カテゴリ:家族や友人のこと( 86 )

父の介護のため里帰り

d0168540_8354248.jpg3月末より4週間父の介護のため里帰りする予定です。
兄が実家にいるのですが兄は頼りにならないんですよねぇ(涙)。まぁ仕事もあるんでしょうがないんですが。
兄自身中学生の頃から腎臓が悪く人工透析をしている
ので仕方ないんですけどね。

先月心臓発作で救急車で運ばれ、大丈夫だったのですが足も怪我していて自宅で生活することが困難なため、自宅近くの老人介護施設にお世話になることになりました。
足の回復は順調で歩けるようになってきているそうなのですが、痴呆症が始まってきていて、スタッフの方を私だと思っているようです。心配だけど、でも私だと
思ってるってことは結構きちん優しく接しているのかなと思ったり。実際笑ったり様子は穏やかそうなのが
救いなのですが。

d0168540_839162.jpg見舞いにきてくださる方々、ご近所の方々、施設のスタッフの方々と今連絡中ですが、とりあえず2月から長男が
中学入学で最初は色んなオリエンテーションもあり、申し訳ないながら、今からは行けないことや春休みも2週間
なので次男に2週間休みを取らせて、次男だけ連れて
帰省することにしました。それ以上はやっぱり学校生活上支障が出てくるので避けました。現地校での成績は2学年上回っているのでさぼっても問題はないのですが日本語があまり出来ないので不安です。これを機会に出来るようになってくれたらいいなぁって思います。あまり頻繁には
里帰り出来なくて申し訳ないのですが、施設でお手伝いさせていただきたいと考えています。次男にも手伝わせようと思ってます。お洗濯とか掃除とか、アクティビティとか。
施設長さんやスタッフの方々とよい関係を築けて、こちらに帰ってきてからもコミュニケーションが取れるよう頑張り
たいと思います。また面会に来てくださる方々や以前より親しくお付き合いいただいている方々にもご挨拶に伺いたいと思っています。

d0168540_8441299.jpg施設長さんからのメールより父に「写真付きで手紙を送ってあげてください。」とありました。痴呆症の症状が軽減
されるそうです。早速フォトフレームに写真を入れて送り
ました。別送便でスタッフの方々にお菓子も。今度どん
どん思い出話を写真付きで送っていきたいと思います。

他こんなことしておくといいよ。」という意見がありましたら、よろしくお願いします。

多分実家は兄一人だと大変なことになってるんだろうなぁ。エンドレスな大掃除で明け暮れそう。。。

でもせっかくの次男の日本体験なので楽しい思い出も沢山作りたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2012-01-14 08:46 | 家族や友人のこと | Comments(0)

親の老後をどうするか

d0168540_9461818.jpgうちの場合は結婚していない兄が父と同居しています。母は私が若い頃に他界しました。父は今のところまだ元気でいてくれていますが、夏や冬は辛いらしくて「この夏はこせなかもしれない。」なんて毎年言われています。「兄に何かあったらどうしよう。」って心配になることは時々あります。でも心配してもどうにもなんないんですよね。夫も「こちらで同居してくれて構わない。」って言ってくれてはいるのですけど、父は昔から住んでいるところを離れたくないようです。里帰りをした時にご近所の方々や診療所の先生に挨拶をしておきました。「なかなか帰れなくて申し訳ないんですが‥。」って言うと、「海外に出ていなくても皆仕事の関係なんかでそんなもんだよ。」と近所の方に励ましてもらっちゃいました。町全体は介護関連サービスも充実しているようでよかったです。兄が介護を担当するのはいいことだと思っています。子供を育てたことのない人なのでオムツ換えのような排泄物の処理なんかしたことないので。自分で世話した経験のない人はもし自分が老後にそういう機能が衰えて人の世話になる時とんでもない態度に出そうだからです。オムツ履きたくないとか。私ならそういう風になったら周りに申し訳ないので迷わず履きます。それとこういう状況ってハードに思えますけど、そんな時こそ花とか月とか自然の美しさを一際感じて癒されるもんです。そんな経験もヒトとしてしておいたほうがいいのではって思うんです。


d0168540_1034269.jpg今は子供達も小さく就学の問題などから帰国することは躊躇っています。私は義務教育はなるべく一貫した状態を保つべきだと思っているので。国をまたがった転校をするのは知識にムラを生んでしまう気がするのです。義務教育が終わったら、日本に帰って地元で介護関連の仕事がしてみたいと考えています。体があまり強くないので、どうかわからないのですが。それまでに父が持ってくれるかわかりませんけど、それまで父によくしてくださった周りの方々に恩返しがしたいと思っています。自分もこういう経験をしておいた方が豊かな老後を過ごせると思うんです。ステキな老後の生活を送られている方もいらっしゃると思います。お年寄りは知識が豊富なので色々教えて頂けるかもしれませんよね。私のここでの生活の話をしたら興味を持って聞いて頂けるかもしれません。今の生活も無駄じゃない気がするんです。時々「なーんで私こんなところにいるんだろ。でも自分で夫について行くことを決めたんだからしょうがないか。」なんて考えちゃうんですけどねぇ。

写真のまだ赤ん坊で何もできない自分を守ってくれた親ですから。リスが飼いたいと言えば飼ってくれて小屋の世話をしてくれた父。いつもカワイイ服を縫ってくれた母を支えていた父。母を看取った時と同じように温かく最後を迎えさせてあげたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-08-12 17:29 | 家族や友人のこと | Comments(0)

離婚を考えた時

全く考えたことがないってカップルもいると思うんですけど、「長い結婚生活でそんなことはあるよ。」って言うカップルも沢山あると思うんですよね。実際に友人にご両親がどうであったかと言う話をすると「1年に2回くらいそんな話が出る。」っていうおうちも結構聞きます。この国は離婚が多いですよね。嫌だと思ったらもうやり直せない気質なんでしょうね。日本の場合は大概「子供のために」って持ち直すと思うんですけど。

夫の両親も夫が15歳の時に離婚しています。口論をしているところを見たことも聞いたこともなく何故離婚に至ったかは謎であるそうです。

うちの両親はしょっちゅう口論してました。母がとっても感情的な人なんですよ。幼い頃にお母さん亡くしちゃったからなのか感情のコントロールがうまくできないんですよね。子供ながらにちょっと嫌だなって思って私はあまり感傷的に成り過ぎない無いよう努力しています。こまめに体を動かすとか。母の場合小説を読んだり、ドラマを観るのが好きだからっていうのもあると思います。体を動かすのはあまり好きじゃないんですよね。父がよく「道を行くと人が振り返った。」と自慢するくらいの美女であったそうなのですが、私の知ってる母は普通のオバサン(笑)。面影もない感じでした。若い頃の写真を見て「すごーい。」と思いましたけどね。うちの両親は離婚をしていないです。いっつも喧嘩しているのがうるさかったんで「さっさと別れちゃえばいいのに。」なんて思っちゃたりしましたけど、両親が離婚してたらやっぱりもっと貧乏を経験してたでしょうね。

で、私は離婚を考えた時があるかと言えば、、、、、、、、あります。

というかこれは保留中です。真剣に考えたのは2年前くらい。実際に離婚と言う言葉を夫に向かって言ってしまったことがあります。でも彼の方が冷静で子供のために二人とも思いとどまりました。やはり子供の年齢的に家族がばらばらになるべきではないし、彼も仕事に集中するために私が家にいて家事をして欲しいのだそうです。私が子供が高校にあがる頃日本に帰国したいという提案には同意してくれました。子供も一緒に日本に留学できますし、私も父の世話ができます。それまで生きていてくれるかはわかりませんけど、それが人としての道だと思うのです。兄と同居していますが、兄も独身だし若い頃から腎臓に疾患があります。

私は夫が離婚に踏みとどまってくれたことに感謝しています。現実的に私みたいなオバサンで長い間専業主婦をしてきた人間に日本に帰ってどんな選択肢があるんでしょう。現実はそんなに甘くないと思います。わかってるけど、その時は私は切羽詰まっていました。本当にダメになりそうでした。別れるにしても感情的になって滅茶苦茶にはなりたくないです。子供達が夫に対して尊敬ができなくなるような別れ方はするべきではないと思うんです。と、言う訳でこういう選択肢にしました。離れている間にお互い感謝すべきことが身に染みてまた元に戻れるかもしれないんですけど。1年前までは微妙な関係が続きましたが、最近は「両親であること」に集中して穏やかな関係にいます。住宅事情からもずっと2階と1階という所謂家庭内別居状態にあるのでわざわざ離婚する必要もないかと思います。お互いに不倫とかそういうことが原因ではないので。

なーんて重重しいこと書きましたけど、日本に帰って色々やりたいことがあって楽しみです。まだまだ先ですけどね。女友達にも会いたいし、実家に住みながらバイトもしてみたい。ケーキやパンを焼くのは得意なので、そういうところで雇ってもらえるかもしれないし、私が憧れちゃうのは手焼きのお煎餅屋さん。修行してみたい!お醤油が焼けるいい匂いしそうじゃないですか。甘いかもしれないけど、オバサンにもできそうな気がします。後は子供英語教室の先生とか。苦労してきたことが無駄にならない気がします。後は病院の清掃婦。大変そうだけど、病院の事情とかわかって自分が将来年老いて入院する時も安心な気がします。

夫とはぎくしゃくした関係とかではなく、友達のようないい関係です。これからまた夫を好きになることはあるんですかねぇ。なくてもいいとも思いますけど、時々義母の家で花を摘んでプレゼントしてくれたり、魚を釣ってきてくれたりするので私の努力が足りないのかもしれないですね。でも時々限界を感じたり‥。毎日が穏やかに過ぎ去ってくれるのが今いちばん嬉しいことです。

でもね、これって夫婦の関係の節目に起きてしまう摩擦だと思うんですよ。うちの場合1年半交際の後私が26の時結婚して、4年して長男を身ごもって、その3年後に次男妊娠っていう経過だったのですが、次男が2歳頃にちょっと亀裂が入ってしまいました。結婚前は夫の彼女、新婚時代は彼女件義母の娘で頼もしい経済的パートナー、妊娠してからは私はすっかり母親になってしまいました。自分で言い分けさせて欲しいことはあるんですが夫のことまで手が回りませんでした。きちんと身の回りの世話もしてたし、「おかえりなさい」と「いってらっしゃい」は言うように心がけていたつもりですが。今考えると自分が重度の貧血にかかっていたのを気がつかなくって自分にゆとりがなかったことが原因なのかなって思います。そこから一緒に暮らしてるけどやや家庭内別居状態になってしまったのですが、次男の問題をきっかけにまた「両親として」結束したと思います。こういうことってドラマ仕立てになりやすいけど、よく起こりがちなことだと思います。よくよく考えてみると普通夫と同時には死なないんですよ。段々とコミュニティーの中で助け合って生きていかなきゃならないんだと思います。いつまでも恋人のような夫婦でいたいと思うこと事態がちょっと間違えなんじゃないかと私は思います。病気をしたら看病してあげるし、経済的に困ったら私が働きに行っても構わない、そして一緒に子供の成長を喜んだり、問題があれば取り組むのが夫婦なのではないかと私は思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-08-08 14:24 | 家族や友人のこと | Comments(0)

夫の手料理

イースターでお店や娯楽施設も閉まってますし、家にいるってことで夫にも料理を作ってもらいました。
専業主婦なのであまり外食はしませんが週1回くらい夫がごはんを作ってくれます。このイースターホリデイは1日1回作ってくれてノンビリできましたヽ( ´ー`)ノ。

感激!またお願いっ 、ダーリン O(≧▽≦)O 。

作れるものは、

(朝食)
パンケーキ、ポリッジ

(昼食)
チーズトースト、オムレツ、ベークドビーン、ピザ

(夕食)
ロースト類、ステーキ類と野菜添え(大体そのまま)、フィッシュ アンド チップス、ソーセージとマッシュポテト

(デザート)
チョコレートケーキ、チョコレートマフィン、アップルクランブル


さすがKiwiハズバンド!シンプルだけど、私もそんな風に生活すべきかなって思って影響されてきました。
段々歳を取ってくると体が弱ってくるので、お粥やうどんなんかも作れるようになって欲しいなぁって思いますけど‥。DIYもちょっとできるし(義弟が得意なので、あんまりやりませんが)、キレイ好きなので2階の掃除は担当してくれたり週1で洗濯もしてくれる夫(さすがに私の下着までは洗わせませんけど("▽";)。)最近は子供のお弁当も週3で作ってくれてます!これも子供といいコミュニケーションになるんですよ。「なんで残すの?」とか「来週は何入れたい?」とか。家事の苦労がわかってくれるので変な注文もつけないし。(前は帰宅早々夕飯のおかずを聞いては「今日のおかずこれ嫌だ。何々が食べたい気分。」とか子育てが忙しい中言われてカチーンと来たことがあります。)

これからも頼みますですm(_ _)m。

あんまり自分一人で完璧には家事をしないテキトーな嫁な私‥( ̄∇ ̄*)ゞ。
でも「カリカリしない」これは私のモットーの一つでもあるんです。
亭主関白の父と逆らえない兄のいる家庭で子供の頃からあまり男性には歯向かわないよう育てられてきてしまった感があり、理工学部や会社で男性の多い環境にいたのですが「文句を言うオンナ」これがいちばんダメなようです。コズルイとかそういうんでなく、男性の多くはブーブー言っても動かない。そういう生き物な気がします。それよりもどうして欲しいのかお願いすること、やってくれた時に上げ上げに褒めること、これが重要ポイントであるようです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-04-25 17:50 | 家族や友人のこと | Comments(0)

うちのお嬢

d0168540_1812130.jpg今週テーマは「」と決めたので親バカ丸出しワールドで行きます。(いつもだけど。)こういう無防備な彼女を見ていると和むんですよね。そうそう。女の子は体力ないから一杯休まなきゃね、みたいな。ついつい動き過ぎる典型的ニホンジンな私のところに来て「休む」ということを教えてくれる。雑草抜き一時間くらいしてると攻撃してくるんですよ‥。「お腹すいた。」とか「構って。」みたいな感じで。
d0168540_1815210.jpg私達がガーデニングしているとすかさず来る彼女。皆で庭にいることが好きみたいです。家にネズミはいないのですが鳥を捕まえてくれるので果物の収穫率が上がりました。ペストコントロールにもなるし、オークランドみたいなところだと猫飼いお奨めです。猫嫌いな近所の人がいても「無視すればいいだけ。自分は嫌いだけど猫がいることによるデメリットよりメリットの方が多い。」というくらいの知識が皆キチンとあって猫が飼いやすいです。
でもどうしてヒトの子でも動物でも寝顔ってカワイイんだろう。昨日の記事の" GUESS HOW MUCH I LOVE YOU"にもLittle Nutbrown Hare の寝顔があるんですけど。気持ちが和みますよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。


[PR]
by pukeko-p | 2011-02-16 18:24 | 家族や友人のこと | Comments(0)

バレンタイン・デー

d0168540_1713688.jpgうっふふー、今年買ってもらったのは、これの左のボールみたいなやつ。ヘアスタイリングのハードジェルなんですけど。っていうか自分で美容院に言った時に買ってきて事後報告。「プレゼント自分で買ってきたから、気遣いは要らないよぉ。」みたいな、おいおい(^_^;)。でもホントーにその方が夫も楽チンみたいです。

更にこのバスルームまでピッカピカに磨いてくれた夫(涙)。私もこまめに掃除はしているのですが大掃除は夫の方が得意なんですよね。

っで私が夫に何をあげたかというと‥。

何も‥。

だってぇ専業主婦だしお財布一緒だしぃ。テレビ観ないのでわからないのですがバレンタイン・セールってやってなくありませんか?クリスマス・セールは値引率も高いからお互い「好きなものドンドン買っちゃいなよ。」みたいな感じで太っ腹なのですが。

やっぱり、あれかしら。国生さんにそっくり‥‥‥じゃない私が

♪ バレンタイン・デー   キィスッ

がいいかしら。んーっ、これはとっくの昔に通用しなさそう。本でも買ってあげようかな。ビジネスマンの夫が「ほぉっ。」といいそうな奴。わかんなくなって夫に聞いてみちゃったら、「いつもおいしいもの作ってくれるからいいよ。ありがとう。」ですと(涙)。思えば毎日会社から直帰な夫。明日からこの人のために心を入れ替えて生きようと思った次第です(汗)。

d0168540_17333077.jpgこれは去年買ってきてくれたベコニア。「持つかしら?」と思ったけど1年持った!私達の結婚生活も時々「持つんだろうか?」って思うことあったんだけどなんとか15年一緒に暮らしてきた。来年もまたバレンタイン・デーを一緒に祝いたいなぁ。

結婚生活は花を育てる事に似ていると思う。水や肥料が足りてるかどうか管理することが主なことの一つ。与えすぎても腐るし、足りなくても枯れる。枯れている部分は取り除いてあげる。そして自分は太陽のような存在で入れたらなと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-02-14 17:42 | 家族や友人のこと | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧