カテゴリ:絵本大好き!( 77 )

The Magic School Bus and the Shark Adventure

Sholastic 出版

d0168540_141524.jpg

夏休み水族館にお出かけの方も多いのでは。行く前に読んでおくと、
よりいっそう楽しいと思いますよ。行った後に読んでもいいですけど。

ところで今日夫と次男がは釣りに出かけたのですが、去年は2.5m
くらいの鮫がひっかかったそうです。ひっひえ~、怖っ。
リリースしたそうですけど。鮫も全てが人食い鮫ということではないよう
ですが、ボートで出かけることが多い人は鮫の生態はよく知っていた方が
いいでしょうねぇ。
クックアイランド出身の友人も入り江によって鮫が出やすい場所があるって言ってました。
暑いところにいそうな気がするので、夏の釣りってどうなのかしら。
子供には絶対ライフジャケットを着て欲しいけど暑いですよね。
魚料理は火が通りやすいので料理するにはしやすいんですが、
夏の蛋白源は豆とか鶏肉とか食べたらいいんじゃないのかなぁって
思うんですけどねぇ。オークランド近海は海洋汚染があってあんまり
お奨めしません。釣ってる人もみかけますけどねぇ。住宅が急に増え過ぎて
汚水がかなり流れてるって聞きました。

去年私と長男はフィッシュマートに行ってきたのですが、クレイフィッシュのタンクに.
1.2mくらいの鮫が1匹いました。多分Chain dog fishだと思われますが。

ところでこのThe Magic School Bus のシリーズですが、この本と同じ文字数の少ないReader(Level2)のシリーズともう少し文字数の多いタイプ2種とチャプターブックがあります。
私はチャプターブックはあまりお奨めしません。何故かと言うと、特に科学物は識字よりも
内容を理解することが重要だからです。なるべく一人で読ませるよりも一緒に読んであげて、
1頁毎に内容に関する質問してあげた方がいいと思います。一番文字数の少ない
このシリーズでもかなりの情報量があります。

質問例

① 世界5大Oceanを言いましょう。

② 鮫の背骨は骨ではなく軟骨でできています。人間の体で軟骨のある部位はどこでしょう?

③ Whale Sharkの特徴を言いましょう。食べ物はなんでしょう?

④ 殆どの鮫が食べるものはなんでしょう。

⑤ Hammer head Sharkはいつハンティングをするのでしょう。

⑥ 本の中で出てきた鮫の名前を言いなさい。


伝えたいメッセージ
鮫も全ての種類が人食い鮫な訳ではなく、人を攻撃する可能性のある鮫もお腹が空いて
いなければ攻撃しないこともあるので、遭遇した時に冷静に対処する。また、鮫に遭遇しそうな場所、
季節についても正しい知識を持つ。一人で釣りに行くのは危険。釣りをしたり、家を建てたり、
他にもいろいろ一人では出来ないことは沢山あるので、人と協調して生きていくことが大事な
こと。そのために人を不快にさせない態度でいつもいることは大事なこと。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2013-01-16 07:55 | 絵本大好き! | Comments(0)

Louise Braille

d0168540_18475227.jpg

Scholastic 出版 Margaret Davidson著

ルイス ブレイルは現在のスタイルの点字を発明した人です。
彼自身3歳の時に事故で失明してしまいました。障害者の伝記と
言うとヘレン・ケラーや野口英世などが思い浮かぶのではないかと思うのですが、こういった人達の人生が人々に語り継がれる理由にはやはり人は人生の途中で何か大きな障害になるようなことがあっても乗り越えられるような生きるヒントが隠れているからではないかと思います。
3歳の時事故で失明したルイスの両親の気持ちを考えると同じ親としていたたまれない気持ちになります。でも両親はけしてルイスを甘やかすことはありませんでした。ルイスが出来ることはなるべくさせたことの
記述には「教育とは自立を促すことである。」という原点を教えられる気分になります。ルイスは目が
見えなかったけど抜群の記憶力で小学校でも健常者の子供も驚くほどの優秀な成績を収めます。
その当時多くの盲目の子供は大きくなった時には物乞いをして生きていかなければならなかった
のですが、ルイスは小学校卒業後はパリの盲学校へと進学することに成功しました。ここまでの
記述で親は決して諦めてはならない。」ということを教わった気がします。

初めて親元を離れ、またあまり衛生状態のよくない寄宿舎生活を始めたルイスですが、どんどん
友人を作り、勉強や音楽においても頭角を現していました。当時盲人用の本はアルファベットの
形に盛り上がったものを読まなければならなかったのですが、それはOとQが解り難かったり、
LとIが解り難かったり読みづらいものでした。また本自体もあまりなかったこと、自分の考え
を記述する術がなかったこともルイスにとっては残念なことで、このことが彼の新しいスタイルの
点字の発明への情熱を産み出しました。

わずか10代にして現在の点字スタイルを確立したルイスでしたが、その道は簡単ではありませんでした。
というのも新しい発明には必ずある壁「何故従来の様式ではダメなのか。」とか、それに権威を持つ人からなどの嫉妬にあうからです。またスポンサーを見つけることというのは容易なことでは
ありません。
同情はされても「所詮盲人なのだから盲人らしく生きていけ。」と言ったような反応が
通常でした。途中寄宿舎で伝染した結核に襲われながらも諦めなかったルイス。そして今日の彼の発明した点字の存在があります。

これはただ障害者に同情を誘うといった話でなく、新しい技術を普及していくために戦う人間
全てに勇気を与えてくれる話
だと私は思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-11-20 07:25 | 絵本大好き! | Comments(0)

The Magic School Bus -Fights Germs-

d0168540_158817.jpgこの季節風邪にも注意したいですね。

風邪の治療法の対策の基本は家庭の医学書などにも書かれて
いますが、やはり「保温・安静・栄養」だそうです。

薬はウイルスそのものに効くものは少なくどちらかと言うと
一時的解熱・頭痛や関節痛などの痛みの緩和に作用するものが多い
そうです。仕事で一時的に引き継ぐためやどうしても自分が
やらなければならない仕事がある場合には飲んだり、重要度に
よっては注射や点滴を打つこともあるでしょうけど、あまり無理させると
後々体によくないこともありますからなるべく休みたいですよね。
主婦も誰も見舞ってはくれないので、妊娠している可能性などがない場合には一時的に
薬を飲んで買い物に行ったりお腹にやさしいものを自分で作らなきゃですね。主婦の場合
具合が悪くても本当に休めないので普段から体を鍛えておいたり、緑黄色野菜を十分とって
肌や粘膜を丈夫にしておくことも重要です。どうしても虚弱体質の場合や仕事が重要な
ポジションにあって外せない仕事が多い人はインフルエンザの予防接種をしておくのも
よいと思います。妊婦さんや授乳中のお母さんは本当に薬も飲めないし、予防接種も受け
られないので周りで助けてあげたいですね。私も辛い経験をしたのでつくづくそう思います。

① 保温
    普段お客様がいらした以外はヒーターを使わないのですが、体の免疫力をあげるため
    だけでなく菌を殺すためにも誰かが風邪を引いている場合には使った方がいいですね。
    部屋を移動して時々換気をすることも忘れずに。

② 安静
    ずっと寝ている必要はないのだそうです。起きれるのではあれば大人しく好きなことに
    没頭して喉の痛みなどを我慢しているのもよいと思いますし、咳が出そうな意識からも
    気を反らすことが出来ます。ペーパーワークの方は症状が酷くなければ普通にお仕事を
    なさっても大丈夫だと思います。

③ 栄養
    あんまり食べなくても大丈夫みたいです。昨今普段から栄養事情がよいので。
    お粥などのお腹に優しいものを少しづつ食べましょう。それから少しづつ骨から出汁を
    とった野菜スープなどもいいですけど、主婦の場合自分で作るのは辛いと思うので
    チャイニーズのテイクアウェイでご主人にチキンスープを買ってきてもらうのも
    お奨めです。(お粥は自分で頑張って作らなきゃですが。家庭科の時間に男子も
    お粥の作り方くらい習って欲しいですね。涙。)喉が痛い場合は水から似た大根の
    煮物やスープなんかが効きます。菌がだんだん下がってきて胃がやられると
    体全体が弱ってくるので胃が弱らないようにするのがポイントだと思います。
    ビタミンCは体が直ってきた時にぶり返さないようにするのに利きます。風邪のひき
    初めやピークの時は胃の壁を傷めてしまうので飲まない方がいいような気がします。

子供達も小さい頃はよく風邪をひいたり、胃腸系の感染症にかかったりしました。
なんども医学書とにらめっこして看護をしましたが、主婦の大事な仕事のひとつに家族の
看護がありますよね。大変だけど自分のセルフケアも学べた貴重な体験だと思います


ところでこの本はウィルスのしくみについて子供に説明したものですが、病気にかからない
ように教育することも、かかるのも自然なことで仕方がなく免疫力を育むことだと伝える
ことも大事ですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-06-25 08:49 | 絵本大好き! | Comments(0)

The Magic School Bus (Lost in the solar system)

d0168540_673456.jpg冬は夜が長いので星の観察なんかいいですよね。
食べてゴロゴロだとデブなオバサン街道まっしぐらだし、常日頃美しいものを観て観察するのもよいんじゃないかと思うんですよ。なんとなく罪深く思えるんですよね、
自分が(笑)。植物も月もこんなに消費しないんだと
思うと、一際美しく思えます。どう転んだってオバサンは
オバサンなのですが、人生後半美しく散っていくことを
学びたいと思います。新緑の生命感に溢れた美しさもあると思うのですが紅葉した葉にも、枯れる寸前の透き通る
ような花びらにも美しさがあると思います。この歳だから
こそ花鳥風月的なものを大事にしていきたいです。

物理科在学中よく天体観測には誘われてたんですよ。でもねー、本格的な天体観測って寒ーいところに
テント張ってやったりするんで半端じゃなく寒いそうです。女の子が少ないのでテントの中で男の子達と
泊まるのも嫌だななんて思っていかなかったんですけど、この本を見ていかなかったことが悔やまれます。
どんな星が見えてたんだろうって。

物理科卒ですが、星自体については詳しくありません。軌道とかいろんな星がある中でここの位置にいるとどういう方向にどのくらい重力が働くか、どんな要因が作用するのかみたいなことは計算しましたけど。
プログラミングもしましたし。この本を見て、思うのですがSaturn(土星)とかキレイですねぇ。
観てみたいです。

星の観察をするのには色んな理由がありますが、勿論SFのように将来人類が移住することではないと思う
んですよね。やっぱり隕石などにより地球が破損してしまうことがあるじゃないですか。たまーに。
小さいクレーターが開く程度ならかなり前にいつ頃どこに落ちるのか予測出来たら、人々も避難できます
しね。よく彗星が近づいてくる云々言う人がいますけど、その信憑性は勿論、彗星が何で出来ているかを
調べることも大事だと思います。星の中には単なるガスで出来ているものもあり、それが地球に近づいて
きたら、本当に地球上の生物が全滅してしまうのかということです。それも急速に近づいてくるのではなく
長い年月を経て近づいてくるのであれば、「徐々に」地球の環境も変わっていき、「徐々に」地球上生物も
適合していくんだと思うんです。そんなに怖がることないと思います。

と言っても科学の力でどうにか出来ることなんて限界があるのであり、起こっちゃったら起こっちゃったで
しょうがないって思うことも大事だと思います。災害で人が亡くなるのに苦しむ時間なんて、子供を産む
陣痛並の時間なんじゃないかと私は思います。そのために毎日を無駄にしたり、そんなことがあるかも
しれないからと言って豪遊するみたいなバカなことをすることに価値観をおかないことです。
そんなこと起こらなかったら自分はこの先どうしたいと常に考え、そしてそれに向かっていくことが幸せ
なのだと私は信じています。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-05-23 08:40 | 絵本大好き! | Comments(0)

The Magic School Bus - Rides the wind

d0168540_720592.jpg子供達が小さい頃好きだったMagic School Busシリーズです。
物の理解力を深めるのにはこういう頁数が少なくて各頁毎に
話し合える内容のものがお奨めです。子供って読めるけど
あんまり理解はしていないので、絵が多くて文字数の少ない
本も意外と長く使えます。小さい頃からただ読むのではなく
1頁づつ少し読んであげては子供達が発する言葉に耳を傾けて
反応をしてあげることがコミュニケーション発達の上で大事
だと思います。理科系の本がお奨めなのはその後実験の
ようなものが出来ること。将来料理の技術を磨いたり、何かを
生産していく技術を身に付けるために重要な基礎になるん
じゃないかと思います。短い本だと繰り返し聞かせてあげられる
ので記憶にも残りやすいですし、お子さんが飽きません。
その本を好きになるかどうかは勿論本自体の良し悪しもあると
思いますが、お母さんが読んであげるテクニックにもかかって
いる気がします。それと科学系や社会科系の話をしてあげると、
子供と父親が話す時も父親が育児を面白いと思え参加してくれる
動機になると思います。

この本は風について書かれていますが、「風って何?」みたいなことを聞いてあげることが
大事です。皆何が風なのかはわかっていますが、それが何かを説明できるような練習をして
あげることが今後の科学の勉強が楽しくなっていくことに繋がると思います。

凧で遊びながら説明するのも楽しいですし、スーパーのビニール袋でパラシュートの
おもちゃを作って空気抵抗などを学習することも出来ます。

風を表現する言葉にも"Blow"以外にも"Gust","Howl","Whisper","whistle"
などがあり、説明してあげると天気予報にももっと関心をよせてもらえると思います。

風は何故起こるのかその原因について普通は高気圧や低気圧という言葉を使いたく
なりますが、子供にはわかりませんよね。ここでは「重い空気が軽い空気を押すために
起こる現象」だと説明しています。これだと解りやすいですよね。

そしてこの風のエネルギーがどんなことに使われているのか、普通に思い浮かぶような
ヨットや風車、風力発電以外に受粉というのも大事なことですね。
この本の風力発電の仕組みを描いた部分を読んで何度も波力発電について考えたものです。
波力発電模型とか見たこと無いし文献も全然読んでないのですが春の里帰りが終わったら
読んでみようかなぁなんて思ってます。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-03-23 10:15 | 絵本大好き! | Comments(0)

Bobo and Babi

d0168540_01761.jpgMyriad Books Limited 出版
Laurence Bourguignon, Nancy Pirrret 著

夏らしいいい絵だと思いませんか?南の島らしいステキな絵がいっぱいです。途中船で渡った海の向こう側はモロッコみたいな景色で読んでいるとバカンスに行った気分に
なれます。

テーマは兄弟喧嘩です。夏休み子供の兄弟喧嘩に
ウンザリなさってるお母様も多いのでは。

お兄ちゃんのBoboは妹のBabiをいつもからかってBabi
から嫌がられていたのですが、ある日Babiが秘密の場所に大切にかくしておいたバラの鉢をBoboが壊してしまいました。Babiは泣いて部屋に閉じこもり次の日になっても
部屋から出てこようとしません。
とかげのLionelがBoboに「同じものをきちんと返してあげたら許してもらえるよ。」とアドバイスしました。Boboは船で海の向こう側を渡りバラの苗を探しましたが、どこにも見つかりません。とある街を通り
かかった時バラの香りがしました。それは香水でした。Boboはバラの香水を持ってBabiに謝りに行き
仲直りしました。

こどもに伝えたいことがまず一つ「人のものを壊したら弁償する。」と言うことです。それともうひとつ
許すこと。」後者は何気ないことのように思えますがそれがないと「復讐」という観念に繋がる気がします。あんまり考えないで「気にしない。気にしない。もうそんなことにこだわってたら自分が損だから考えないで。なんか楽しいことやろうよ。」って言ってるんですけど大事なことですよね。

大人が読んで考えさせられるのが「価値観の違い」。Boboにしてみたらバラなんてくだらねぇもん
だった訳です。でも実際に弁償しようとしてみたらなかなか手に入りにくいものだった。
大人でもありますよね。自分が大事にしているものをぐちゃぐちゃにされること。そんなことを何度も
繰り返していくうちに感覚が麻痺してどうでもよくなってくる気もするんですけど、人間やっぱり違う
部分でここだけは譲れないってものを持ってますよね。それを壊された時大人もBabiみたいな気持ち
になっちゃう。こんな時は私は松田聖子さんの「瞳はダイヤモンド」を歌います。

♪ あー 泣かないでメモリー
      (中略)
  時が傷つけても傷つかない 瞳はダイヤモンド ♬

名曲ですよね。歌全体の背景とは違いますが人から傷つけられても傷つかないよう頑張らなきゃ
いけない時に自己暗示をかけるために歌ってます。自分の価値観なんて他人にわかりっこない。
特にそれが長い年月をかけて培われてきたものなら尚更です。だからこそBabiみたいに凹ん
じゃうけど、そんな時はやっぱりひとりでワーって泣くしかないですね。最近の私は走るとか踊る
ことでそこから逃げるという方法を見つけましたけど。

子供の喧嘩もやんなっちゃうけど人的免疫力をつける上で仕方のないことなんじゃないかなって思い
ます。喧嘩の中で学ぶこともいっぱいあると思うんですよ。うちの兄はやさしかったのであまり喧嘩を
したことがないのですが9歳くらいの頃取っ組み合いんの喧嘩を一度だけしたことを覚えてます。
兄の方が3歳上でしたし男の子なので勝つ訳ないですよね。その時なんで喧嘩になったのかは
覚えてないんですが私の方が正論であった気がします。女の子の私が取っ組み合いの喧嘩をした
くらいなのでその理由も半端ではなかったのだと思います。でも理由はともあれそんな方法で相手に
訴えかけるのは無茶だと理不尽になことに憤慨しながらも学んだ気がします。世間に出て行けばバカ
バカしいことなんて沢山ありますし。年頃になった時女の子は夜遅くまでフラフラしてちゃいけない
ことも、理不尽に感じながらも頭のおかしい男性というのは世の中にはいるのでありそこから自分の
身を守ることも大事なことだと学びました。

16年の結婚生活で夫と喧嘩をしたことは数える程しかありません。やはり親の喧嘩が子供に与える
影響を気にして夫から喧嘩は止めようよみたいに言われたからです。言葉が通じないとかそんなのでは
なくてはなっから話し合いが持たれなかったんです。話し合わないということは一方的に私が従うか
なるべく行動を共にしないってことです。そのことが段々辛くなってきて、最終的に子供達がきちんと
自立出来る時まで両親として手を合わせていき、時期が来たら別の人生を歩むという決断をしました。
ベストではないと思いますが、子供達にも反面教師的に学んでくれたらなぁって思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-01-08 11:38 | 絵本大好き! | Comments(0)

A kiwi jingle bells

Author : Yvonne Morrison, Deborah Hinde
Scholastic 出版

d0168540_462484.jpgJingle bellsの替え歌でCD付きです。絵のセンスはあまり私好みではないのですが、「これぞニュージーランドのクリスマス!」みたいなのを見事に書き上げています。

キャンピングバンにのってみんなでビーチへ。お父さんはラジオのクリケットのスコアを気にしながら運転してて、途中でホッキーポッキーアイスクリーム食べて、ビーチに着いたらプレゼント交換。ランチはフィッシュ アンド チップス、思いっきりビーチで遊んで夕食はバーベキュー。キャンピングバンにお泊り。
「ニュージーランドのクリスマスってどんなの?」って日本の友人に聞かれたことがあるのですが正しくその答え。日本のお友達のクリスマスプレゼントによいかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-12-26 17:20 | 絵本大好き! | Comments(0)

The Dumb Bunnies Easter

d0168540_5481151.jpg「ちょっとプケ子さん、なんでクリスマス・イブなのにイースターの本なの?」って思うでしょ。そうじゃないの、そうじゃないの。この話は

今日は12月24日。バカウサギちゃん達はイースターの準備をしています。」

って始まりなんです。ちゃんとクリスマス・イブの今日にふさわしい話なんです。そしてCrazyな南半球のクリスマスにピッタリ(涙)。やっぱり暑い時に昼間から酒飲んだり、季節に合わない物食べたり、欲しくもないものを交換し合うのってねぇ。。。。こんな本読んでおくに限ります。
ずっとね13年間我慢してたんですよぉ。でも、、、、本音を言うとこの日は憂鬱。
何故かというと理由はこちら → 
でもまぁ家族を喜ばせるためにこの日は女優になっておくしかないですねぇ。「優れた女」と書いて
女優
と読むのだそうです。。。。。

d0168540_5565540.jpgこの絵にピンときたお母さんも多いのではと思うのですが、絵はCaptain Underpantsで有名なDav Pilkeyです。文はSue Denim。ビックリ!
名前からしてSueさんは女性なのにDavが書いたんじゃないかと思うような
バカ100%の文章。でも私結構好き。。。。ヤバイ。こんなところが兄のいる
女的頭脳で嫌なんですけどねぇ。少年漫画雑誌やアニメは嫌いなんですけど
私の笑いのセンスって男子に近い(涙)。どうしても堅物女史とか苦手なんです
よねぇ。真面目にやっとくとこはやっとくとこだと思うんですけど「そこまで
キリキリしなくてもぉ。」なんて思っちゃうとこが自分のダメなとこだと自覚して
いるのですが、もうそういうキャラなので一生治らない気がします。真面目な
話をちゃかしたりっていうのはまずいと思うんですけどね。
でも笑いだって
必要だと思うんですよ。

ちなみにScholastic出版です。

一頁毎に「これはなんとかじゃないよね。なんとかだよねぇ。」みたいなつっこみどころが満載で
お子さんとのコミュニケーションによいと思います。「12月24日ってイースターじゃないよね。
イースターっていつだったっけ?どんなお祭りだったか覚えてる?」とか。

男子ってこういうの好きですよねぇ。あんまりこういうジョークばっかり飛ばされると忙しい時とか
ちょっとイラっときたりしちゃうんですけどね。やっぱり笑いってTPOも大事なのでそんなことも
叩き込んでおきたいところですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-12-24 05:55 | 絵本大好き! | Comments(0)

Light House Keeper's Christmas

Author : Ronda and David Armitage
Scholastic 出版

私の大好きなLight house keeperシリーズです。このシリーズは絵がとってもキレイで、話にでてくる人達が温かくてユーモラスで癒されます。Mrs G の作る料理が毎回おいしそうで、大人から見ると「やだっ!太りそう。」なんて思っちゃうんですけど、子供には夢のある絵じゃないかなって思います。ずっとNZのAuthorだと思っていたのですが、冬のクリスマスなところから違うようです。

d0168540_5521139.jpgあらすじ
Mr G のGreat-nephew(兄弟の孫)のジョージがクリスマスのお休みにMr G の燈台に遊びにきました。今年でMr G は燈台守の仕事を退職します。ジョージとMr G は燈台でクリスマスを過ごすことにしました。クリスマスイブの日、Mr G とジョージは手漕ぎボートにツリーや荷物を載せて燈台へ行き、燈台の大掃除をしました。燈台の中でツリーの飾りつけをしていると、辺りが暗くなってきました。窓の外を見ると嵐で、手漕ぎボートが流されてしまいました。本当はこの日はMr G の家に一旦戻る予定でしたが、仕方なくここで一晩過ごすことにしました。
子供が好きなポイント
① 嵐の中燈台に閉じ込められてしまうところ
    ちょっとハラハラしますよね’。
② 燈台の中に泊まるところ
③ 燈台の中で作る非常食
④ 一夜明けての雪景色

知ってるけど一瞬出てこない単語
① dinghy
手漕ぎボート。話の中やその場にあったら意味がわかるけど、突然言われるとわかんない気がします。自分で「手漕ぎボート」って言いたい時に出てこない気がします。

② exclaim
《格式語》感情を込めて突然叫ぶ。
   話の中でよく出てきますけど、忘れちゃうんですよね。

③ bustle
忙しそうに動き回る。から騒ぎ。
   Mrs G はお料理大好きでいつも台所の中で忙しそうに動き回っています。

④ fist
げんこつ。
  hold out one's clenched fists で「ぎゅっと握り締めた両こぶしを差し出して戦闘的な姿勢を見せる」という意味です。
  shake one's fist で「こぶしを振って挑戦的態度又は激しい怒りを示す」という意味です。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-12-20 22:50 | 絵本大好き! | Comments(0)

Brian saves Christmas

d0168540_7265274.jpgAuthor : Yvonne Morrison & Deborah Hinde
Scholastic 出版

赤鼻のトナカイのパロディです。トナカイが羊で、ソリがトラクターってとこがニュージーっぽいです。

「子供は親が思うようには育ってくれないけど、いつか何かやってくれる。」そんなメッセージがあるので、是非親子で読みたい本です。私は子供に「あなたが生まれる前にお父さんもお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんもとっても楽しみだったのよ。」って言ってあげました。
話の中にGPS等も出てくるのでハイテク入門的なことを一緒に勉強するのも、いいですよね。

Rhyme(韻)が使ってある本なので、お子さんにスペルの勉強をさせるのに便利かもしれません。

あらすじ
クリスマスから1週間経ったある日、サンタは羊のフロッシーが妊娠していることに気づきました。フロッシーもお父さんのジェイソンも、群れの他の羊達もサンタ夫妻も大喜びでした。特にお父さんのジェイソンは子供が大きくなったらラグビーやクリケットをさせたいと夢見ていたのに、生まれてきたブライアンは小さくて虚弱そうでした。彼はスポーツには全く興味が無く本を読んでばかり。
クリスマスの日が近づいても、他の羊達は準備に大忙しなのにブライアンはなんの役にも立ちません。
クリスマスイブ、サンタや羊達がプレゼントを配りに出かけようとすると、空が厚い雲に覆われて上空からは何も見えませんでした。
サンタが困っているとブライアンは物置にこもり、ささっとGPSを作ってあげました。「これなら行き先がわかる。」とサンタは大喜びでした。ブライアンもサンタのトラクターに乗せてもらい大喜びでした。

ハイテク用語

GPS : Global Positioning Sysytem
「これは地球がどこにあるのかを測る衛星にある機能でカーナビでも使用されてる機能なんだよ。」みたいな説明しておきました。実際にはこれでは誤差が出てしまったり、トンネルには効かないので、加速度センサーやタイヤの回転などの情報と合わせて位置がわかるらしいです。

Capacitor : 日本語ではコンデンサ(蓄電器)です。英語でコンデンサと言ってしまうと冷凍機などの熱媒体用の熱交換機のことを示してしまいます。

Diode : 電流を一定方向にしか流さない仕事をするもの。

Resistor : 電気抵抗を知る機械。「これは今理解するのには難しいから、きちんと学校で勉強するんだよ。」って言っておきました。

Transistor : トランジスタ。ラジオなんかに使われますね。増幅またはスイッチ動作をする半導体素子。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-12-13 17:45 | 絵本大好き! | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧