カテゴリ:絵本大好き!( 77 )

The Magic School Bus "Gets crabby"

Scholastic 出版

d0168540_22168.jpg夏ビーチのtide poolでそこに棲む生き物を観察したり、持って帰って家でも育ててみるなんてしてみたいと思っていましたが、今年は忙しくて出来ませんでした。「来年こそ!」と思ってメモ書き。足場がぬるぬるしていたり、固くて鋭い部分があって危ないのでそういう教育も必要だし、来年になると次男ももう少し慎重に行動できるかも。今は面白いもの見つけるとまだ走ってしまいそうなので。軽く怪我して覚えることも大事ですけどね。大怪我しないように、でも徐々に危険なことにも挑戦できるようにさせることも成長面で重要だと思います。

来年は貝拾いに出かけたいなあなんて思ってます。確か2月以降は禁猟期間だったはず。気温上昇期間は貝毒が発生しやすいので、夏休み当たりが期間的に丁度いいと思います。貝毒に関しては詳しい知識がないので来年は勉強して貝拾いへと早くも来年の目標立てちゃってます(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-30 02:15 | 絵本大好き! | Comments(0)

The Lighthouse Keeper's Lunch

Reading . Hippo 出版
Ronda and David Armitage 著

私の大好きなThe Lighthouse Keeperシリーズです。登場人物が人間味があるのとMrs Gの作るおいしそうな料理が魅力です。これはシリーズ最初の物で表紙にも”The Children's Classic”って書いてあります。大概幼稚園や小学校にはおいてあるベストセラー本です。この本をきっかけにこのシリーズを追いかけている人も多いと思います。

d0168540_172338100.jpgあらすじ
燈台守のMr GはMrs Gと猫のヘイミッシュと一緒に燈台の近くの崖に立つ家に住んでいます。Mrs Gはいつもおいしそうなランチを作って届けてくれるのですが、届けてくれる間に鴎に食べられてしましました。Mr GとMrs Gは知恵を絞ってMr Gのランチを食べられないよういろいろ試してみました。
話の面白いポイント
① この表紙の絵のようにバスケットに入ったランチが家からロープを伝ってやってくるところ。
② 始めはバスケットを紐で縛るというありがちな作戦だったのに、次は猫のヘイミッシュを他のバスケットに
   入れて鴎を脅かそうとするトンデモナイ発想。
③ 最後にマスタードサンドイッチで鴎をぎゃふんと言わせる「なーるほどー。」的技。

子供に伝えたいメッセージ
試行錯誤するということ。

解っているけど出てこない単語

tend one's light : 明かりをともす

toot : 汽笛を鳴らす

spot : 通常「地点」や「しみ」などで認識していますがここでは「見つける」「突き止める」の意味です。

clear off : あっち行け!

take not the slightest notice : 「まったく気に留めない」。言われれば意味は解りますけど、こんな表現がすらっとでてきたらネイティブっぽいかも。

one's fur stand on end : 「毛が逆立つ。」訳すの簡単ですけど、上同様こういう表現が通常会話で出てきたらいいなと思ってメモしました。

mixture : 普通「混合物」のように使われていますがここでは「混ぜ物をして騙すもの。」のように使っているような気がします。

superb : 実に見事な。すばらしい。

leisurely : 「ゆっくりした。のんびりした。」leisureの副詞ですから意味はわかりますけど、こういう言葉も日常会話でどんどん使いたいですね。

今回新しく学んだ単語

concoct : ここでは「(スープ・飲み物等を)混ぜ合わせて作る。」って意味ですが、格式語で「(話・言い訳をでっちあげる」という意味もあります。

scavenge : (動物が死体やごみに)群がる。(廃品・ごみ・食べ物などを)あさる。

devour : 《格式語》がつがつ食べる。むさぼり食う。

varmint : varmintで辞書には載っていなかったのですがverminで「害獣、害虫」の意味です。
「社会の害虫。人間のくず。」って意味もあります。

baffle : (計画・努力などの)裏をかく

rack one's brain : 知恵を絞る

brazen : 厚かましい。文語で「耳障りな。騒々しい。」の意味があります。

accomplish : 受験英語ででてきたんですけど忘れちゃいました。
          辞書が壊れているので後ほど他の辞書で調べます。

ingenious : 発明の才能のある。精巧な。
      geniusで「天才」なのは有名ですけど、inが先頭についてgeniousとoが間に入っています。

spat : spitの過去形ですけど、突然言われるとわからない気がします。

herring : にしん。 魚の名前って微妙に曖昧に覚えてます(苦笑)。

droop : 《格式語》(力なく)垂れる。うなだれる。(草木が)しおれる。

peer : (目を凝らして)じっと見る

jubilant : 《格式語》(歓声を上げて)喜ぶ

shanty : 掘っ立て小屋

muse : 《格式語》じっくり考える。物思いにふける。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-28 17:58 | 絵本大好き! | Comments(0)

GRANDPA'S CARDIGAN

by Joy Watson Illustrated by Wendy Hodder
Scholastic 出版

この話はお年寄りの心理を見事に描いていて本当に笑えます。義母に「図書館で面白い絵本見つけたんですけど、お義母さんこの話好きだと思いますよ。」と言って貸したらバカウケしてました。シリーズ化されていてGRANDPA'S SLIPPERの方が有名だと思うんですけど、私はこの話が一番好きです。GRANDPA'S SLIPPERを先に読んでいると可笑しさ倍増です。 オチまであらすじを書くのもつまんない気がするけど書いちゃいます。

d0168540_16572040.jpgあらすじ
おじいさんのカーデンガンが古くなったので新しいのを買うことにしました。おばあさんはおじいさんが新しいカーデガンを買いにいく間古いカーデガンを直しOP SHOPに持っていきました。おじいさんは何軒かお店を回ったのですが色が気に入らなかったり、着心地が悪かったり、高すぎたりで欲しいカーディガンが見つかりませんでした。歩き疲れたおじいさんがOP SHOPに座っていると、店員さんに声をかけられ‥。もうオチはおわかりですね。
解っているけど出てこない単語

shabby : ぼろぼろの。着古した。

chuckle : くくっと笑う。含み笑いをする。

今回学んだ単語

darn : 繕う。






にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-18 17:20 | 絵本大好き! | Comments(0)

USBORNE THE GREAT HISTRY SEARCH

この本は大袈裟ではなく「小さな頃この本が家にあったら人生変わってただろうなぁ。」っていう本です。ただお勉強ってだけでなく絵が細かいところまできちんと描かれていて楽しく「昔の人々の生活」を理解することができると思います。

d0168540_215966.jpg中学生の頃歴史の成績が悪くはなかったのですが嫌いでしたし、どうして勉強しなければならないのか理解できませんでした。歴史と言えば「戦争を学ぶこと」といったイメージが強く「なんで過去の忌まわしいことをこんなにつらつらと勉強しなくちゃならないのかしら。私はもっと前向きに生きていきたい。」なんて思ってました。私の子供の頃は日本の高度成長期に当たり、仕事に忙しい父、家事・育児を一切任され疲れ気味の母といった感じでテレビや漫画に子守をさせるといった時代でした。テレビの時代劇で打ち首や鞭打ち・重しの刑などの映像を観て、子供心に「昔の人はこんな残虐だったんだ。」と思って番組の主題歌が始まると布団にもぐりこんだり、椅子の陰に隠れたものでした。漫画もキャンディ・キャンディくらいだと昔アメリカでは南北戦争というものがあったんだというくらいですが、ベルバラはやっぱり焼きゴテの刑、ギロチン台などが出てきて怖かったですねぇ。フランス革命ということがあったこと、「常識のない贅沢三昧の人間が天下を取ると真面目に労働している一般市民から反逆を起こされる」という大事なメッセージを学びましたけど。私自身天下を取りたいみたいな野望はないのですが、今誰にでもチャンスのあるリベラルな時代な気がします。日本の格差社会の中で上の層にいる方々を見ていると中にはマリー・アントワネットのような人達いそうですよね。今の日本で「フランス革命や農民一揆と類似のことが起こるのももうすぐ。」っていう気がします。

この本はそういった戦争のことではなく「昔の生活」について書かれています。子供に「紙のない時代はこんなふうに記録していたんだね。鉛筆もなかったから何で書いていたんだろう。」とか「昔の家はこんな材料で出来ていたんだね。」とか「昔はオーブンがなかったから、こんなふうにパンを焼いていたんだね。小麦を粉にする機械がなかったから、こんなふうに粉にしていたんだね。」などといった会話ができます。本の構成がただ絵があってお話が書かれているという形ではなく、絵の一部分のものが端に描かれていてそれについて短い説明文が書かれています。「これが真ん中の大きな絵の中にあるけど探してみてね。」という方式になっていて、能動的な部分を取り入れることによって子供の頭の中に刻まれるという仕組みです。

昔の物のなかった頃の生活を偏移を追って勉強すると現在ある物の仕組みが分かってきます。当たり前のように便利な機械を使っていますけど、どこから湧き出てきたものでもなく、いろいろな人達のそして長年の工夫が積み上げられて出来上がったものです。そのことに感謝もして欲しいし、自分にもこんなものが作れそうだと思って欲しい。また古い時代の生活を見て「人が協力して生きていく」ってどんなことなのか「どんな役割分担が生じるのか。」「生活の基本とは」といったことを学んで欲しいなぁと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-15 02:51 | 絵本大好き! | Comments(0)

YERTLE THE TURTLE AND OTHER STORIES

こちらもDr.Seussです。手元に本はなくて学校の図書館で借りた本なのですが、いいお話なので表紙をコピーして長男にあらすじをメモさせました。3話あります。

d0168540_12244214.jpgYertle the turtle
Yertleは亀の王様ですが、そのことに満足していませんでした。Yertleはより多くのものを支配したいと亀達を積み上げ、より高いthrone(王様の椅子)を作りました。Yertleは牛、猫、家、ムールを支配しましたが、それでもまだ物足りません。throneをより高くするため、更に亀を積み上げました。亀は疲れて、背中が痛くなってきました。throneは崩れ、Yertleは沼に落ちて泥まみれに。Yertleは亀の王様ではなく泥の王様になりました。
子供に伝えたいこと
欲張りすぎると、それを管理できなくなる。
Gertrude McFuzz
Gertrudeは雌鳥。彼女は尾っぽに羽がひとつしかないのに、他の鳥達は2つありました。Gertrudeは羨ましくて、お医者さんに行って羽が生えるベリーを処方してもらいました。ベリーを食べると羽がもうひとつ増えたので嬉しくなって、もっとたくさんベリーを食べました。たくさん羽が生えたGertrudeは嬉しくなって友人に見せびらかしたくなりましたが、羽が重過ぎて飛べなくなってしまいました。
子供に伝えたいこと
事前にどうなるか考えて行動した方がいいよね。

The Big Brag
兎が「私が一番だわ。」と言うのを熊が聞いて面白くないと思い「いやっ、俺が一番だ。」と言いました。「じゃあ何が得意なんだ。」と熊が聞くと「私はすごーく遠くまでよく聞こえるの。あなたは何が得意なのかしら。」と聞き返しました。熊が「俺は鼻がきく。」と答えました。そこにミミズがやってきて「二人ともへんな自慢をしているけど、全然すごくないよ。私なんかすごーく先まで見えるんだから」と言いました。あれっ、この先書いてない。確かくだらない自慢大会をしていたような。
子供に伝えたいこと
くだらない自慢で喧嘩するのってバカらしいよね。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-10 12:48 | 絵本大好き! | Comments(0)

Horton hears a who !

お子さんをお持ちの方には御馴染みDr.Seussシリーズです。2、3年前映画化されましたよね。私も長男と一緒に見に行ったのですが一面のクロバーのシーンがキレイで好きでした。原作本の始めに" For My Great Friend, Mitsugi Nakamura of Kyoto, Japan"と書かれているのも興味深いです。作者から大事な日本人のお友達へのメッセージが含まれているような気もします。変なタイトルですけど、A Who は「Whoという村のWho族の一人」という意味です。

d0168540_15505142.jpgあらすじ
ホートンがジャングルの水辺でくつろいでいると小さな埃の中から物音が聞こえました。どうやら目には見えないけれど、小さな人達がこの小さな埃の上にいるとわかったホートンはこの埃を大事に1輪のクローバーの上に乗せて持ち歩きました。途中カンガルー達に会い、ホートンはこの埃の上に小さな人達がいることを話すとカンガルー達はホートンのことをバカにして信じてくれませんでした。噂はジャングル中に広まりホートンがバカなことをしているのを止めさせようとサルやタカがクローバーをホートンから取り上げました。クローバーは一面のクローバー畑に捨てられましたがホートンは探し当てました。埃の中のwho村の村長はホートンに村のいろいろなものが崩壊してしまったことを伝えました。ジャングルの動物達がなんとかホートンに存在しないものを相手にするようなバカなことを止めさせようとロープを持って集まってきました。ホートンは村長に村中の人達を集めてできるだけ大きな音を立てて自分達の存在を解らせるように言いました。

子供に伝えたいポイント
① 微生物の存在について
② 人からバカにされても自分が確信していることは曲げない。
③ 立場が弱い人間でも集まれば存在を示したり主張を訴えることができる。
④ 大事なことをみんなでやっている時は協力する。一人さぼってはダメ。

解っているけど出てこない単語

speck : 小さい埃

steer : 向かう、進む。自動車のハンドルのことをsteering wheelって言いますよね。

sincerely :本心から。よく聞きますし、解りますけど自分では使ったことないです。

今回学んだ単語

sour : 普通は「酸っぱい」って意味ですけど「気難しい」って意味もあります。

plunge : 飛び込む

pluck : むしり取る

hustle : 急ぐ

tatter : ぼろぼろの

batter : 「野球のバッター」と同じですが、「続け様に打つ」

sneer : あざ笑う

dunk : (パンなどをコーヒーや紅茶などに)漬ける

vigor : 活力。受験英語で出てきたような気がする‥。

ruckus : (米式略式語) から騒ぎ


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-09 17:11 | 絵本大好き! | Comments(0)

The were-Nana

Melinda Szymanik & Sarah Neilsiwe Anderson
Scholastic 出版

d0168540_7281262.jpgWere-wolf は狼男の意味。これは月を見ると恐ろしい大婆さんに変身するお話‥ではないです。一応可愛らしく"Not a bedtime story"なんて書いてあるけど怖くないですよん。いつも妹を怖がらせてばかりのワルい兄ちゃんサイモンが婆ちゃんに仕返しされるちょっぴり痛快(?)なお話。途中の妹ステラ・ローズが怖がる描写や絵が見事で、長男がこれを学校で読んでもらったらしく買って欲しいとせがまれました。あまり難しい語彙はないです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村


解ってるけど出てこない言葉

hollow : 語源はholeで「中空の、空洞の」という意味。ここでは「(声が)うつろに響く、力のない」という意味で使われています。

sloppy : 薄汚れた、だらしのない

loom : ぼんやりと現れる、(危険などが)気味悪く近づいてくる。
全然違う意味で「はた織機」という意味がありますね。昔長男の宿題で「あなたの家にはheirloomがありますか?」というのがありました。heirで「相続人」。heirloomで先祖伝来の家財です。

shudder : 震える。いやでぞっとする。

spell : 普通に「綴り」の他に「呪文、まじない」の意味があります。
[PR]
by pukeko-p | 2011-01-03 07:59 | 絵本大好き! | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧