カテゴリ:移民の国のおつきあい( 27 )

イースターで考える自分の死生観

本日イースターすなわちキリストの復活祭ということで無信教の私ですが自分の死生観について
語りたいと思います。(復活祭はキリストが十字架に架けられた三日後に復活したことを祝うお祭り
ですよね。)敬虔な信仰信者の方々から見ると私のように信じるものがないのは不安なのではと
思われることもあるようですが、法律等で定められたことを守った上で私なりに親から教わったことや
自分の価値観を大事にしているつもりです。ここで自分の価値観をはっきりしておくと生きやすいのか
と思い、まとめてみました。

まずどのくらい生きていたいかということですが、未成年の子供がいる身なので、せめて子供達が
成人するまでは元気いっぱいでいたいと思ってます。できれば孫が生まれて欲しいし、孫が
子供達を支えることができるようになるまで子供や孫を支えたいと思っています。
永遠に
この世に存在していたいかというとそうでもありません。私の母は私が18の時に亡くなりました。
早過ぎた死だと思います。とてもショックでした。でも同時に命の大切さを身に染みて感じました。
私の死も子供や孫にそう思わせるものでありたいと思います。精一杯子供達の世話をしながら
段々と自立させることの手伝いをし、また自分の育児の経験を活かし子供達が育児をする時の
手助けができたらと思います。そして、それが真っ当出来た時、木の葉が枝から自然に離れる
ように穏やかに人生に終わりを告げられたらと思います。

死ぬことにより自分という存在が消えてしまうことへの恐怖は抱いていません。子供の頃の写真の
私は既にこの世に存在していません。死も成長することのように「変わること」の一つに過ぎないと
思っています。今まで生きてきた中で周りの人達によい影響を与えることが出来た部分については、
その人達の中で私の一部が生きていることだとも思っています。むやみに死を恐れることよりも、
そういった部分を大事に生きてきたいと思っています。勿論自分の生活もあるので、人に親切に
ばかりもしてはいられません。そこで自分の生活の基本的な部分を把握しておくことが大事になる
のではと思います。

生活の基本とはやはり「衣食住」だと思います。私はなるべくゴテゴテ飾らずに、この全てをなるべく
自分自身でカバーできるような人間でありたいと思いますが、実際には無理です。そこで必要に
なってくるのが「協力」や「分け合う」精神だと思います。これは非常に難しいことであり、だからこそ
感謝の気持ちが大事であったり、公平であるということが難しいなってくるのでやっぱりなるべく自分も
やってみるというか関わることが大事になってくるんだろうなと思います。自分が全然やったことの
ないことにだと、どのくらいが可能なことなのかもわかりませんし。色んな分野を網羅するためにも
「何事もシンプルに!」が私のモットーです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-04-24 17:16 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)

捕鯨問題について

この国に住んでいて気になるのが捕鯨問題だと思います。おそらく多くの日本人居住者の方々が
ニュースを観ると不快になるのではないでしょうか。また過去に日本人の少年が現地少年達に
このことをネタに重症を負わされる暴力を受けたことがあります。殆どの方が思われることは
「鯨肉なんか食べたことないのに。」「鯨漁などする必要なんかないのでは。」ってことだと思います。
私はそうでした。

私は専門的な知識はありませんが、一応理科系人間としてオフィシャルサイト的なものを読んで
みたことがあります。そこで学んだことをまとめました。間違いえがあればコメント欄にてお願いします。

1) 鯨が絶滅するか?
鯨全体が絶滅するなどということはないようです。種類により絶滅の危機があるものもあるけれど、
そういったものの捕獲はしてないそうです。生態系が崩れるほどの量を捕獲できるはずもないと
常識的にも思います。

2) 鯨を食べることの倫理について
これについては色々議論があると思います。「まだ子供のラムを食べることは倫理に反することでは
ないのか。」とか色々反論はありますよね。ようは「自分は魚は好きじゃないから。」みたいな他人の
価値観は受け入れない欧米文化が根底にあると思います。「鯨は知能が高いから可哀相。」などと
言う人がいますが、これは「知能の低いものなら殺しても構わない。」という危険な思想につながります。
これは個人的意見でなく、どのサイトでも訴えていることです。

3) 何故鯨漁をするのか ?
その昔原発も石油もなかった頃鯨油は重要なものでした。電気を点したり燃料にしたり。
その副産物として肉を食べていたわけです。殺しておいて肉を無駄にするというのも
倫理的ではない気がしますよね。

現在他資源がありますが、鯨を食べていた食文化を止める理由は本当にあるのでしょうか?

4) 何故そんなにバッシングに逢うのか?
これはただ単に貿易に絡んだことらしいです。肉を輸入して欲しいというような。そんなことにマオリの
人達のカルチャーまで利用されて、この腹黒さって嫌ですよね。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-04-13 00:46 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)

オランダとNZの暮らしや教育の違い

長男のクラスで先日私が「日本との違い」についてプレゼンしましたが、オランダ人のご父兄からのプレゼン後日ありました。長男が聞いてきたことを私に伝えた内容なので少ししか書けませんが、年末ノートが家に帰ってきたらもっと付け足したいと思います。

===========================================================

① 土地が海水より低いので防波堤の管理が重要。

② 12階以上の建物の建設は不許可。

③ 水曜日は学校が半休。

==========================================================

③の水曜日が学校半休なのはいいですよね。このお父さんと昔立ち話をしていて「仕事って週4日くらいがいいよね。」と言っていたのを思い出します。大人の仕事も半休なのかしら。

①の話は小学生の頃オランダを舞台にしたアイススケートがらみの小説を読んだことがあり、それにも載っていました。子供の頃読んだ数少ない本なのでよく覚えています。お父さんが確か防波堤管理の仕事をしていて事故に遭って脳に水が溜まってしまった話でした。そのうちの子供達が凍った川でスケートをしていたのが思い出されます。

② やっぱりNZよりはずっと人口が多いようですね。昔この子のお母さんと話をしていて駐車スペースがあまりないので車を止めるのが難しくバイクや自転車を利用している人が多いと聞きました。

ところでこのうちの子Issaちゃんって言うんですよ。小林一茶から名付けたそうです。親日的なご家庭で嬉しくなりました。お父さんは大学で会計学の講師をされていて、お母さんはここではスポーツインストラクターのパートをされていますがオランダでは映画評論家の仕事をされていたそうです。すごく教養を感じるご家庭で、何度か家族で食事に招待していただいたのですが家のラウンジの壁が本棚で覆われていて本当に本の山でビックリしました。お母さんがスポーツインストラクター(水泳とエアロビ)をされているだけあってお子さんへのスポーツの教育も熱心でらっしゃいますが。

このお母さん本当に料理が上手なんですよ。特にケーキはさすが本場ヨーロッパのプライドを感じるっていうか、お子さんをお預かりした時もアップルパイを焼いてきてくださって、これが忘れられない味で自分でもそれもどきを焼いてみました。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-03-09 18:14 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)

コミュニティーセンター主催のルアウ

昨日の夕べ地元Browns Bayでコミュニティセンター主催のパシフィック・アイランド ルアウがありました。

d0168540_7484824.jpg最初はこんな感じのデュオの演奏から始まり小さいものでした。「まぁね、無料イベントだしね。」みたいな感じで。それに看板があって花輪飾りがあるだけだけど「歌はうまいし、なんだか和むよねぇ。」なんて思ってNoodle canteenで買ってきた夕飯のうどんを次男と半分づつ芝生の上ですすっておりました。
食べ終わって芝生にごろーんとしてまわりを見渡すと、皆さんきちんとパシフィック・アイランドっぽい格好をしてらっしゃる!実は私も黒いシャツとスパッツの上にパレオを着てきたんですけど、なんかもの足りない感じ。「やっぱり花輪飾りしてくればよかった。」と後悔。

d0168540_7574373.jpgd0168540_758271.jpg←松明までありました!
d0168540_7583785.jpgd0168540_801243.jpg
d0168540_815234.jpgd0168540_802478.jpgd0168540_821217.jpg
d0168540_852749.jpg子供達も元気に走り回ってて、うちの息子達はお決まりの木登り‥。(実はこの写真の中に次男がいます。ほぼサルです。)あとは適当に同じ学校の子を見つけて一緒にスクーターで遊んだりとか。
d0168540_87315.jpg
隣のマットに座っている人達がおいしそうなチキンバーガーを買っているのを発見。ここで売ってたのかぁ。うどん食べたからもう入らない。息子の友人手伝ってるエライなぁ。多分ご両親が主催者の一人なんだろうな。長男のテニスクラブで一緒でお母さんと私も仲のいい友人なのですが、ちょっと忙しそうだったので一言挨拶だけで失礼しました。

d0168540_8143430.jpgなんだか皆酒飲んでるしぃ。「これはちょっと我慢がならん!」ということで近くのスーパーでビールとおつまみ買ってきました。これは仕事などで忙しい人が友人宅に行く時よく買っていく"LISA's"シリーズのディップ。専業主婦の私には少しお高い($3.80)のですが、こんな時くらいと思って買いました。これ病みつきになるんですよね。塩分高めなので注意。次男やっぱり好きだった‥。絶対酒飲みになるよね、あなた。
ほどよい夕日に照らされてほろ酔い気分で「もぉ~、サイコー。」と思っているところに

d0168540_8205690.jpg
バンドのお兄さん達がやってまいりました。ってことは終盤ねと思っていると‥。

d0168540_822183.jpg
お父さん待ってましたぁみたいな。いえ、お母さんが見ても美しいと思います。もう私はこんなの許されない気がしますけど‥。

d0168540_8233631.jpg
衣装がえまでしてくださったオネエさん達。勿論見学者参加のダンスコーナーもありましたよ。ハワイで見たルアウ並に司会のオバサンも最高でした(笑)。いえっ、これはタヒチダンスだそうですけど。そういや私達ハワイで結婚式挙げました。思い出すなぁ。

大変満足して帰りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-02-19 07:58 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)

私の周りのマオリ人とマオリ文化

注)本記事はあくまで私の個人的経験と主観に基ずくものです。ご了承ください。周囲の人と仲良く楽しくやっていきたいという目的なので明らかな誤情報・誤解に対するご意見歓迎します。

d0168540_17495799.jpgワイタンギ・デーに記事が間に合わなかったのですが、記念日にちなんでマオリについて書きたいと思います。

でも私の住んでいる地域は残念ながらマオリの人少ないんですよね。知人と言えば子供の学校の音楽の先生とママ友1人とご主人がマオリの白人系ママ友1人しか知らないです。でも少ないからこそ貴重な友人。私の住んでいる地域では日本人家庭もマオリ人家庭とほぼ同数くらいでしかも日本人は群れをなして行動していないので少なく感じます。普段はそれも心地よいと感じるのですが、学校のお迎えの時や行事など人種毎に固まりやすい傾向にあるので、そんな時は正直疎外感みたいなものを感じます。最近は白人系の人達も中国・韓国人系の人達も気づいてくれて気を使ってくれるのですが、本当にわかってくれるのがマオリの友人です。

マオリの友人は少ないのですが、ここに移住してきた頃観光業に従事していたことがあり、ロトルアのホテルの予約の時にはマオリのスタッフの方々が多く、また観光業を通じ非常に興味深い文化に触れることができました。

私の周りのマオリ人

傾向 :大家族。家族を大事にする。
家族のことをファーノって言いますよね?よく聞くだけあってやっぱり大事にしてるんだなぁって思います。実際町で見かけてもそれが感じられますよね。

私の周りのマオリ文化

マラエへの遠足に引率した時に色々なことを教わりました。
その時の記事はこちら → 

マラエについてと、TIRAKO(棒を使った遊び)、ゲーム、フラックス織り、ガードの彫刻像についてなど。マオリ語についても触れています。マオリの人達も言語教育には色々悩んだんだろうなぁ。どうしても継承したかった言葉に対する想いなどがひしひしと感じられるように美しい言葉が多いですよね。

ミュージアムでワカやボートなどを見るのも好き。マオリの人の文化には何もないところから築き上げた強さとか生活の基本とか考えさせられますよね。

学校でもハカとか習いますよね。ハンギを学校で実演してくれたマオリのお父さんも。日本の焼き芋みたいだなあと思いました。温泉が好きだったり日本文化ともいろいろ共通点あって面白いですよね。

d0168540_1813819.jpg幼児期にいろいろ歌などでマオリ語も覚えました。

マオリの人って歌が好きなイメージありませんか?

私は昔ニュージーランド航空のCMに使われていたPokare kare kawaが特に好きです。ニュージーランド航空のマオリの歌が使われているCMは好きなのが多いです。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-02-09 18:33 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)

私の周りの中国人と中国文化

注)本記事はあくまで私の個人的経験と主観に基ずくものです。ご了承ください。周囲の人と仲良く楽しくやっていきたいという目的なので明らかな誤情報・誤解に対するご意見歓迎します。

中国人・韓国人の方々新年ということで記事にしてみました。中国でも韓国でも同じ日だそうですね。新月によって決まるんだったかな?聞いたけど忘れてしまいました。

私の住んでいる町の中国人比率は学校でいうと一学年80人くらいの中5人くらいのイメージです。日本人よりはいますね。韓国人がその3倍くらいいます。Early Childcare centerみたいな施設や学校のようなコミュニティに行くと言語レベルや置かれている状況、食文化が似ていることからアジア人同士仲良くなりやすいですよね。

私の周りの中国人

日本人でもいろいろな人がいてひとくくりには出来ないけど、傾向とかありますよね。

子供の傾向
やや一人っ子傾向にありますよね。今でも大家族の家もあります。個人差ありますが、学力重視な家が多い気がします。私の周りでは音楽や芸術、スポーツにはやや力を入れていない人が多い気もします。ここら辺が同じ勉強を頑張っている韓国人とは違うところかな。

一人っ子傾向の記事はこちら → 


長くなるので続きは後日。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-02-02 18:00 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)

私の周りの中国人(一人っ子傾向)

d0168540_1730121.jpg次男の親友
香港人(父)と韓国人(母)のハーフ。こういうハーフちょっと珍しいかもしれませんね。

お父様が飲料輸入会社にお勤めだからなのか面白い飲み物いただきました。香港製品で「菊花茶」って書いてあるんですよ。飲んでみたいような、でもちょっとどうしようかなって迷ってます。でも日本人も春菊食べたりしますよね。体によさそうです。パッケージが可愛いので、もうちょっと取っておきたい気もするので冷蔵庫に保存してあります。

アジア系にありがちな3世代同居生活。ご両親とも共稼ぎで、次男がよく遊びにいくんですけどお爺さんお婆さんが面倒見てくださいます。英語があまりわからないので不安なのですが、次男によくいい聞かせお友達には通訳してくれるよう頼んでいます。今のところ問題なく楽しくお付き合いさせていただいてます。いろんな子育て経験してらっしゃるからなんですかねぇ。お爺さんのお料理がとってもおいしいらしくって食いしん坊の次男が遊びに行った時のご馳走になったものの話をしてくれます。

ちなみに一人っ子です。

② 隣のうちの人
学校の送り迎えの時などによく話します。北京出身の人で女の子のお母さんらしく物腰は柔らかです。20年前中国を旅したことがあるのですが当時は単刀直入に物を言ってとにかくガンガン喋りまくるイメージがあったのですが他の近所の中国人も含め物腰が柔らかいし中国人も変わったなあと思ったら、「M(次男)ってちょっと太りすぎじゃない?」って指摘してくれました‥。でも有難いです。自分ではちょっとポッチャリくらいに思ってて子供だしこのくらいかなぁなんて思ってたので。ちゃんと食事管理するようになりました。うちの通り(20軒程)の他3中国人宅は1軒を除いてこれまた一人っ子です。うち1軒中国系シンガポール人。

③ 長男がpre-schoolの時の親友
北京出身のお母さんとドイツ人のお父さんのハーフ。お父さんの海外赴任で短期滞在していて、まだ幼稚園児なのに中国語・ドイツ語・英語に堪能。とっても頭のいい子でした。お母さんもとっても教育熱心。preschool卒業後近くの公立の小学校に通っていましたがつまらなかったらしく、結局遠くの私立の小学校に通うことになりました。彼も一人っ子。お母さんいい人なんですけど‥、言葉の発育の遅かった長男の教育にガンガン凹むようなこと言われました‥。いやっ、こうやって強くなっていくんですよね、人って。いろいろいいアドバイスもらって長男も学校にいくまでにはなんとか言語レベルも落ち着きましたし。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-02-01 22:38 | 移民の国のおつきあい | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧