カテゴリ:育児( 179 )

スクールターム中の子供の時間管理

楽しかった夏休みも終わり。明日から学校ですね。
自由気ままに夏休みを過ごしてきたので、リセットしてきちんとリズムある生活に戻さなくては
と思い、今日子供達に明日から「学校に行く前」と「学校から帰ってきた後」どうするのか
思い出させるつもりです。私がスケジュールを書いて聞かせるのではなく「何時に家出る
んだっけ?」「その前に何しておくんだっけ?」「じゃあ何時頃ご飯食べて、何時頃何をしておいたら
いいんだろう。」「遊びたかったり、テレビを観たかったりするだろうけどやらなきゃいけないことが
優先ね
。」など会話しながらスケジュールを自分で書かせようと思います。それくらいやらないと
頭に叩き込まれないで結局ガミガミ叱ることになりそうなので(苦笑)。書いても更に毎日フォロー
アップが必要ですが。

下は母の模範(?)回答。

====================朝学校に行く前======================

顔を洗って着替える

7:30 朝ごはん

歯を磨く。ブックバッグとランチをかばんに入れる。帽子をかぶる。

8:30 家を出る

※ 7:30~8:30はテレビやゲーム禁止!空いてる時間はスクータ、ベイブレード、本読みなど。DVDは長いので朝は禁止!

===================学校から帰ってきたら===================

まずかばんの中のブックバッグとランチボックスを出す。
お便りがあったら渡す。かばんは自分の部屋へ。帽子は帽子の棚へ。着替える。


アフタヌーンティ

の後テレビやゲーム許可。自由に遊ぶ時間。

6:00 お父さんと一緒にニュースを観る

7:00 夕食
はみがき、シャワー

7:30 宿題の時間

8:30 母の本読み

9:00 就寝

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-31 02:53 | 育児 | Comments(0)

犬から自分の子供を守る方法

オークランドも大型犬飼っている人多いですよね。私自身犬嫌いという訳ではないのですが、子供達が小さい頃はかなりヒヤヒヤしました。大きくなってからも油断はできません。毎年何件か必ず怖い事件起こってます。「7歳の子供が知らない犬を撫でようとして、顔半分なくなるような怪我をした。」とか大人でも「近隣住民を襲い殺した。」など。

うちは犬は飼っていないのですが知り合いの家には多く、犬の種類によっては知らない人に対してフレンドリーな犬もいます。フレンドリーなタイプや小型犬でも絶対に噛まないとは言えないのですが、やっぱりリスクは全然違うと思います。猫だって住民に迷惑をかけるという人もいますが「人を殺す」ということとは全然レベルが違うものだと思います。「そんな犬は田舎で飼え!」と言いたいところですが、残念ながら世の中常識が通じない人はいるので防衛策が大事です。特にそういったタイプの犬は「飼い主には忠誠心がある」ので、飼い主は綱吉並に盲目です。事件が起こってからだと犬をSPCAで処分するなり飼い主を処罰することができますが、起こってからでは遅いので自衛策が重要です

- 小さいお子さんの保護者の方へ -
家やチャイルドケア専門施設以外ではお子さんから目を離さないことが基本です。犬以外にもいろんな危険があります。ママ友同士のおしゃべりにのめり込んでお子さんから目をはずすということのないようにしましょう。どうしても話したい時は「家で」又は「子供が寝ている間にメールをする」などしてください。お子さんがこんなかわいらしくて、こんなに親を必要としている時期はないんですよ。

- 小学生のお子さんの保護者の方へ -
① 「どんなにフレンドリーな犬でも勝手に触らない。」と子供に教える。
② 怖いタイプの犬が来ても走って逃げない。目を合わさず背筋を伸ばしてそーっと立ち去る。
③ ビーチや広い公園など犬を放し飼いにしている場所や散歩の時には小さい子同様近くにいる
  必要がまだあります。中学生くらいになると別でしょうけど。
④ 友人宅でも気をつける。オーナーの方はペットに慣れてますし、犬もオーナーの言うことを
   聞きますが遊びにいく時にはちょっと注意が必要です。むやみに怖がる必要もなく犬との
   付き合い方を学ぶチャンスでもありますが。危険なタイプの犬がいる場合もあるので、
   正直に「怖い」と思う場合にはそのこう伝えて家には遊びに行かず外で一緒に遊ぶように
   しましょう。
⑤ 犬の種類と特徴を学ばせる。

- 近所をウロウロしている犬がいたら -
シテイカウンセルのアニマルコントロールに電話して捕まえてもらいましょう。オーナーと連絡してもらえます。オーナーは罰金を取られたり、オーナーが扱いが悪い場合には没収になります。犬を飼うことは権利ですが犬を嫌いなことも権利です。犬がいてもいい場所というのは法律で定められています。法律というのは常識で成り立っているものなので特に勉強する範囲でもないと思うのですが。

むやみやたらに怖がらせるのではなく、子供が犬をかわいいと思う気持ちを大切にし、どううまく付き合っていくべきかを教えたいと思います。


この他にもありましたら、ご意見お待ちしております。


※当記事は犬を飼っている方を非難する目的ではありません。個人的にはオークランドはそう田舎でもなく人もある程度多いので飼うならフレンドリーな犬や小型犬を飼って欲しいと思います。田舎の暮らしも知っているのでそういった地域ではガード犬を飼いたい気持ちもわかるのですが。犬のためにも犬の特徴にあった地域に住むことがいいのではと思うのです。引越しが無理なのなら新しいオーナーに可愛がってもらうことの方が犬も幸せな気もします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-28 02:11 | 育児 | Comments(0)

躾け(目次)

かたづけ →    お手伝い →    家の中の注意書き → 

Water Safety →    犬から自分の子供を守る方法 → 

子供の叱り方 →     笑いのセンス → 

おもちゃ・テレビ →    テレビとの付き合い方 → 

人の話を聞くということ → 

何故学校から帰ってきたらすぐカバンのものを出さなければいけないのか → 

人のアドバイスを受け入れられる子供に育つには → 

子供の偏食をなくす方法 → 

子供が自分が好きなものをけなされるということを経験した時 → 

大人から生意気な子供だと思われないようにするには → 


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-23 09:58 | 育児 | Comments(0)

育児が嫌になる時

夏休み長ーーいですよね。楽しいこともあれば、「もー嫌。」ってこともあるのでは。深刻に辛い状況にある親御さんもいらっしゃると思います。

でも、それを乗り越えることは確実に自分のプラスになると思うんですよ。

例えば将来孫が出来た時、うちの場合は子供が2人ですけど一人につき3人子供が生まれたら孫が6人になります。あくまで例えですけど。その上今以上に体力衰えているはずです。想像できないくらい大変そうだと思うんです。今試行錯誤していろんな子育て経験をしてみて学ばないと対処できないと思います。今大変だからといって逃げてしまうと、将来どうしていいかわからず困るでしょうね。

それにきちんと自分より若い人間をまともに育てていかないと、自分が年老いたり病気や怪我をした時親身に介護をしてくれる人はいないのではないでしょうか。何かのサイトで「老後の資金はいくらくらい貯めたらよいですか?」といった質問がありましたけど、私はどんな社会になるかによりけりだと思います。辛い子供時代を送った人達は「大金積まれても年寄りなんか面倒みてやんねーよ。」とか言ったり、高額請求したり、ひどい扱いをしたりするでしょうね。いつか自分も体が不自由になったり弱者になるんです。それを思うと精神的にも肉体的にも未発達の子供に不寛容になるべきではないと思います。それは不健康なお菓子をあげたり、ゲームソフトを与え三昧のような甘やかしをするということではなく、きちんと教育するべきところは教育し、健全に育っていくよう世話することはきちんと世話をしなければなりません。

私は赤ん坊のオムツ換えや離乳食の世話をしてよかったと思います。大変だったけど、自分も老後や病気・ケガでどんな世話になるか解らない。世話する立場の大変さを経験していると、世話してもらう時の態度も違ってくると思うのです。

お母さんの健康状態が悪かったり、疲労が溜まると辛いと思う原因にもなります。日頃からくれぐれも健康管理に気をつけましょう。普段からのママ友同士の連携も病気などのいざという時のために大事になってくると思います。

d0168540_638432.jpgお奨め絵本がMOG forgetful Catです。大人も癒されます。
Mog the forgetful Cat → 

いろいろ大変なこともありますが、だんだんとお手伝いも出来るようになり楽になりますよ。




にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-01-11 21:04 | 育児 | Comments(0)

子供の叱り方

うまい叱り方なんてないですよねぇ。毎度あーあって思っちゃう。
でも一応こんなことしますよねっていうのを書いてみました。
アイデア募集中です。

① 目を見てきちんとこんなことしちゃ駄目って言う。
    なるべく時間が経ってない方がいいですよね、こういうことは。

② どうしてやったのか聞く。
    幼児の育児書には理由を聞いて「◎○はこう思ったんだ。そうだよね。XXだよね。」
    みたいにまず子供の気持ちに共感して「ママはまずあなたの気持ちがわかった」
    と言うことを子供にわからせる。「叩いたりするんじゃなくて言葉で言いなさい。」
    って言いたくなるけど、言えないから手が出ちゃうんですよね。これを練習することが
    大事なことなんだと思います。勿論最後に「叩かないで言おうね。」って言いますけど。
    子供相手なんだから①の部分を厳しく②の部分は優しくすべきなんだろうな。

③ あまりクドクド言わず短めに。辛抱強くその都度言う。
    トイレトレーニングみたいにひとつのトレーニングに1年くらいかかるのかなぁ。
    Kindyの2年だと「物を分け合う」「順番を守る」っていうのが身につきますよね。
    Year1だと「嫌なことをされたら「止めて」って言って立ち去りましょう」って言うのを
    教わりますよね。これは身についてるかなぁ。うーん。やっぱり↑の②の練習が
    たくさん必要な時期なのでしょうね。嫌なことは言葉で言わないとわからない。
    
④ 普段からの信頼関係
    たくさん褒めとくとか、くだらないことでもいっぱい話しとくとか。
    叱るだけの存在って嫌ですよね。母さん口開けば文句ばっかって言うのはマズイっ。
    なんでもいいんだと思います。

    例えば献立表作ってもらっちゃうとか。毎日何作ろうってお母さんも重荷に感じる
    ことありますよね。でも子供は意外と楽しんじゃう。
    「ママこれ作って~。」みたいな。気分が軽くなると母さんもいろいろ言える。
    「これは材料ないけど、どうする?」とか。「この日は忙しいからこんなに時間
    かかるの、作れないなぁ。」とか。

    なぞなぞとかクイズとかもいいですよね。
    意外とフーンってこと知ってたりしますよね、子供って。
    「月面に最初に着陸した人は?」とか。
    自分が答えを知らないことクイズにするのも面白いですよ。

⑤ 感情的になって怒らない。
    親だって人間だからそんな時ありますよね。
    でも怒っても子供は怖いって思うだけで何が悪かったのか学習しません。
    怒りが爆発する前にタイムアウトをするべき。
    小さい子なら階段に座らせる、もう少し大きな子なら自分の部屋へ。
    親もが落ち着いてなんて言ってあげればいいのか考える時間ができるし、
    子供も自分のしたことを考える時間になります。

    親の体調が悪かったり過労が溜まると、子供をつい感情的になって叱りつけること
    が多くなります。そんな時はお姑さんやママ友、又はスクールホリデイプログラムに
    預けるなどすることをお奨めします。

続く





    
[PR]
by pukeko-p | 2010-10-07 07:03 | 育児 | Comments(0)

お手伝い

学校に行ってる時は家で自由にさせてあげているけど、お休みはママも休みたいっ!
疲れてガミガミ言うよりずっといいと思うんです。なんだって一緒にやれば楽しい
じゃないですか。体動かして強くなるし。
昔「空手キッド」の映画観ていいなって思ったんですよね。
うちはおこずかいもあげています。一つ$1くらいかな。
こういうことをやるのがつまらないことと思わせたくない。
笑顔でお母さんが見本をみせるためにも手伝ってもらった方がいいと思うんです。
あと仕事与えないと男の子2人って喧嘩が絶えない(T-T)。


7歳の次男のできるお手伝い

☆ ゴミ出し

★ ジャガイモの皮むき、米を洗う。万能ネギやレタスの収穫。 ピザを作る。
   ゆで卵の殻剥き。

☆ 買い物のリストを書く

★ 洗濯物をたたむ

☆ 買い物したものを冷蔵庫やパントリーに入れる。



長男が8歳の時からできるお手伝い

☆ 食器洗い
   (身長からいって、この歳くらいからって思います。)


長男が9歳の時からできるお手伝い

★ 掃除機かけ
   (その前からやってくれてたけどムラなくやってくれるのはこの時くらいからかな。)

長男10歳ができるお手伝い

☆ パンケーキを焼く
   (勿論みてないと火事とかあぶないですけど。計量なんかもやってくれます。)


これから長男にやらせようと思っていること

★ キュウリなどの野菜を切る


やれるようになって欲しいと思うこと

☆服をハンガーにかける

 
[PR]
by pukeko-p | 2010-09-02 06:56 | 育児 | Comments(0)

学校でのボランティア

ここの小学校では授業参観みたいのがありません。意味ないですよね、そんなの。だって、いつもと様子なんか違うに決まってる。先生のお手伝いをして余裕をあげれば先生だって子供をポジティブに見てくれるしコミュニケーション取りやすくなる。私が今までしてきたお手伝いはこんなのです。

うちの次男は公立のKindyに行ってました。
ロスター(シフト)に入って、お掃除や先生にお茶を入れたりするのが主な仕事です。あとは子供に本を読んであげたりとか。

長男が小学校に入学して半年くらいして学校に慣れた頃、Artの時間にお手伝いしてました。

あと長男がYear3の時は動物園、近所のゴミ拾い、スーパーの仕事を調査するといったことの引率をしました。

次男がYear3になり、学校にプールがないためターム1は週1でスイミングスクールのプールにバスで行っていたのですが、それに引率しました。休憩時間にみんなでUNOをやったり楽しかったですよ。

今は学校に週1回雑用のお手伝いに行っています。新しい本のカバー、壊れた本の修理、本の収納などです。


違う国からやってきて学校に対して疑問や嫌だと思うこともあります。それに対して、怒ってもしょうがないですけど言わなきゃわからないです。くすぶっているのが嫌いな性質なので言っちゃうんですけど、こうやってガンガン体を動かして発散しています。フィットネス代も浮いちゃうって考えれば楽しいもんっ。
[PR]
by pukeko-p | 2010-08-27 06:32 | 育児 | Comments(0)

私がスペイン語教育小学校導入に反対した理由

私達日本人は全員が国際共通言語として英語を学びます。
アジアの言語とかけ離れたヨーロッパの言語を学習することは
私達日本人にとって簡単なことではありません。

ここニュージーランドでも英語が公用語であり、英語が話せない
というのはまずマズイことでしょう。

言語が弱いということは、人間的力関係も弱くなることですし、
子供の場合には、それが顕著にでます。
ただただ下手に出て、従うことしかできない子供になります。

将来性を考えると英語が話せるだけではなく、仕事をしていく技術
だって必要です。その仕事だって、商売を続けていく上ではその技能
を高めたり工夫したり、またはその商売そのものがダメな場合には
商売代えをする必要があります。
そのためには考える能力や体を鍛えるために算数・理科・社会を勉強する
のだって、遊ぶことだって、休養する事だって必要な訳です。
考える能力や体が弱かったりしたら、社会的弱者にはならないんでしょうか?

私達アジア人はこれだけ努力しているのに、何故ヨーロッパの人達は
英語で話さないのかに腹が立つからです。

友達にスペイン人が多いなら別なんですけど、ひとりもいません。


「小学校でやらなくてはいけない理由」が全くわかりません。
高校なら別ですけど‥。

戦ってもしょうがないので、まず子供にやらせるしかないですねぇ。
「やる必要がないと思う嫌な状況」だけど、そんな時どんな姿勢であるべきか
お手本をみせられればいいなって思います。
[PR]
by pukeko-p | 2010-08-18 03:33 | 育児 | Comments(0)

家の中の注意書き

d0168540_6252125.jpg
d0168540_6253671.jpg


小学生の息子達が砂糖を隠れて舐めていたり、Miloを自分で作ってこぼしたりするので、こんな注意書きを書いて見せ、ガツンと注意しておきました。砂糖には全て鬼の怒っている顔が書いてあります。Raw Sugarには「こぼすな!あんまり使っちゃダメ!」白砂糖と粉砂糖には「これは料理用だから使っちゃダメ!」って書いてあります。そしてドアには右のような紙が貼ってあります。(「こぼしてないでしょうね。ドアは閉めてね。」と書いてあります。)蝿が以前Pantryに入っているのを見て以来(涙)、厳しく注意しています。英語は正しくないかもしれません。

d0168540_6333454.jpg
 これはトイレに貼っているもの。(「Be a tidy kiwi. きれいに使おうね。歯は磨いた?」と書いてあります。)次男がトイレに入った後が汚いっ(涙)。ダメダメ、そんなのヒトとして‥。
[PR]
by pukeko-p | 2010-06-11 06:34 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧