カテゴリ:育児( 183 )

相手を尊重する話し方(英語編)

もう小さい子じゃないので"Do this."みたいな命令調に反発する
年頃ですよね。14くらいって。

かと言ってもまだまだ子供でもっとちゃんとさせなきゃいけません。

"Don't you need to do this ?"とか"I think you have better to
do this. How do you think ?"とか誘導して考えさせることが
必要ですよね。

"I respect your own decision. It's just a reminder."とか
"I am not telling you what to do. You must motivate yourself
to do."とか加えます。自分でやる気を出させたり、責任意識を
芽生えさせるのに必要なことです。

勿論それを受け入れないこともしばしばで" Mum. I am ok.
I have done this."に続き状況を説明してくれます。
そういうこと大事だと思います。何にも話してくれないから
「へー、今こんなことやってるんだ。」って知るきっかけに
なります。

で、「いつなの?それ。」って話になります。
子供って時間や期限の管理が出来ないのでそういうこと
言ってあげるの大事ですね。

"How do you think not to fail this any more ?"って
素直に自分で向かい合えるよう優しく聞くしかないですねぇ。

"Don't do this."も駄目ですね。"I don't think it's
a good idea to do this because ....."って言うことが多い
です。

どうしても息子にごり押しされて、自分としては「どうかなぁ。
ちょっと甘やかし過ぎかなぁ。」って思う時は" I'm not sure
about it. Let me have time to think about it.」って言います。
時間が経って気が変わることも多い年頃。

また同じことを押しに来た時はその要求をお母さんはわかってる
ってことを示すために「あなたがしたいことはこうなのよね。」
って言って「Right ?」で優しく目を見ます。で、"But I worry
a bit about it .I don't think it's good for you.Why not to
focus on this ?"です。

これはネパール人の女友達がそういう柔らかい話し方をいつも
していて感心して、自分も彼女の姿勢を学びたいって思ったこと
です。

ちょっと止めて欲しいこと、例えばうるさいとか、うちは給湯が
ガスじゃなくて電気なのでシャワーのお湯を使い過ぎると
すぐになくなるとかそういうことに関しては"Stop doing it."みたいな
言い方も駄目で、"I feel a bit annoyed about you are doing it.
Is it possible to ....?"みたいに言います。


学校側も"Do this."と言うよりは多くの機会を与えてくださって
"Try this."みたいな感じなのに親が"Do this."って解釈して
成績表の数値だけを見て状況を判断するのはどうかな
って思います。

例えば理科だけど、いい時と悪い時があって、いい時は
何を勉強していたのか、生物の時だったのか
化学だったのか、物理だったのか。来年は生物、化学、
物理に分かれて選択教科になってます。子供って
そういうこと気づかないと思うんですよね。一括りに
理科は得意か苦手かになっちゃうと思います。

自分で選ばせて、「これ自信あるの?」とか「これ好きで
挑戦したいの?好きだったら続けて言ったらよくなるかもね。」
って言ってあげたいです。

出来ればタイミングも大事。話しかけてくるのを待つのが
いちばん話を聞いてくれるタイミングですね。上の子は
「ご飯何?」ばっかりだったのですが、下の子はやっぱり
甘えが強いのか構って欲しくてくる時もあります。

ここがチャンスですねぇ。どううまく話すか。
スケジュールの話みたいに緊急でない話は子供の方から
来た時に話したいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。
今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-04-23 13:32 | 育児 | Comments(0)

バスケ第2戦

風邪を引いて学校をちょっと休んでしまっていたんですけど、でも
試合出たいって言って試合の日は学校に行きました。いつもは
病気でもないのに宿題が多い時や試験前、音楽の実技前に休みたがる
んですけど、、、、すごい変化でよかったって思います。

風邪ひいてたからもあるかもしれないんですけど、あんまり
本当はそれほど体育のセンスない気がするんですけど
本人がやりたい意思が高いから先生がいい成績くださったん
だろうなって思いました。

始めたばかりなので、なんとなくチームに馴染めない感じが
しましたし、自信のなさも感じたけど楽しそうだったのが
よかったです。

母親なのでいいところに共感してあげたいと思って
「楽しかった?あきらめないのよ。待ってる間よく試合観てたね。
観るのもどう動いたらいいのかわかって自分がプレイするのに
役立つよね。最初あんまりボール触ってなかったけど、
でもちゃんとボールに追いついてたし、周りとの距離感を
きちっとしてたね。だんだんとボールに触るチャンス
増えたじゃない。まだ始めたばかりだからパスが回って
こないけど、続けてたらうまくなるし、チームから信頼されれば
パスが回ってきてもっと面白くなる。続けようね。」

って言いました。

私も試合が観れて面白かったです。

試合に出たいから体調のコントロールも出来るようになったらいいな。
ちょっとのミスも「どんまい」ってすぐリカバリー出来る心とか
養って欲しいです。今は楽しいと思ってることに注目してあげたいと
思います。

もっと体がタフになって感情のコントロールも出来るようになれば
勉強もなんとかなる気がするんです。とにかく勉強をする時に
集中力がないんです。今どきの子らしくグーグル力はすごいんです
けど。

勉強教えてる時蛾が飛んできて「母さん蛾ってどのくらい
寿命あるの?」って聞いて、「知らないわ。」って答えると
その場で検索したりするような頭はあるので、、、。
ねぇ、宿題とかテスト勉強やろうよ(泣)。

確かに目の前のことをもっとちゃんとやった方がいいのかも
しれませんけど、そういう問題じゃないですよねぇ。


長男もいろいろ心配したけど、なんとか順調みたいですし、
先日は学校の調査研究のために山登ってきたみたいです。
とにかく昔からタフなところは長男の長所です。

小さい頃はお母さんが相手してあげなきゃいけないから
私クタクタでしたけど(遠い目。笑。)。

後何年かちゃんと育てたら下の子ももうちょっとなんとか
なりますよねぇ、、、、、、、、、。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。
今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-04-19 10:32 | 育児 | Comments(0)

時代の時間間隔の話と次男バスケ初試合の話

ネットの時代になってきて、皆体内時計がおかしくなってきてる
気がするんです。

いつも下の子が遅刻しそうでイライラしてしまうんですけど
iPhoneでゲームしてたり、誰かにメッセージ送ってるんです。

今日はバスを一本逃してメッセージを送ってました。

「その相手の子も遅れるし、その子があなたを遅らさせたって
罪悪感を感じることになるじゃない。早く行きなさい。」って
言いました。

「あっち行ってよ。10分したら学校に行くから、」って
真面目顔で言われました。

もしかしたら友達から助けを求める大事なメッセージが
来てたのかもしれないし、わかんないですよね。

この歳だと家の事情で例えばお父さんがお母さんに暴力を
振るってて、精神的に滅入る子もいます。
次男自体がいじめられたって感じではないんですけど
友達がいじめられてて助けを求めるメッセージを
送ってきたのかもしれないし。


遅刻してはいけないことを本人も重々わかっている筈だし
遅刻の罰も昼休みに受けるし、母親の私が更にストレスに
なるようなことは言えず、ちゃんと次の日からは遅刻せず
学校にも行って宿題も出来るように気が休まる空間を
作らなきゃいけないんだなぁって思います。


長男は昔から全く遅刻をしたことがなく、しゃきしゃき
してるんですけどねぇ。下の子は自立心に欠ける傾向に
あるんでしょうか。すごく感受性が強くて優しいところも
あるんですけど。

やっとバスケのチームに入って試合とか頑張ってるので
あんまり繊細になり過ぎず、もっと大らかな心を
養って欲しいなぁって思います。

それはきっと母親である私ももっと気持ちを大らかに持って
周りが気が楽になって毎日を過ごしやすい空気を作って
いかなきゃってことでもあると思うんですけど。


平井堅さんの歌「style」の ♪ Break your style
Break your rule ♪ 部分がこだましています。
勿論遅刻OKってことじゃないけど、時として
ルールより大事なこともありますよね。


昨日初試合で負けたらしいんですが、「初めてで勝てること
ってあまりないよ。諦めないのよ。」って言って
長男が茶化したのを本人も「兄ちゃんは初試合で勝ったの?」
って言い返してたので、大丈夫だと思います、、、。

「そうよ、それにチームスポーツなんだからね。あなただけの
責任じゃないし、だんだんとチームワークよくなるから。
あなたのチームは負けたけど学校全体では勝ったのよね。
チームスポーツって面白いね。」って言いました。

次男は背が高くてチームの中でもいちばん背が高いけど
大会の中で自分より15センチ以上高い子がいて
ちょっと驚いた様子(笑)。

母親としては勝つ負けるより、何時までにどこに行かなきゃ
いけないとかスケジュール感覚が身についたり、
いろんなところで試合があるので土地勘が生まれることも
どんどんこれからもやってて欲しいなぁって思うところです。


学校の先生も大変でいらっしゃると思うので、来週各教科毎の
面談があるのですが、真剣にお話を伺って、授業に集中して
いない時があることを親の私が謝って、学ぶ機会を与えて
くださっていることに心を込めて感謝を伝えたいと思います。

まだ子供で精神的に未熟だし今はスランプを感じてる時な
気がするので、いいところを言ってくださった先生の言葉を
きちんと拾って、そこを息子に伝えることが自信になると
思うし、それが楽しくなればうまくいかないことが小さく
思えて気が楽になってとりあえずなんとかやるってことが
出来るようになるんじゃないかと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-04-11 10:21 | 育児 | Comments(0)

成長期のイライラに効くカルシウムたっぷり料理

お母さんはやっぱりご飯作ってあげて、笑顔で「おはよう。」
「Have a good day,I love you!」
って言ってあげて、話しかけられた時やさしく聞いて
なるべく納得出来るようなことを言ってあげるしかないですね。

チーズ系の料理もいいと思うのですが、次男はちょっとぽっちゃり
してるので、脂肪分が少ない魚料理を極力作ってあげたいと
思います。でも魚 プラス チーズ系が最強なのかな。

勿論バランスの取れた食事を心がけたいし多品目食べた方が
いいとは思いますが、ちょっと今の時期心がけて食べさせて
あげたいものって思ってます。

「肉肉肉肉が食べたいー。」って言うんですけど、肉ばっかりだと
なんかアグレッシブになる気がするんです。勿論野菜と
一緒に出してバランス取ってますけどねぇ。

海老食べたがるんですけど、やっぱりそうなんでしょうね。
調べたら桜エビいいみたいなので、もっとかき揚げやこれから
キャベツの季節なのでお好み焼きとか作ってあげたいです。
青のりのカルシウムたっぷりだし、食欲をそそりますね。

豆腐より乾燥した凍り豆腐の方がカルシウム含有量が多いですし、
切り干し大根とかひじき、わかめ、胡麻など乾物にも
多く含まれるので、家に常備出来て便利!もうすぐ
ほうれん草の収穫時期なのでほうれん草の胡麻和えも
沢山作ってあげたいと思います。

出汁を取った時の昆布に胡麻を加えて佃煮をよく作るんですけど
これもカルシウムメニュー。

サーディンの缶詰好きなのでニンニクスライスと唐辛子と
刻みパセリのパスタとかもいいですね。パセリも意外と
カルシウムあるんだそうです。

大豆もいいそうなので、お味噌汁毎日作りたいと思います。
日本にはいないので2日に一辺くらいだったけど、もうちょっと
頻度を増やそう。息子達大好きだし。

しらす干しは冷凍で売ってますけど、今季節じゃないみたい。

私もイライラ防止にカルシウム意識して取りたいと思います。
女性の場合は大豆製品は特に摂取したいですよね。

朗らかに歌ったり、ピアノ弾いたり、後は家事や仕事、
庭の畑の作業で思いっきり体を動かしてたり、踊ったり、
ストレッチしたりして発散しています。

家でも仕事でもニコニコ「おはよう。元気?」って言うのが
いちばん発散出来るかも。鏡の前の自分にもにっこり。
自分で自分のケアをきちっとすること大事ですよね。

疲れてるとプラスの感情が減るので、自分のこともちゃんと
チェックして「あー、疲れてるなぁ。」って思ったら
絶対にやらなきゃいけないこととどうでもいいことを
整理して時間のゆとりを作るようにしています。

疲れてても頑張るのが日本人的美意識だと思うんですが
私は昔からマネージメントをきちっとすることに意識を
おいていて朝出社したらやることのプライオリティと
時間の管理を計画して出来なくっても帰っていい範囲と
絶対やらなきゃいけないことの線引きは大事してました。
今も家事はその方法でやってます。

OL時代から大事なプレゼンの前に精神的に滅入ることが
あってもそれを顔に出さないようお手洗いの鏡の前で
お化粧直しながら人に好感を持ってもらえる表情を作って
みて自分自身がしっかりさせてもらっていたことを
思い出します。

今もそれは同じで息子達の前で負の感情を引き出さない
表情大事だなぁって思って鏡をじっと見ること多い
んですが、自分自身が気持ちよく過ごせる習慣です。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-03-04 12:05 | 育児 | Comments(0)

強くなければ心は作れないですよね。

強いって言うのは誰かを打ちのめすことじゃないですよね。

うちだけじゃなくって昨今残虐性のあるゲームや動画で
息子がアグレッシブになったり勉強しなかったりとかで
困るおうちも多いと思います。

家の恥だと思って言えない人も多いと思うんですが、
実際はそうだと思うし、なくなればいいし、こんなものを
作っている人の心理は全く理解出来ません。

攻撃的な人間、怠惰な人間が増えて世の中どうなると思うん
でしょう。それを蔑む勇気も必要だと思うし、どんなに
酷いことをされても凛として自分が為すべきことを
こなして明るく生きて行って、それを怒りに思うのは
自分を醜くさせることで損なことだと思います。

蔑まれてもなんとも思わないような人間じゃいけないと
思います。そこに人的美しさは大切ですよね。

確かに怒りがないと言えば嘘になります。でも、しなきゃ
いけないことに対して立ち向かっていれる自分を
幸福だと思う機会でもあると思うんです。

それを楽しくやっている自分を見て、自分もやってみたいと
思わせて今までの自分が間違っていたと気づかせるようで
ないと駄目なんじゃないかな。それを人は本当の意味での
美しさだと思うのではないかと思います。

長男はその時期を乗り越えたのですが、今次男がそんな
時期です。

正直家出して、お母さんがいないとどんだけ困るのか
しらしめたいって思うことはあります。どのお母さんも
それは経験していて実際実家に帰った経験のある方も
多いでしょう。

「ほっ」のMVを見て、そういう疲労を癒してます。

「僕の心をつくってよ」を聴いて、ちゃんと育てていかなきゃ
なぁって勇気づけられます。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-02-28 14:01 | 育児 | Comments(0)

ネガティブな経験は大切なことを言葉で伝えるチャンス

学校の先生と話し合いました。学校での様子はそれほど心配ない
感じでした。でも家での様子を聞かれて答えた時には
今手を打つべき真剣な状況だと思いますって言われました。

大変な状況だけど、先生と信頼出来るいい関係が築けてよかった
です。チームワークが悪かったらプラスのパワーは引き出せない。

友達との関係に悩んでるとは思えません。そりゃあ少しはある
でしょう、誰だって。本人も言ってました。時々意地悪な時も
あるって。でもそれって本人が悪い時もあるし、自分で
学ばせるしかないですもんね。

本人と話してみて、今どの教科も難しくなってきて嫌になってる
みたいです。実際先生と話して早目の通知表を見せてもらったら
がくんと下がってました。

まず目立ったのが音楽。

今年は選択科目として履修しているのですが、音楽選択の子は
大抵小さい頃からピアノを習っているような子達だと思います。
その中でやっていくのが大変なんでしょうね。去年まで
何も音楽の習い事をしていないのに成績がコンスタントによかった
ので勧めて次男も履修したんですが、ここのレベルについて
いくことが難しい。

でも本人はすごくやる気みたいです。ここで詰まって他教科が
がた落ちしていてつらいみたいです。

前から悪かった日本語。日本語選択は教育熱心な中国人の家の
子が多いんです。母親が日本人なのに出来ないジレンマ。
でもやりたいみたいで「お母さん、教えて。」って言ってます。
教えてるのに、「お母さんが教えてくれないからだ。」の
連続、、、、、、、、、、、、、。

それでゲームに逃げていたんじゃないかなぁ。
(それ以外の悪いことは何もしてません。ペットの猫にも優しいし
普段は荒れてもいません。)

数学は悪くない程度を保ってます。

唯一よかったのが体育。ここに注目してあげないとこの負の
スパイラルから抜け出せないですよね。小学生の頃まで優等生だった
だけに他の子以上に落ちてしまったから這い出せない感がある
んだと思います。

次男はスポーツ観戦は好きじゃないけど、でも「どのチームでも
勝ち続けることはないの。確かに強いチームはある。強い方がいい。
でも負けちゃうこともある。でも、そこで悔しいって思って
頑張って、また勝ちにいかなきゃ。そういうのスランプって
言うんだけど、誰にもあるのよ。諦めないで続けてたら
自分が納得出来る結果が出るよ。負けた原因を取り払えば
大抵のことはうまくいく。大丈夫。」って言いました。

挫折を乗り越えると言う人生で大事な節目を見守る時がきました。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-02-05 05:29 | 育児 | Comments(0)

気を取り直してカルシウムたっぷりメニュー

成長期でカルシウム不足のイライラなのかなぁ。

バランスよくが基本だけど、この年頃の子はカルシウムに
意識を置いた方がいいのかもですね。

お母さんが怒ってたら、子供も素直になれない。
相手は大きくても子供だもん。いろいろ言いたいことは
あるけど、まずは素直な気持ちにさせることから。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-02-04 11:17 | 育児 | Comments(0)

この歳にありがちな「やりたいことをやらせて欲しい。」主張

この問いにいつも私は「お母さんあなたがハッピーでいて欲しい。
やりたいことやって欲しい。でもそれがいいことであって
欲しい。」って言うんです。

「やらなきゃいけないことをやりたいって思う方が楽しいよ。」
この言葉が届いて欲しいんです。

そんなに悪いことでもないって取る人もいるかもしれないん
ですけど、でもやらなきゃいけないことをさぼってるのは
問題ですよね。

沢山わーって記事更新してしまってますけど、問題を解決するのに
やっぱり頭整理するの大事なんです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-02-01 14:04 | 育児 | Comments(0)

中学卒業前に学校で行った富士急ハイランドの思い出

卒業シーズンですね。

息子達の心理を理解したくって、それくらいの歳の頃の
男子の同級生達を思い出したりします。

このエピソードは中学の時の奇怪な思い出です。

普通に友達とジェットコースターに乗ったりしたんですが、
私は小学生の時フィギャアスケートを習っていたので、
得意になってスケートリンクで滑ってました。

そしたらI君がひょいっと出てきて、手を掴まれて気づいたら
一緒にしばらく滑ってました。

あれって一体なんだったんだろうなことです。

と言うのは、私中学時代ずっと朝I君と登校途中すれ違うと
私の苗字の上2文字(「ポフ」みたいな感じ)で私を
呼んで、ふっと振り向くと怖い顔でこっちを見てるんです、、。

なんでー???

「私の一日の始まりをどうして台無しにするの?」って
剣道の竹刀と道具を持つI君の後姿を見ながら、いつも
思っていました。


小学校3、4年生の時I君と同じクラスでI君は途中から
転校してしたんですが、なかなかクラスに馴染めず
可愛い顔をしていたので男子からは「すかし野郎。
気に喰わない。」とか言われて友達が出来なかったみたい
です。

I君とうちの母が学校のお手伝いで仲良くって
I君のうちに母と遊びに行ったことがあって、I君の
部屋で一緒に遊んだ時は楽しく遊んでました。

でも学校では私はやっぱり他の女の子とかと遊んでいて
I君のことは全く視野に入っていなかったので
I君がどんなふうに過ごしていたのかは知らないの
ですが、同じく転校生だったMちゃんがI君のことを
好きでつーっと近づいて行って二人でいるのを時々
見ましたけど、私は何も言ってはいないので何か
I君を怒らせることがあったとは思いません。

中学時代同じクラスになったことはないので、どうして
自分が嫌われなきゃいけないのかの理由がわからなかった
のですが、一緒に手をつないで滑って、何かがほどけた
気がして、よくわかんないけどよかったって
ほっとしました。

この状況を振り返ると、もし自分に娘がいて同じ状況に
あったら「自分から笑って『I君、おはよう。』って
言ったら。」ってアドバイスします。私は本当に嫌だったので
目を背けてしまったのですが、あれがよくなかったの
かな。

結構勉強は出来る子だったので、ライバル視されて
気に喰わないって思われてたのかなぁ。他に二人くらい
そういう男子がいて、高校を女子高にして勉強に
集中出来てよかったです。

名前が読み方的にはありがちなんですけど、漢字が
難しくってきっとご両親が学識高い方なのかなって
今思いました。お姉さんが生徒会長をなさっていて
進学校に進学されていて、プレッシャーの鬱憤だったの
かな。

勿論成績のいい男子の中にも性格のいい子達もいて
一緒に勉強したりしてました。私は数学が得意だったので
数学を教えたり、社会科が苦手だったので社会科の
勉強を手伝ってくれたり。

中3のクラスの男子は皆いい子が多くって、修学旅行に
一緒に行った班の男子達とは特に仲良くって、そのうちの
リーダー格の男子が友達の彼氏だったり一人は小学校
1,2年の時のクラスが一緒でよく遊んでた子で
その班全員水泳部でよくその班の男子達とおしゃべりして
たんですけど、そこから輪が広がってクラス全体の
男子女子と仲良かったので同窓会に行っても楽しかったの
ですが、これって成長のなんかなのかな?

中1,2の時も優しい男子も沢山いたし、面白い子と
隣の席になって、いつも休み時間けらけら笑ってたなぁって
思い出すけど、嫌な子の印象がきつ過ぎて嫌な時期だった
って思ってしまっています。

それにしても男子ってどうして話す時イスを前後に揺らすん
だろうって気になってたら案の定後ろにひっくり返って
後頭部ぶつけてないか焦ったことがあります。

でも、この経験からなんか自分に対してよくない印象を
持っているような気がする人にほど、負けないで
笑顔で接していい関係を築けるように努力出来るように
なりました。マイナスな経験も絶対活きますよね。

今はお母さんなので息子達にむっとさせられるような
ことがあっても上手に気分転換して気を取り直して
ちゃんと毎食ご飯作って笑顔で接せられるように
成長しました(笑)。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2017-01-15 10:12 | 育児 | Comments(0)

ちょっと悪いこととすごく悪いことの違いを教えるのは大事なことですよね。

13歳の男の子が9時半に眠れないことはよくあることですよね。
私達の子供の時代にはネットはありませんでした。だから
本を読むように言われたんです。確かにネットは何にアクセスして
いるかわからないし、刺激の強いものが多く、余計眠れなく
させてしまうものもあり、習慣になってしまって、学校が始まっても
朝起きられないかもしれないし、それで遅刻して、学業を怠ったり
体育の時ぼーっとして体の発育に影響があるかもしれません。

大変だけど、これはうちだけの状況ではない筈です。

私だけ1階で寝てるのですが、夫いわく真夜中に友達と話してて笑ってて
夫が夜起きて眠れないとメールでメッセージを私に送っていたのを
次の日の朝読んで次男に「夜中に話すのは家族も眠れなくなって
仕事や学校に支障が出るから止めなさい。」って注意しました。

友達と話してるってことは友達も起きてるってことです。
その友達もそんな悪い子じゃない。どうにかなると思います。
でもちゃんと言い続けなきゃ。「友達のご家族も眠れなくなる
でしょ。」って言ったんですけど、この歳って家族より友達の
方が大事な歳なのでそういう側面を言った方が効果的です。

スケードボードの時も「自分は大丈夫って思ってるかも
しれないけど、一緒に遊んでる友達が道路に出てしまって
車と衝突して死んだらどうする?」って言ったのが効いたのか
まだやってません。やっぱり頭ごなしに禁止するより
自分でちょっとリスクを負わせる方が効果的ですよね。

このことを相談した次男の友達のお母さんがうちの次男のことを
すごくいい子だって言ってくれて「信じましょうよ。
プケ子さんも自分自身のこと信じましょう。」っておっしゃって
くださったこと、すごく感謝しています。

注意すると反抗していらっとくる言葉が返ってくるのわかって
ますけど、それでも穏やかに毅然と親として愛情を持って
言うべきです。放任するのは一時的に楽かもしれませんが
あとが大変です。

「これで起きられなくってまた遅刻しちゃったり欠席したり
勉強しなかったら来年また同じ学年やって友達と違う学年に
なって年下の子と同じクラスになるよ。それって嫌じゃないの?」
って現実を教えてあげると、それは嫌みたいで自分でもどうにか
しようと思うようです。

夜遅くまで起きてるとか勉強しないとかよくないことの
ラインと、物を壊したり人に暴力をふるうなど絶対しては
いけないラインの違いを教えることは大事です。なんでも
かんでも一様に厳しくすればいいというものでもないと
思います。

子供の頃私の母がPTAでゲームセンターのかつあげの見回りを
させられて、そのおかげでかつあげをしていた子からいじめられ
ました。私が下校の時学校に近い親友のうちにちょっと寄ってから
二人でうちに帰る途中その子達にあって寄り道するのは
違反だって追いかけられました。幸い足が速かったので
逃げられましたが、次の日執拗にいじめにあいました。

かつあげと寄り道って悪いことの度が違いますよね。

私は前の日に母にその子のうちに寄っていくことは話して
あってちょっと帰宅が遅れて心配かけるなんてことは
してなかったし、悪いことをしたとは思っていません。
将来なりたい職業について町の人に取材する宿題が出ていたので
二人でやろうって言っていたことも母は知っています。

この経験から母みたいに他の子のトラブルに警察でも
ないのに巻き込まれないようにしていますが、でも
いじめられた経験からちょっとしたことくらいでは
びびらない人間に育ったと思います。へんなことに屈しない。

母に「泣いたらもっと面白がっていじめられるから
絶対泣いちゃ駄目。」って言われて、フィギャアスケートを
やってて楽しいことに集中することを教えてもらえて
いたこともあり、学校では友達とピンクレディーのまねとか
歌ったり踊ったり、男の子達と野球やったり、いじめっこを
スルーしてなんとか乗り越えてました。

いじめられそうになった時さすがにかつあげされてた男子が
先生を呼びに行ってくれたし、男の子も女の子もいい子な
友達は多かったのが救いだったかも。

話しは次男の話に戻って、去年遅刻が多いことに悩まされた
んです。今までは学校が近くってそんなこと一回もなかったの
ですが、高校はバス通学で最後のバスを逃すと30分バスが
来ないんです。その前までは通勤通学ラッシュで何本も
バスがあるので早目に出なさいって言うんですが、早目に
出ると30分もクラスで待っているのが嫌だって言って
ぎりぎり最後のバスに乗ろうとして逃してしまうことが
何回かありました。

私が13歳の時は中学生で徒歩通学で30分くらいのところ
だったので様子が違います。

他のお母さんと話しているとやはり通学は大変で車で送り迎えを
しているうちは多く、「自分で行きなさい。」と言っているのに
一度もバスで自分で通学したことがないと言う子もいます。
勉強が出来る子ほどそういう傾向にあるみたいです。
長男は成績はまあまあでしたが、でも遅刻欠席は一度もした
ことがなく早く出て行ってくれたので、次男の朝の様子に
本当にストレスがたまりました。でもよくあることみたいで
学校の方から一度も叱られたことはありません。私が遅刻の
電話を入れた時に謝って「遅刻させないように話し合います。」
って言ったからかもしれませんが。

バスを逃すと家に帰ってきてしまい、「どうせ遅刻は遅刻だし
バス停で30分待っていると暑いから。」って言って
「そんなこと言ったら次のバスも逃すじゃない。授業を
逃した分だけ何を教えてくれたのかわかんなくって
どんどん授業がわかんなくなって面白くなくなるから
行きなさい。」って言うんですけどねぇ。

優等生だった子にありがちなちょっと駄目になると自分は
駄目だってへこみ方しちゃいがち。ここ治してあげたいので
いけないことはいけないってきちっと言うけど、あまり
くどくどと尾を引かずしっかり叱った後はさっぱり
毎日おいしいご飯を作るのに一生懸命になってあげたいと
思います。

幼稚園の先生に言われた「辛抱強く繰り返し」の精神を
忘れてはいけないですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。
今日のオークランドの天気 → 
[PR]
by pukeko-p | 2016-08-31 01:27 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧