今夜放送TBS日曜劇場「小さな巨人」第2話楽しみです!




このドラマが「今までにない!すごい。」って思ったのは
主演の長谷川博己さんが「本当の刑事が演じてるのでは?」って
思えるほどリアリティがあること。

地味な一瞬ですが、機動隊が突入するシーンとかニュースの
生映像のようで心に残っています。

私は第一話を観て、香川照之さん演じる上司に
高卒でSEで管理職だった父を思い出しました。
東京の空襲にあって貧乏で大学には行けなかった父。いつも
高卒だから昇進に不利なことばっかりだってもらしてました。

私がSEになっていちばんよかったのは父と同じ仕事を選んで
父の偉大さを知ったこと。

私より前の世代であんなプログラム組めるなんて相当いない。
「すごいお父さん!」って思ったのに言えなかった。


主題歌の「欲まみれでもいいから」も子供が産まれて、私には
母も姉妹もいなくて全く休める時がなくって、「お父さん
たまにはこっち来て子守り手伝ってよ。」って言ったのに
「お父さん、男親だから子育てなんてわかんない。お金送って
やる。」って言われた時「お金より愛が欲しい。」って
言いました。お金に苦労したことがあるのに。「これだって
お父さんが一生懸命働いて稼いだ愛だ。」って言われました。

そのお金でいいプレスクールに入れたり、日本のしまじろうの
プログラムに入会して、毎月届きました。

いろんな愛のカタチがあるって思い出しました。

父もこっちに来てくれたことも何回かあるし、私も子供を
連れて里帰りしたことも数回あります。短いけど、そのことを
どのくらい大切に思うかですよね。

電話でいっぱい話聞いてくれたし、写真を部屋に飾ってくれて
いました。

「愛」は大切な人を大切に思う気持ち、自分に出来るだけのことを
したいって思う気持ちですよね。

「最愛って人を守ることなんだ。」って今、身に沁みました。
守るって永遠に絆を破らない、それだけで自分で強くなれる
ってことなんですよね。


刑事ドラマは事実に基づいたフィクションであることが多くって
勿論実名で誹謗中傷することは罪を犯した人間が更生することを
妨げることで、でも世間に邪心を生み出す模様を映し出して
犯罪防止に繋げると言う意義の高い内容が多いですよね。

私は北野武さんが主演された在日韓国人二世が起こした旅館
人質立てこもり事件のドラマとかエホバの証人で子供が大怪我をして
病院に運び込まれて輸血を拒む親を演じられたのすごいなって
思いました。(エホバの証人の話は犯罪ではありません。ごめんなさい。
でも社会的事実に対する問題を直視させられる素晴らしい
作品だと思いました。)在日韓国人二世のこの事件は何故彼が
犯罪者になったのかの経過が痛ましく、社会から疎外された
人がどんなふうになってしまう可能性があるのかを
伝えた意義の高いドラマだと思いました。


主題歌の「信じたい嘘」ってありますけど、恋人同士の場合は
お互いこうしたいって思っているのに障害がある状況ですよね。
そういうのは打ち破りましょう。

私はきちんと夫と別れて真っ直ぐに突き進むつもりでいます。
夫との間にそのことに関して問題はないですし、子供達も
認めてくれてはいるのですが、子供の成長や学校のことは
今はいちばんに考えてあげたいと思います。

お相手の方が今幸せに思えないことに私はいちばん心を痛めていますが
理由は「会えないから」なんだと思います。何度も
「会いたい」って言ってますよね。

お相手の方はなんの障害もなく会える人を好きになったらいいと
人から勧められることもあるでしょうし、私も初めは
自分が夫と元々子供が大きくなったら別れることになっていたけど
この状況や自分がその人の子供を産むことは躊躇われる年齢などから
諦めるべきだと思ってました。

でも、どうしても好きで離れられなくて長い年月を経て思いは
強くなるばかりで「愛ってそんな簡単じゃない。手放すなんてこと
出来ない。」ということだけを確信してしまうんです。

お相手の方は負の状況を負の状況として受け止めることが出来て
その上で大きな正の力を生み出すことの出来る強くて
大きな方です。

私のことがキャリアの上でマイナスになってしまうのでは
という思いも足取りがゆっくりになってしまう原因になって
いますが、キャリアを支えてくださる周りの方々の仕事の技術が
極めて高い上に絆が固く信頼し合っていて、どんな時にも
味方になってくれる心の広い温かい素晴らしい方々なんだなって
思いました。

そんな大切な方々にご迷惑をおかけしてはいけませんが、でも
このマイナスを許していただけるだけのプラスを生み出すことへの
力になれればと思っています。実際ここでお話しすることは
出来ませんが、その具体的アイデアがあって、そこに向かうことに
力を注ぎたいと思いますし、自惚れたことを言えば今までも
プラスなことをしてくれていた心のそばにいれたので
きっといい結果が生まれるって信じています。

批判することなく見守ってくださっている大勢の方々にも
心から感謝していて、そのお心にも報いたいって思っています。

今すぐ会うことが難しい状況なこと申訳なく思っています。
でも着実にその方向に向かっているし、会えない期間
離れているからこそ出来ることを最大限してあげたいと
思うし、なるべく早くって思ってます。会えた時いろいろ
埋め合わせさせて欲しいんです。

息子は理解しているからこそ、お母さんのためにお相手の方に
気に入られそうな選択をしたんだなって思います。汎用的技術より
大切な人との心の絆の方が大事だとピュアな子供だからこその
ことだと思います。

それに一緒にワクワクしてもらえたら嬉しいなって思うし
会えない寂しさを会えた時の幸せに変えられる時が
絶対やってくると信じています。


セリフでいちばん心に残ったのは後輩女性職員の「戻って
きますよね。」。組織にまみれていないいちばん純粋な目を
持った人間こそ誰がどこに適しているのか実はいちばん
わかってるんじゃないかと思いました。

所轄若手男性刑事もいい目してるなって思いました。
「初心忘るべからず」ですね。自分の人生のどのシーンに
おいてもそうですけど。


ドラマでいちばん使われた言葉が「勘」。

真実を見極めるのに実はいちばん大事なことな気がします。
子育てにもいちばん重要要素だと思うんですが、「勘」を
鍛えるのにどうすればいいのかって言うと、見ること
聞くことの一言につきますよね。そこに子育てには愛が
必要だと思うんです。

刑事と違って見張るのとは違います。あまり見過ぎても
監視されている息苦しさから反発してマイナスの行動を
誘因してしまうんでしょうね。

「勘」と言えばよく「女の勘」っていう言葉があるけど
そういうのよくないと思うんですよね。

私は好きな男性が「僕はこういうところがあるけどそれでも
本当に好きでいてくれますか。」みたいな部分をいろいろ
晒されたことや自分をからかったことを真に受けて
また煽る人がいてオーバーリアクションしてしまった失敗が
あります。

素敵な人なので近づく女性も多いでしょう。男性の気を引く
ことが商売の女性と出くわすこともあるでしょう。
でもそんなことにいちいち目を光らせても仕方ないですよね。

怒ってる私を魅力的だとは思わないでしょうし、泣いてる私を
見ると嫌な気持ちになるんでしょう。クールにかわせるか
と言えば、人間には情というものがあるので難しいですけど
どうしたら自分のこともっと好きになってくれるのか、
どうしたら一緒にいて楽しくなれるのかの方向に
一生懸命になるしかないですよね。

一つだけ言えるのはどんな時でも味方でありたい。いくら
好きでも状況全体なんてわかんないけど、でもいつでも
味方になってくれる人がいたらいつでも自分がいちばん納得出来る
行動を選んでくれそうだから。


ところで、このドラマを観続けることによって得られるものって
理不尽な状況なようでいてそこに辿り着いたことには
いろんな意味があるんだなって感じることがまず一つだな
って思います。

所轄であろうと警視庁であろうと「市民を守る」という
志は一緒で、主人公の香坂刑事は警視庁の方が元々あっているとは
思いますが、一度現場を経験してみた方が警視庁刑事としても
いい仕事が出来るようになりますもんね。

私もそうだなぁ。介護士の仕事を経験した方が奥さんとしての
クオリティー上がる気がします。離れていても、近くにいても
「この人が好き。この人のためになりたい。」って気持ちは
変わりません。自分のポジションはなんなのかきちんと見定めて
周りの人と協力して「生きてる!楽しい!」って気持ちで
いたいです。

女性の人生にはお互い頑張っていることを励まし合う時期と
好きな男性のために全てを投げ出して支える時期があると
思います。その時期の変更に皆悩みますよね。


ところで、このドラマの話に戻って、現場と管理部門の摩擦を
描いたドラマや映画は沢山あると思うのですが、このドラマは
どちらの立場の人の感情もあまり煽ることなく中立を描いていて
こういう方向から見たらこう見えるし、そっち側から見たら
こうだなってところがじわじわと面白い深いドラマだと思いました。


感想が長くなってしまうくらい自己投影の出来る見ごたえのある
ドラマです。2話も楽しみにしたいと思います。






にほんブログ村 海外生活ブログ オークランド(NZ)情報へ
にほんブログ村クリックありがとうございます。
オークランド在住の方にお役に立てれば嬉しいです。

今日のオークランドの天気 → 
[PR]
# by pukeko-p | 2017-04-23 12:52 | Comments(0)


New Zealandでテキトーな嫁の生活百科を目指します。基本を押さえて、楽しく主婦業しましょう。


by pukeko-p

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして
目次(カテゴリ)
目次(月別)
日本の定番料理
基本食材手作り
持ち寄り料理・弁当
デザート
ママの密かな楽しみ
育児
kiwi定番料理
ガーデニング(野菜)
ガーデニング(花)
お奨めブログ
セルフケア
時間がない時メニュー
韓国・エスニック料理
縫い物・編み物
お出かけ(Auckland)
お出かけ(オセアニア)
絵本大好き!
大人も楽しめる子供映画
移民の国のおつきあい
家族や友人のこと
お出かけ(日本)
Holiday
遠きにありて思うこと
暮らしの経済
私の勉強
ブログ・ネットポリシー
仕事
非公開記事
新コーナー企画
未分類

コメント投稿について

お気軽にコメント残していかれてくださいね。大変申し訳ありませんがコメントは表示されません。このブログは情報の辞書化を目的としていますのでコメントは記事に反映させていただきます。お返事はそちらのブログにてさせていただきます。ご了承下さい。過去記事に関するコメントも大歓迎です。


検索

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧