<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

七月のガーデニング

書きかけ中。

↓は去年の記事です。


青梗菜収穫時期です。 → 

雨が降っててうっとうしいなぁって気持ちを和ましてくれる記事がこちら → 

晴れた日は雑草抜き、土作り → 

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-28 11:34 | Comments(0)

何故算数を勉強しなくてはならないのか

初歩的なことから言えばまず周りの人と分け合うことが必要だからと言えます。

足し算、引き算、掛け算、割り算は主にそのために必要があります。

また何かを製造しようとした時には必ず必要になってくるはずです。
どのくらい製造する必要があるのか、原料はどのくらい必要なのか考える
ために絶対的に必要な技術と言えます。

製造には多くの労力や危険性が関わるため、それを最小限にしたいと思うのが
思いやりではないでしょうか。

衣食住は生活の基本であり、これを個々の家庭で賄っていくことは難しいことだと
思います。社会的に協力していくためにも、どの位の分の分担が必要なのかを
考えることや、なるべく公平に、ただし色々な社会的要因を考慮して調整して生きて
いくことは大事なことです。

理数系を専攻し簿記の資格を持つ人間ですが、勿論数字が全てだとは思いません。
ただ生きていくために目安やさじ加減を知ることに関しては重要視しているつもりです。
社会的科学的現象に対し、極論に走らないためにも数字を学習することは大事だと
考えています。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-26 02:21 | 育児 | Comments(0)

Auckland War Memorial Museum

雨の季節にお奨めです。私が移住してきた13年前はかなりすすけた感じだったのですが、
展示の仕方がずいぶん洗練されてきました。展示内容も充実しており、随所にPCが設置されて
いて小学生の子供も自分で学習できるようになっています。

公式サイトはこちら → 

昨日行きましたけど、4時間でまだまだ足りない感じです。また来月行く予定です。
ちなみにオークランド市民は無料ですので図書館のカードなどを持参して行くといいですよ。
勿論ドネーション歓迎だそうですが。オークランド市民以外は大人10ドルです。

内容的にもこの国に住む人達には知っておいて欲しいと思われるものが満載です。

1階

① 近隣諸国の国の暮らしと文化
   パシフィック諸島の暮らし

② マオリ文化と暮らし
    マオリ彫刻芸術作品展示、マラエ、カヌー
     カヌーは25メートル100人乗りで圧巻です。フラックスを織ったマラエの壁を見ると
     気の遠くなりそうな作業でビックリします。マラエには神聖さを感じますよね。

③ 動物園にいた象の剥製
     ちょっとぎょっとするのですが、なかなか本物の象の近くに機会ってないですよね。
     4トンもあるので生きていたらかなり怖いと思います。

④ ヨーロッパ移民の移民当初の暮らし

⑤ 芸術作品や貴重品の展示
    目の保養になりました。


2階

d0168540_10514590.jpg⑥ 火山学習コーナー  → 
この国の自然災害でもっとも可能性の高いことなので、子供と一緒にしっかり学習したいと思います。体験コーナーありです。ボンベイの生き埋めになった子供の展示もあってちょっと怖いのですが、怖がってばかりいないで、対処していくことを学習することは大事ですよね。

⑦ 生き物の剥製や実物展示
    子供達はここに張り付いていました。

⑧ 化石展示
    恐竜、アンモナイトなど。
    本当に100万年以上も前のものがあると思うとビックリしますよね。
    本当にこんな大きさのものが周りにいたら怖いと思います。


3階は時間がなくていけなかったのですが、戦争関連のものが展示してあります。
子供がもう少し大きくなったら教えたいと思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-26 01:19 | お出かけ(Auckland) | Comments(0)

秋のほのぼの癒し系

d0168540_230208.jpg
Giraffes Can't Dance → 
庭のクリケットの音を楽しみながら、月を見上げたい気持ちになると
思います。
d0168540_2193013.jpg
Old HU-HU → 
テーマは「死」なので冬に読むのは辛いかも。
でも名作だと思います。秋にぴったりかなって本です。
Light House Keeperシリーズ
絵本ですが格式語も多いので大人も勉強になると思います。

d0168540_2345834.jpgThe Light house keeper's Lunch → 
ユーモラスたっぷりです。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-24 00:13 | 絵本大好き! | Comments(0)

原発について聞かれたら

個人的に私だったらこのように答えます。

私自身は原発は減らしていく方向にあるべきだと思います。いきなり減らしていくということは
無理だと思いますが、これからはもっと代替エネルギーに対する開発や節電への意識が
根付いていくのではないかと思われます。今回の事故は地震や津波などの影響などもあり、
不幸な事故が起こってしまいましたが、実際に大惨事が起こらない限り世間が問題視をしない
ことも確かです。私も含めこのことが起こる前からこのことを危惧していた人達もたくさんいた
訳です。

何故このような事故が起きたのかと言えば、原子炉が古かったことも原因であるようでした。
しかし東京電力が相当の利潤があれば新しい原子炉も買えていたのではないでしょうか。
(東京電力本社ビルや社宅などを責める人達もいますが、なんのリスクもなく高収入を得て
いる人達はもっとたくさんいるのではないでしょうか。)安く電力を供給するために起きた惨事
と言えます。

何故それだけの電力が必要であったかといえば、車両、電気器具を生産する必要があり、
それが低価格ではないと売れなかったからではないでしょうか?これらの製品をもっと
高価格で発売できたら、これらメーカーも電力会社に高い支払いができ安全な新機種
原子炉の購入ができたのではないでしょうか。

今後こういったことを含め私は鉱山資源の一定量以上の採掘をしない国においては工業製品
の生産を行うべきであると考えます。何もリスクを追わず偽善的なことをいうのは公正でない
態度ではないでしょうか。鉱山資源採掘も工業製品の生産もリスクの高い仕事であるので
各国がそのリスクを分散するべきだと私は考えます。現地生産においてはその国の需要にあった
仕様の製品が製造できるというメリットがあると思います。実際に生産をしているところをみたことの
ある人達がその製品をもっと大事に扱ったりするのではないでしょうか。また実際に生産に関わって
いない人達には実際に代替エネルギーによって今のような状況が賄えるかという議論に答える
ことはできない筈です。

今後私は日本は生まれ変わっていくと信じています。工業製品輸出量が減りGDPは減少する
でしょうが、豊かであることの価値観を見直す時期に来ていると思います。
私は日本が工業製品生産量が減ることにより、また美しい海や川を取り戻すことができるように
なると思います。そうなるともうここへは観光にはこなくなるでしょう。
もし日本のこの惨事を攻めるのなら、この国も公正であるために鉱山資源輸出又は工業製品生産
に着手すべきです。何もリスクを負わずエコを主張することはエゴ以外の何物でもないと言えると
思います。これからのエコ活動においては、鉱山資源採掘又は工業製品量を減らすこと、また
必要量を賄いながら環境への配慮をすることではないかと考えています。

今後代替エネルギーが実用化されるまで火力発電が増えるのではないかと思います。
となると原油価格の高騰が予測されます。どこへも車で出かけるようなことは避けるべきでは
ないかと思います。子供送り迎えやスポーツ等の習い事などに自家用車を使うような甘やかし
を止めるべきではないでしょうか。まずそんな人達にこの問題について語る資格はないと思います。
自分が実際に関係者でないからと言って科学技術上不可能なことを言うのは大人気ないと
思います。代替エネルギーで需要量が賄えるようになるのはまだ先だと思います。
電気自動車開発をすれば大丈夫とかバカなことをいう人達がいますが、蓄電するにも製造するの
にも電気はいるという当たり前のことに何故気づかないのか私には全く理解できません。

世界全体的に省エネルギーに対する努力が必要なのだと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-23 14:22 | Comments(0)

サプリメントや自然食品について思うこと

前から気になっていたのですが昨今の"Natural"の定義が解らずモヤモヤしていました。

よくいかにも着色料たっぷりで体に悪そうなグミみたいなお菓子や飴にも堂々と
" 100 % Natural "って書いてありますよね。

私の中で「Natural」の定義は「通常の生活において身の回りに多数存在し、過度加工を
ほどこされていないもの。」です。


普通に果物というのは常温だとそんなに持ちません。ですから、それを長く保たせるためには
多くの不自然的な保存料が入っているということです。

で、何故不自然なものを避ける必要があるかというと先祖代々そんなものを摂取してきた訳では
ないので、体内で異物だと判断しアレルギーを起こしやすい体質になってしまう可能性があるから
です。物によっては今まで馴染んできたものと構造体が似ていて必ずしもアレルギーを起こすとは
限らないのですが、多くのものにその要因があるように思われます。

またビタミン剤などは、普通は野菜や果物から摂取すべきものを錠剤でとってしまうので繊維などが
不足する原因になります。繊維不足による便秘から頭痛を起こすこともあるので、子供には奨めら
れないことだと思います。錠剤にすると即効性が期待されそうですが、そうでもないと言えると思い
ます。何故なら消化吸収システムを無視しているからです。例えばフィッシュオイルですが、確かに
魚の脂にはDHAをたくさん含んでいて脳によいと言われています。ただそれだけを抽出して飲むと
消化されにくく下痢の原因を起こしてしまったり体外に流れ出てしまう可能性があると思います。
これは勿論鰯などを食べることとは違います。鰯にも豊富なDHAが含まれていますが、それ一緒に
それを吸収しやすい形状の蛋白質が含まれていると思います。

何故こういう常識的なことが解らなくなってきてしまっているのでしょうか。

やはりサプリメントは製薬業界においてマジックマネーなのだろうなと思います。

私は子供の頃から錠剤に頼る生活を遅らせることは将来麻薬の常用などにつながる習慣
だと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-20 07:29 | セルフケア | Comments(0)

子供を伸ばす言葉

なーんて子育て上手なお母さんの教育論みたいですけど、お恥ずかしながら違うんですよ。
いつもそうですけど、自分宛の覚書です。「こんなことしたらいいんじゃないかな。」とか
「こうやったらうまく行ったとかな。」とか悩んでいたことに対して真剣に向き合ったことなんかを
記録しておきたいと思ってまとめています。失敗ばっかりなんですけどね、これも経験だと
思いたいです。いつか笑える日が来たらいいなとか。その時々は真剣勝負なのですけど。

「子供を伸ばす言葉」それはズバリ褒め言葉ですよね。「子供がうまくやったことになるべく
気づいてあげて満面の笑みで褒めてあげる」それがいちばんだと思います。

私の場合それがきっと傍から見たらバカ並なんですよ。自分で自覚しているので人の見えない
ところで褒めるようにしています。習い事なんかだと発揮しやすいです。
例えば次男が去年タッチラグビーをやりたいって言って参加させたんですよ。でもすぐにやる気を
なくしちゃいそうだったんです。他の子はもっと小さい頃から始めてて初めての次男は当然下手っぴ。
とにかく練習風景を観察して1回でも小さなことでも うまくできたところを褒めるんです。
例えば「パスが正確だったね」「走るの速いね。」とか。他の子より全然ダメでもいいんです。
自分比で。段々続けていってもあまり上達しないところに関しては、「どこを頑張ったらいいか。」
を指摘するのではなく、1回でもできたら「今日はできたね。」ってバカみたいに褒めてあげる
と何回もできるようになることがあります。
注意されると聞く気にならないけど、褒められると耳を
傾けてくれるのでポイントが理解できるようになるみたいです。甘やかしのようですが子供が小さいうちは
当然精神的に未熟ですから、そんなんでいいんじゃないかなって思います。

大人も自分で自分を少しでも褒めてあげることができたら伸びるのかななんてちょっと思ったりしました。



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-17 18:41 | 育児 | Comments(0)

BIG NUISANCE

RED FOX出版   モリモト ジュンコ著

d0168540_9431376.jpg学校の図書館で見つけました。著者は広島生まれで
30年前よりオーストラリアに在住されているそうで
Best seller作家です。他にも同著で太宰治の
「走れメロス」をテーマにした"Run Damon Run"も
お奨めです。

この本はやんちゃ坊主に悩まされているお母さんにも
お奨めです。元気いっぱいなことは悪いことではない
のですが誤解されやすいですよね。この本を読むと
お母さんも元気になれると思います。

あらすじ
昔むかし あるところに眠りの村として知られる怠け者の村人達が住む村がありました。
道も整備されておらず、水も流れておらず村人は怠けてばかりでした。ある夜村人が
大きな騒音と振動に震え上がりました。朝起きてみると大きな足跡がありました。
村人達が足跡をたどると水が山の方からあふれ出て、麓が洪水を起こしていました。
村人達が山を登ると、そこにはなんと臭い大男が山の頂上の湖で入浴していました
。村人達がそこは飲み水の水源なので出て行って欲しいと言いましたが、大男は
出て行こうとしません。大男が大きなおならをすると村人達はあまりの悪臭に逃げて
行ってしまいました。次の日、大男はこの怠惰な村を見て村を作り直そうと水を引いたり、
家を移動させたりしました。家に居た村人達は恐怖におどろき、大男に止めて欲しいと
言いましたが、大男には聞こえませんでした。大男が疲れて眠りに付くと、そのイビキが
うるさく村人達は眠れませんでした。1羽の鳥がやってきて一粒の種を大男の耳に
落としました。大男のイビキは聞かなくなったもののうめき声に不思議に思った村人が
山の頂上まで大男の様子を見にやってきました。そこにはなんと大男が耳に木が生えて
いてもだえていました。大男は村人達に抜いて欲しいと頼みましたが、村人達は始め
抜く気にはなれませんでした。そのうち大男を同情して村人達は木を抜いてあげる
ことにしました。全員で綱で引っ張り、その木はいきおいで飛んでいって寺の屋根に
突き刺さってしまいました。和尚さんは怒ることもせず、その木を大事にしました。
やがて木にはたくさんの果物の実がなりました。村人達は大男が作った水路が生活に
役立ち、家がきちんと整備されていたことに気づき、彼がしていたことを誤解していた
ことに気づきました。


今回学んだ言葉

deafening : 耳をつんざくような.

rattle : ガラガラ音を立てて動く(落ちる)

gush : 勢いよく流れ出る

torrent : 急流

drench : ....をずぶ濡れにする

confer : 相談する

fled : flee「(危険・災害・追跡者などから)逃げる」の過去形

feebly : 弱弱しく

ponder : じっくり考える

plod : 思い足取りで歩く

chant : ....を歌う

hurtle : 突進する

priest
: 聖職者



にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-16 10:18 | 絵本大好き! | Comments(0)

歯のケア

この国歯の治療費怖ーいですよね。治療だけでも怖いのに、懐も厳しいっ(T▽T)。ダブルパンチ。

私ね、歯だけは自慢なんですよ。幸いあんまり歯医者にはかかったことがありません。

甘いものも時々食べるけど、そんなに頻繁じゃないし、チョコレート系を食べることはまれ。ジュースもコーヒー、紅茶などもほとんど飲みません。飲むのはレモン水が多いです。レモン水って歯にもいい気がします。よく塩で歯を磨く人がいますよね。同様の効果がある気がします。

昔OL時代からの習慣で3食後必ず3分以内に歯を磨きます。(学生時代は朝と夕方しか磨きませんでした。皆そうですよね。学校の昼休みには磨かないですよね。OLと主婦は昼食後も磨きます。)磨いた後は必ず大きくスマイルして磨き残しがないかチェック。やっぱり歯がきれいだと笑顔になりますよね。笑顔でいると自分も気分がいいし、人からもよくしてもらえる。一石二鳥です。

歯間を磨くフロストもこまめにやってますし、リキッドのものでうがいもよくしています。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-12 13:15 | セルフケア | Comments(0)

バイリンガル教育について

これは色々な議論が出てきてしまうところだと思うのですが、いちばん大事なのは目的と
親の状況
だと思います。本当に定住をしようという意思のある移住者と海外駐在員の
方々のような一時滞在の方々だと日本語学習と英語学習の比重は違うと思います。
定住予定の方々の中にも日本人ご夫婦と国際結婚カップルでは違いがあります。

一時滞在予定の方々の場合、日本へ帰国されることが確実な訳ですから日本語にて
適切な学年に相当した教育水準のことが理解できて又理解できていることを言葉で
表せなくてはなりません。日本に帰国して住む予定のない子供達は学年に相当した
日本語が話せなくても現地校での教育水準を英語で満たしていればなんの問題は
ないはずです。義実教育の内容が理解できないというのは成人してから問題が
出てくることだと思います。

うちの場合は長男には小さい頃から現地のコーヒーグループ、日本人プレイグループ、
2歳からプレスクール、しまじろうを年齢に合わせてやらせてきたのですが、どちらの
言葉も遅かったです。多分夫がキウイで日本語も流暢なこと、ちょっと色々なことを
やらせ過ぎたことなどが原因にあるような気がします。運動能力には優れていましたし、
体の発育も他のキウイの子の平均ぐらいで特に体が小さいということもなく、
おもちゃでの遊び方やお友達との遊び方、弟への接し方、着替え等の自立の発育には
全く問題がなかったのですが、言葉の発育は圧倒的に遅れていてスピーチセラピーに
通っていました。学校に入ってからもDecile10の学校で教育熱心な親が多いと
いうこともあり、学校の他の子と比べると読み書きが遅れてしまっていたので、
リーディングのプログラムに入っていました。2歳の時は自閉症の疑いもあったの
ですが、5歳の時にはほぼそうではなく単なる言葉の発育の遅れということでしたが。
今は色々苦労した甲斐があって勉強も平均並ですし、お友達もたくさんいます。
でも小学校に入った段階で日本語を止めてしまったので、日本語は会話も読み書きも
3歳並です。次男は長男で苦労したので、英語での学習はすぐれているのですが、
日本語はあまりできません。バイリンガル環境にあっても容易にバイリンガルになれる
わけではありません。

日本人だけでなく、韓国人、中国人においても成功しているバイリンガルのお子さん達も
いらっしゃいます。でも傾向的に見ると極端に低身長なことに悩んでいる親御さんが多い
気がします。よく英語教育は早期でないとと言う人がいますが、私はそうは思いません。
身長は確かに成人したらもう伸びませんが、日本育ちで特に小さい頃からバイリンガル
環境になく中学から興味を持って熱心に勉強して上智大学や東京外語大学に入り優秀な
人もたくさん見てきています。また友人や幼馴染にご両親が商社勤務で帰国子女が
多いのですが、皆口をそろえて楽をして英語を習得した訳ではないといいます。夫が
日本で外資系企業に勤めていた関係でインターナショナルスクール出身の人達や
他の帰国子女もたくさんみてきましたが、彼女らも同様のことを言ってました。
やはり並ならぬ努力をしてきたのだそうです。

ここに住むことを決心したのは成人した私の決断であって私自身が英語がネイティブに
なることは必須であっても子供達が日本語が学習したいかどうかは彼ら次第なので
強要はできません。でも、子供達にとっては日本語は母国語です。あんまりできない
のは寂しいなぁと思い、状況を見ながら「少しづつ気長に」教えていきたいと
思います。


否定的な部分を書きましたが、うちの子供達も全然できない訳ではなく、言葉って
どういうものが大事なのか思い知らされるように胸に響くようなことを言ってくれます。
「大好き」とか「おいしい」とか「ありがとう」とか。自分自身は日本生まれの日本育ち
ですがモノリンガルでいても変な俗語とかが増えてしまうだけな気がしますし、
バイリンガルのメリットもたくさんあると思うので、今後バイリンガル教育テクについて
もっと書いていきたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

[PR]
by pukeko-p | 2011-06-04 14:24 | 育児 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧