてホーム
メンテナンスの勉強がしたくなったんです。

今は会社がお金を出してくれて政府公認の清掃の資格の勉強を
させていただいているので、それを勉強しながら仕事と家事
育児なので、ホームメンテナンスの勉強はお休みしています。
終わったらまたやろうと思っています。

この資格は手術などのある大きな病院の清掃が出来る資格でも
あるので、いざお金に困ったら病院に転職すればなんとか
なるって思えるのでありがたいです。

今の職場から病院に転職する人は多いのですが、やはり病院の
方がお給料はいいそうです。

勿論病院だけでなく、学校やオフィス、ホテル、ショッピング
モール、レストランン、食品産業などどこでも適用出来る資格では
あるので、遠くに通勤しなくてもよくって時間に融通の利く
仕事で子供のいる主婦にとっては働きやすい感じだと思います。

若い頃は経理の資格も持ってましたけど、もう歳なので逆に
座ってお金の計算ばかりしていると病気になってしまい
そうな気がします。

息子達のわがままを受け止めるのでいっぱいで、あんまり仕事で
頭を使い過ぎたくないって思いもあります。うまくいかない
こともあるので体を使って集中して働いているとスッキリしたりも
するんです。

毎日くたくたになるまで働いて夜はぐっすり寝てるので
肌には本当に大した基礎化粧品なんて使ってないけど
肌がきれいなとこだけは自分の中のお気に入りです。

休み時間皆でわいわい話すの楽しいし、「昨日何ご飯作ったのー?」
とか参考になったり、子育ての悩みも聞いてくれて
励ましてくれたりするし、そういうほっとする感じ大好きです。

休み時間いっぱい話したり笑ったりすると疲れが吹っ飛びます。
そういうの大事ですよね。「よし、頑張ろう。」って思える
気持ち。自分も家族や友達にとってそんな存在でありたいと
思います。

職場にはいろんな国から来た人がいて、最近はウルグアイとか
コロンビアとかまた新しい南米人の友人が出来ました。
アミーガTに教えてもらったスペイン語のおかげで、すぐ
打ち解けられました。

ラテンガールズに増して明るいフィリピン出身の同僚が多いので
少しタガログ語も覚えました。

同僚に合わして「おはよう」「元気?」「元気よ。」
「ありがとう。」「おいしい。」だけはその国の言葉で
言えるようにしています。喜んでもらえるし、いつも
にこにこしていられます。

決して美人ではない私ですが、でもせめていつも周りが
楽しい気持ちでいられる笑顔を絶やさない女性でありたいと
思います。

まだ未成年の息子達がいて二人とも背が高いけど(長男
180くらいで次男175くらい)まだまだ子供で手がかかって、
大した仕事出来てないんですけど、でも私なりに出来ること
精一杯やろうと思います。

お爺ちゃんお婆ちゃん達に囲まれて穏やかな気持ちになれるし
痴ほう症の方を見ていると「どうにもならないことは
どうにもならない。受け止めるしかない。」ってことを
学ばせてもらえることも息子達と接していく上で
役立ってるなぁって思って、ここで働かせていただいている
ことに感謝です。

職場の学習会やミーティングなどで一般的な病気や怪我の予防や
治療とか介護する側の健康の守り方(肩こり腰痛予防など)など
適切な知識が学べることもありがたいです。介護士さん、看護婦さん
巡回のお医者さんのお仕事の様子をそばで観て「門前の小僧
習わぬ経を読む」ではありませんが、すごく勉強になりますし
シェフの先輩からお料理を学ぶのと同様その姿勢真剣さを
吸収したいなって思ってます。

やっぱり身の回りの人を守りたいって思うし、自分自身もきちんと
管理して生きていたいです。

「今日で働いて2年になりました。いつも楽しく働かしていただいて
ます。ありがとうございます。」って上司達にカードを書いて
言葉でも挨拶させていただきました。「We are happy having you.」
って満面の笑みで言ってくださったことが嬉しかったです。

同僚達にももっとフランクにお礼を言ったら、皆照れ笑いして
ましたけど、その笑顔が大好きでこんないい人達と働けるなんて
私幸せだなぁって思いました。

読んでくださった皆さんもありがとうございます。どこか人に
見られてるって思うと頑張れる子供っぽいところが私にも
あるのかもしれません。こんな私ですが成長していきたいと
思ってますので、これからもよろしくお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-01-17 06:56 | 仕事 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧